ビジネス英語に特化したオンライン英会話スクールを利用してビジネス英語勉強をする方法


ビジネス英語を勉強するにはロールプレイのレッスンが一番!オンライン英会話スクールを利用してビジネス英語勉強をする方法



ここ数年でオンライン英会話のスクールの存在がメジャーになってきた事もあり、実際にかなり多くの英語学習者がオンライン英会話スクールを利用しているようです。実際に私の周りでもオンライン英会話スクールでレッスンを受けているという人は多いです。


多くの方は、ネイティブよりも格安でレッスンを受講出来る「フィリピン人講師がメインの英会話スクール」でレッスンを受講しているようです。

確かにフィリピン人講師がメインの英会話スクールは、ネイティブが講師の場合と比べてもレッスン費用が半分以下、場合によってはもっと安く1レッスン数百円で受講出来るというところもあります。


そしてオンライン英会話スクールが増えてきた事によって、各スクール毎に独自性を持たせる為に様々なカリキュラムや教材が用意されています。一般的には通常のオンライン英会話スクールでは、フリートークや自社の教材を使ったレッスンが多いのが現状です。


しかし、近年ではその中に”ビジネス英語を専門に勉強出来るスクール”も段々と増えてきています。やはり日本もビジネスの現場で英語を使う人が多くなってきていますからね。今後はさらに需要が増えていくんでしょうね。


オンライン英会話スクールを利用してビジネス英語勉強をする方法
オンライン英会話スクールを利用してビジネス英語勉強をする方法


参考記事:




オンライン英会話スクールでビジネス英語を勉強する際のメリット



こういったビジネス英語を専門に教えているオンライン英会話スクールでは、実に様々なビジネスシーンを想定したレッスンがカリキュラムに組み込まれています。


参考サイト:「オンライン英会話スクールでビジネス英語を勉強した際の実際の効果について



実は私も過去にオンライン英会話スクールでビジネス英語のレッスンを受講した事があるのですが、この時はロールプレイング形式で実際のビジネスシチュエーションを想定したレッスンでした。

具体的には「プレゼンテーションの予行練習」、「新人として会社に入った際の自己紹介」、「新人が自社に入ってきた際の会社の紹介など」実際にありそうなシチュエーションを想定したレッスンだったので、とてもためになりました。


またそれ以外には、英語圏のビジネスニュースのテーマを使って講師と一緒に海外ビジネスについて談義するようなレッスンを受けました。

これは非常に難しい内容でしたが、ディスカッション力、トーク力を鍛えるという意味では勉強になりました。しかし、初心者には少し難しいのでは?と思うような事もありましたが、全体的にはとても質の高いレッスンでした。


そして私がビックリしたのは、そういったスクールに在籍している講師もネイティブやフィリピン人以外に、他の国の外国人講師が大勢在籍している事でした。こういったスクールは比較的珍しいですが、最近少しづつ増えてきているようです。


例えば、ロシア人の英語講師、ウクライナ人の英語講師、中国人の英語講師、イタリア人の英語講師、フランス人の英語講師など。実に多彩な講師のタイプが在籍しているところもありました。

こういったスクールでビジネス英語を勉強すると、実際のビジネスのシーンで役立つような他の国のビジネスカルチャーや外国人とビジネスする際のビジネスマナーなど、英語以外にも多くの事を学ぶ事が出来ます。


こういったカルチャー的な部分、マナー的な部分は本や教科書で学ぶ事は難しいので、こういう知識をレッスン上で講師とのやり取りの中で吸収出来るという点をみても、受講する価値はあるのではないかと思います。


日本の企業は一般的に英語圏の国よりも、非英語圏の国の企業と取引している事が多いと思います。また、非英語圏の国の外国人と英語で話せる機会って以外と少ないと思います。


ですから、こういったオンライン英会話スクールを利用して、非英語圏の外国人とビジネス英語を話す練習をしておくと、よいロールプレイングになるのではないでしょうか^^


費用もネイティブのレッスンよりも安い場合が多いので、これからビジネス英語を勉強しようと思っている方はおススメです。

国内で非英語圏の国の外国人英会話講師が多いスクールとしては、「DMM英会話」が最もメジャーなル英会話スクールなのではないかと思っています。

こちらに体験談が紹介されていますので、参考にされてみるとよいと思います^^


おすすめ記事:





  管理人イチオシの英話教材・eラーニング紹介  


   ネイティブイングリッシュ(Native English)

ネイティブイングリッシュは主に”スピーキングとリスニングを上達させる”という点が学習の肝になっています。その為、学習スタイルとしては主に「音声が主体」の教材になっています。

そして、この教材の為だけに独自に開発された「2段階のスピード音声」のシステムを使って英語学習をしていきます。

また、私が英語学習をする際に最も大切と考えている「英語の例文」もたっぷり収録されています。そして、シチュエーション別の実際の会話を通して英語を学んでいくので、とにかく頭に入りやすいです。

つまり、よくある教科書的なつまらない内容ではなく、実用的な表現やフレーズを学ぶ事が出来る教材です。これはスピーキング力を上達させる為には非常に重要なやり方です。

ネイティブイングリッシュ



   ネイティブイングリッシュ(Native English)を使ってみた感想をレビュー





   Prime English(プライムイングリッシュ)

Prime English(プライムイングリッシュ)を第二位に選んだ理由としては、この教材には全て「スキット」が入っていて、それらを使って「ネイティブの自然な英会話が学べる」という事に着目している点です。

日本で発売されている数多くの英語教材はスキットやダイアログが全く入っていないか、入っていても数が極端に少ない事が多いです。そしてこれは英語教材としては致命的な欠陥です。

何故なら文脈なしの例文だけで英語を学んでも殆ど意味はないからです。その理由としては「これはどんなシーンで使う表現なのか?」という事がわからずに学んでしまって、実際に自分の口で使えない表現を覚えてしまいます。

その点、プライムイングリッシュはそういったことにならないようにするための工夫が教材に施されています。これは、英語教材としてとても評価すべきポイントです。また「文法ポイントやボキャブラリー」も解説されていますので、理解度も深くなるはずです。

私の周りの英語が上手な人は、皆口を揃えて「スキットで英語を勉強する事は大切」といっています。スキットで英語を勉強していけば英語ネイティブが日常的に使う表現やフレーズを自然と吸収する事が出来ます。





   Prime English(プライムイングリッシュを使ってみた感想をレビュー




   スーパーエルマー

よくあるテスト対策でTOEICのハイスコアを狙うのではなく、使える英語の知識をインプットして「英語脳」を作ることで英語力の底上げを図りTOEICスコアを上げていくというタイプの教材です。 英話を実用的な目的としてを学びたい人にはおススメできます。

また、リスニングと一緒にリーディングのスキルもレベルアップ出来る点が良い教材です。若干金額は高いものの、この教材を通して学べる英語脳の作り方、学習方法は一生使える学習スキルです。実践的な英語スキルを目指している方にはおススメです。



>>「スーパーエルマー」公式サイト<<

   スーパーエルマーの効果、感想、口コミや評判を確認してみた結果






Share this post