メソッド系の英会話教材はどんな英語学習者にとっても効果はあるのか?メソッド系の英会話教材メリットとデメリット


メソッド系の英会話教材メリットとデメリットと教材の効果についてまとめてみました



最近、部屋の大掃除をしていたら収納スペースの奥の方から随分前に買ったあるメソッド系の英会話教材を発見しました。


その英会話教材とは、「ピンズラーアメリカン英会話」という教材です。実はこの教材は世界中の言語学習者から愛用されているとても有名な教材です。


ピンズラーは日本でも昔から独学で英会話の勉強をされている方にとっては馴染み深い教材です。まさにこういったメソッド系英会話教材の草分け的な存在でした。

現在ではこういったメソッド系の教材って一般的になりましたが、その昔は英会話教材っていったらとにかくピンズラー、ピンズラーって凄かったですからね^^

ピンズラー自体はまだ販売されている教材ですが、日本よりも海外の言語学習者に人気があるように感じます。

英語以外にもフランス語やイタリア語、中国語や韓国語、日本語だって勉強出来てしまうという事もあって、以前にこのサイトでも紹介した事がありますね。

例えばピンズラーのメソッドはかなり評価されていて、アメリカの政府、FBI等が外国語を勉強する際にも使われていたようです。

つまり海外においてもこの教材の言語学習の効果はとても高いという評判です。



確かに私も過去にピンズラーを使って英会話の練習をした事がありますが、音声のスタイルはちょっと古いものの今でも間違いなく使える教材です。

初心者がちょっと海外旅行する為に英会話を勉強したいという際にはうってつけの教材です。

残念ながら最近は日本の販売元の会社がなくなってしまったようなので、何処で買えるのかわかりませんが、まだ試した事がない方はちょっとやってみて下さい。

その効果をある程度感じる事が出来る教材です。


少し話しがそれましたが、このメソッド系教材って現在ではかなり多くの種類がリリースされていますが、実際にその効果ってどうなんでしょうか?

そういった質問を過去に頂いた事もありますので、今回の記事はそういったメソッド系の英会話教材について紹介していきたいと思います。


メソッド系の英会話教材メリットとデメリット
メソッド系の英会話教材メリットとデメリット


おススメ記事:




メソッド系の英会話教材のメリット



特に独学のみで英語を勉強している学習者にとって、メソッド系の英会話教材は「一人で英語をアウトプットする為に良い環境を作り出せる」こういった面を考えるととても効果があります。

英会話はとにもかくにも、自分の口から英語を発する事はしなければ一向に上達しません。

インプットとアウトプットのバランスが重要だという事はこのサイトでもかなりしつこく(笑)紹介していますよね^^


また、ピンズラーやスピークナチュラルをはじめとするメソッド系はテキストが不要で音声のみで学習を進める事が出来るので、場所を選ばずいつでも英語を口ずさむ事が出来ます。

自分さえ恥ずかしくなければ通勤電車の中だって出来ますからね^^ 何よりすぐに英語学習をはじめられるって学習者にとって凄く大切な要素です。


勉強をする為にあれを用意して、これを用意してみたいな感じだと用意するまでにやる気を失ってしまう事もありますからね。そういった学習の瞬発力みたいのに対応出来るのでメソッド系教材の良い点です。

いつでも何処でもすぐに勉強をはじめられる。これって社会人の英語学習者にとって最も重要なポイントだと思います。



メソッド系の英会話教材のデメリット



個人的にはあまりデメリットはないと思っていますが、やはりどうしても内容が初心者向けという場合が多いです。簡単な表現やフレーズばかりのものが多いです。正直中級者以上には向いていません。

そして例えば、ビジネスシーンで英語を使いたいと思っている場合でも、ビジネス英語に特化したメソッド系の英会話教材って殆どないんですよね。

一応スピードラーニングで似たようなものがありましたし、書店で売っている2000~3000円で買えるタイプの物だったらあるにはありますが、本格的なものかと言われればちょっと違います。

やはり本という限られたスペース、フォーマットの中に無理やり英会話教材を落とし込んだという感じです。


ですから、英語学習中級者~上級者に見合ったメソッド系の英会話教材はありません。

まぁそれ以上の英語のレベルになったら自分でネイティブと会話しながら独学していけという意味なんだと思いますが、こういった教材を作ってみたら面白いんじゃないかな~と思ったりします。

職種別、業種別の英会話教材、などもっとニッチなテーマのメソッド系英会話教材があっていいと思うんですよね。


まとめると、メソッド系の英会話はやはり初心者向けの内容の物が多く、中級者以上の英語学習者には少し物足りない部分がある。

テキスト要らずで場所を選ばす、英語のアウトプットする機会が作れるので、そういった意味では初心者は勿論、中級者でもスピーキングが苦手な人には十分効果が見込める。






  管理人イチオシの英話教材・eラーニング紹介  


   ネイティブイングリッシュ(Native English)

ネイティブイングリッシュは主に”スピーキングとリスニングを上達させる”という点が学習の肝になっています。その為、学習スタイルとしては主に「音声が主体」の教材になっています。

そして、この教材の為だけに独自に開発された「2段階のスピード音声」のシステムを使って英語学習をしていきます。

また、私が英語学習をする際に最も大切と考えている「英語の例文」もたっぷり収録されています。そして、シチュエーション別の実際の会話を通して英語を学んでいくので、とにかく頭に入りやすいです。

つまり、よくある教科書的なつまらない内容ではなく、実用的な表現やフレーズを学ぶ事が出来る教材です。これはスピーキング力を上達させる為には非常に重要なやり方です。

ネイティブイングリッシュ



   ネイティブイングリッシュ(Native English)を使ってみた感想をレビュー





   Prime English(プライムイングリッシュ)

Prime English(プライムイングリッシュ)を第二位に選んだ理由としては、この教材には全て「スキット」が入っていて、それらを使って「ネイティブの自然な英会話が学べる」という事に着目している点です。

日本で発売されている数多くの英語教材はスキットやダイアログが全く入っていないか、入っていても数が極端に少ない事が多いです。そしてこれは英語教材としては致命的な欠陥です。

何故なら文脈なしの例文だけで英語を学んでも殆ど意味はないからです。その理由としては「これはどんなシーンで使う表現なのか?」という事がわからずに学んでしまって、実際に自分の口で使えない表現を覚えてしまいます。

その点、プライムイングリッシュはそういったことにならないようにするための工夫が教材に施されています。これは、英語教材としてとても評価すべきポイントです。また「文法ポイントやボキャブラリー」も解説されていますので、理解度も深くなるはずです。

私の周りの英語が上手な人は、皆口を揃えて「スキットで英語を勉強する事は大切」といっています。スキットで英語を勉強していけば英語ネイティブが日常的に使う表現やフレーズを自然と吸収する事が出来ます。





   Prime English(プライムイングリッシュを使ってみた感想をレビュー




   スーパーエルマー

よくあるテスト対策でTOEICのハイスコアを狙うのではなく、使える英語の知識をインプットして「英語脳」を作ることで英語力の底上げを図りTOEICスコアを上げていくというタイプの教材です。 英話を実用的な目的としてを学びたい人にはおススメできます。

また、リスニングと一緒にリーディングのスキルもレベルアップ出来る点が良い教材です。若干金額は高いものの、この教材を通して学べる英語脳の作り方、学習方法は一生使える学習スキルです。実践的な英語スキルを目指している方にはおススメです。



>>「スーパーエルマー」公式サイト<<

   スーパーエルマーの効果、感想、口コミや評判を確認してみた結果






Share this post