ネイティブの英語は速すぎる!と感じる方へ英語勉強法のアドバイスを紹介します!


リスニングをしている際に「ネイティブの英語は速する!」という方にはこんな英語学習法がお勧め!



英語学習者の中でも「中級者や上級者レベル」という学習者であっても、やはり「ネイティブの英語は速すぎる!」と感じている人は非常に多いようです。

ボキャブラリーや文法の知識が沢山あっても、初めて生の英語ネイティブが話す英語を聞くとネイティブが話すスピードにびっくりする人が多いと思います。


英語学習者向けのリスニング教材の音声は「英語を練習する」という目的に特化しているものなので、実は「聞き取りやすく、スピードもゆっくりと話す」というナレーターを使っています。

そして、ナレーターはスクリプトを読んでいますので、英語初心者でも聞き取りやすいように「わざと単語と単語をつなげない」というように意識して話しています。ですから、こういった音声は綺麗ではっきりと話しています。


しかし、「生」の英語はかなり違います。英語ネイティブ同士で話している会話は、勿論手加減なしの「フルスピード」で話しています。そして、会話をスムーズにする為に単語を省略したり、繋げたりする癖があります。

この為、英語学習者にとっては、ネイティブが話す生の英会話はとても速く感じて、とても聞き取りづらいという状況になります。

しかし、この問題を解決するためには様々な勉強法があります。そこで、この記事では「ネイティブの英語は速すぎ!」という悩みを持っている方にお勧めの英語学習法を紹介していきたいと思います。


ネイティブの英語は速すぎる!と感じる方への英語勉強法アドバイス
ネイティブの英語は速すぎる!と感じる英語学習者へ英語勉強法に関するアドバイスを紹介!


こちらの記事もお勧めです:





1. 高速音声でリスニングを練習してみましょう!



最近、多くの英語教材には「高速音声」が付いています。「高速音声」とは、普通の音声の2~3倍くらいの速度で録音された音声のです。

初めて英語の「高速音声」を聞くと少し変な音声だと思ってしまうかもしれませんが、高速で流れる英語になれると、ネイティブが話す英語は意外とゆっくりに感じるでしょう。


当サイトでレビューした「Prime English(プライムイングリッシュ)」という英語教材には、高速音声が付いています。この教材はネイティブが使うような表現が数多く入っていますので、ハイスピードでネイティブのような英語表現を聞き込めば自分のリスニング力は、かなりレベルアップすると思います。


参考:「Prime English(プライムイングリッシュ)を使ってみた感想を細かくレビューしてみた結果」 


もう一つの(もっと費用の安い!)学習法としてのオプションは「英語高速メソッド」という英語教材のシリーズです。この教材の各シリーズには、日常英会話で使われるフレーズが紹介されています。

音声は普通のスピードと高速スピードの二つの音声が用意されていますので、こういった教材でも自分のリスニング力を鍛える事が出来ます。








2. 「生の英会話」の音声が付属している教材を使い英会話の練習をしてみる



上記に紹介した「高速音声」は、スピードの速い英語のリスニングを練習する際にはとても良いと思いますが、音声のナレーターはスクリプトを読んでいますので、まだネイティブの英会話ほど自然ではありません。

ですから、次のステップはネイティブの生英語が聞ける教材でリスニングの勉強をする事です。


多くの教材は英語ネイティブのインタビュー・会話を紹介しています。一般的にこういった教材にはスクリプトも付いていますので、ネイティブが話している音声を聞きながら同時に文章も読む事が出来ます。

音声とスクリプトを比較すれば英語ネイティブが使っている「単語のつなぎ方」を勉強する事が出来ます。そして、英語ネイティブがよく使う「口癖」も分かるようになります。


「AFN最強の生英語リスニング―スポット・アナウンスメント」というこの教材は、アメリカ人のAFNというラジオ局のアナウンスを英語リスニング教材としてまとめた本です。

アメリカ人のためのラジオなので、自然なスピードで自然な表現を通して英語のリスニングの練習が出来る教材です。





イギリス英語を聞く THE RED BOOK」というこの教材は、イギリス人の生の英会話を聞く事が出来ます。音声を取材している場所はロンドンなので、ローカルのイギリス人が実際に使う表現、話し方、アクセントを勉強する事が出来ます。イギリス英語に興味がある方はこの教材はお勧めです!






3. ドラマ、映画、ラジオで自然な速度の英語をリスニングしてみる



英語圏のドラマ、映画を観たり、ラジオを聞く事は、ネイティブが話すスピードに慣れるためにはとても良い練習になると思います。

しかし、ネイティブ向けのラジオを使ってリスニングする事は、実は特に難しいと思います。何故なら、一般的にラジオは普通の英会話より早口ですし、字幕やスクリプトを使えませんので、初心者にはお勧め出来ません。

初心者の場合、英語で映画やドラマを観る事はとても良い練習になると思います。英語の字幕を付けて英語の音声で映画やドラマを観れば、ネイティブが使う表現、発音、イントネーションなどに慣れてくると思います。


この際に、どんな種類の映画やドラマでも良いとますが、私の意見では専門用語が沢山出てくるようなテーマは避けた方がいいと思います。

例えば、弁護士のドラマや病院ドラマは専門用語が沢山出てくるので、中級者にとっても難しいと思います。日常的なテーマ(ラブストーリーやコメディー)の方が会話・リスニングの練習になると思います。

DVDを買う事よりも、映画・ドラマのストリーミングサービスに登録した方はコストパフォーマンスが良いと思います。

例えば、U-NEXTAmazonプライム・ビデオ、dTV、Huluなどのサービスに登録すると、数多くの海外ドラマやハリウッド映画を観放題する事が出来ます。





  管理人イチオシの英話教材・eラーニング紹介  


   ネイティブイングリッシュ(Native English)

ネイティブイングリッシュは主に”スピーキングとリスニングを上達させる”という点が学習の肝になっています。その為、学習スタイルとしては主に「音声が主体」の教材になっています。

そして、この教材の為だけに独自に開発された「2段階のスピード音声」のシステムを使って英語学習をしていきます。

また、私が英語学習をする際に最も大切と考えている「英語の例文」もたっぷり収録されています。そして、シチュエーション別の実際の会話を通して英語を学んでいくので、とにかく頭に入りやすいです。

つまり、よくある教科書的なつまらない内容ではなく、実用的な表現やフレーズを学ぶ事が出来る教材です。これはスピーキング力を上達させる為には非常に重要なやり方です。

ネイティブイングリッシュ



   ネイティブイングリッシュ(Native English)を使ってみた感想をレビュー





   Prime English(プライムイングリッシュ)

Prime English(プライムイングリッシュ)を第二位に選んだ理由としては、この教材には全て「スキット」が入っていて、それらを使って「ネイティブの自然な英会話が学べる」という事に着目している点です。

日本で発売されている数多くの英語教材はスキットやダイアログが全く入っていないか、入っていても数が極端に少ない事が多いです。そしてこれは英語教材としては致命的な欠陥です。

何故なら文脈なしの例文だけで英語を学んでも殆ど意味はないからです。その理由としては「これはどんなシーンで使う表現なのか?」という事がわからずに学んでしまって、実際に自分の口で使えない表現を覚えてしまいます。

その点、プライムイングリッシュはそういったことにならないようにするための工夫が教材に施されています。これは、英語教材としてとても評価すべきポイントです。また「文法ポイントやボキャブラリー」も解説されていますので、理解度も深くなるはずです。

私の周りの英語が上手な人は、皆口を揃えて「スキットで英語を勉強する事は大切」といっています。スキットで英語を勉強していけば英語ネイティブが日常的に使う表現やフレーズを自然と吸収する事が出来ます。





   Prime English(プライムイングリッシュを使ってみた感想をレビュー




   スーパーエルマー

よくあるテスト対策でTOEICのハイスコアを狙うのではなく、使える英語の知識をインプットして「英語脳」を作ることで英語力の底上げを図りTOEICスコアを上げていくというタイプの教材です。 英話を実用的な目的としてを学びたい人にはおススメできます。

また、リスニングと一緒にリーディングのスキルもレベルアップ出来る点が良い教材です。若干金額は高いものの、この教材を通して学べる英語脳の作り方、学習方法は一生使える学習スキルです。実践的な英語スキルを目指している方にはおススメです。



>>「スーパーエルマー」公式サイト<<

   スーパーエルマーの効果、感想、口コミや評判を確認してみた結果






Share this post