英語の初心者は独学のみで英会話が出来るようになるのでしょうか? 5つのアドバイスを紹介!


英語の初心者は独学をだけで英会話が出来るようになるのでしょうか?



今回の記事では最近、英語の中でも特にスピーキングについて、ある友達に聞かれた質問について答えてみたいと思います。何故、こういった質問内容を記事としてシェアしようと思ったのかと言うと、実はこの質問は私が今までに多くの英語学習者に聞かれた事がある質問内容だからです。


そして、実際に私自身も過去に英語を勉強し始めた当時、これと似たような疑問をいつも抱いていました。具体的には質問としては「英語初心者は本当に独学だけで英会話を話せるようになるのか?」という内容です。


実はその友達は本当の英語初心者でもないと思います。彼は平均的な日本の教育を受けた普通の日本人なので、日本の義務教育で中学校と高校で英語を勉強しています。

しかし、トータルすると6年間程英語を勉強したにも関わらず、自分が「英語の初心者」だと考えています。何故、多くの日本人は英語に対してそのように考えるのかと言うと、日本人の社会人で「英語を勉強し直している」という人は、「今までに学校で勉強した英語の知識を完全に忘れている」という人が非常に多い事が関係しています(笑)。

これはその友達だけではなく、過去の私も含めて、そうですね「90%くらいの人」にも当てはまるのではないかと思います(笑)。


その質問に対して私は彼に「独学でも必ず英語は話せるようになるよ!」と答えました。その後に私が過去に行った学習効果が高かった勉強法を色々とアドバイスしました。

独学だけである程度の英会話を話せるようになりたいのであれば、段階的に様々なやるべきステップがあります。今回の記事ではそのアドバイスとステップを紹介したいと思います。



英語の初心者は独学のみで英会話が出来るようになる? 5つのアドバイスを紹介!
英語の初心者は独学のみで英会話が出来るようになる? 5つのアドバイスを紹介!






1. まずは「文法パターン」の知識を磨く事が大切!



英語の初心者は「文法」という単語を聞いて嫌になる人が多いと思います。過去の私も勉強嫌いだった学生時代を思い出して「英文法」と聞くだけで勉強のやる気がおきませんでしたから・・。

しかし、残念なことに英語を話す為には「必ず英文法を勉強する」という必要があります。しかし、文法を勉強する際に別に「知識だけを丸暗記する」という受験英語のようなつまらない勉強をしなくても大丈夫だとです。

私は最近、文法について色々な記事を書きましたが、結局どの方法を使っても、ネイティブとの会話でよく使う文法パターンを覚える必要があります。

実は日常の英会話は中学校レベルくらいの文法の知識があれば十分です。それくらいのレベルを完璧に覚える事が出来れば、殆どの英会話を理解出来るようになると思います。そして、自分が言いたい事を殆ど、英語で言えるようになると思います。

中学校レベルの文法を勉強出来る教材は数多くありますが、私が最近使ってみて、優れた学習効果があったと感じた教材は「English Reboot」という教材です。この教材はダウンロード式の教材で、音声もついていますので、場所を選ばず何処でも簡単に勉強をはじめる事が出来ます。

この教材では「中学校レベルの英文法」を分かりやすく学べますし、例文が他の教材と比較してもとにかく多く、ネイティブっぽいダイアログもたっぷり収録されています。そして、教材の最も大きな特徴として「”アウトプット”(=スピーキング)も練習させる」という種類の珍しい教材です。

ですから、独学で英会話をマスターしようとしている英語初心者にとってかなり使いやすい良い教材になると思います。





English Rebootの公式サイトで詳細を確認




2. ベーシックなボキャブラリーを覚えましょう!



あなたは英語で数字を直ぐ言えますか? 天気の話は出来ますか? 目の前にある物の英語の名前は分かりますか?

上記の質問の答えが「ノー」という人は、ベーシックな英語のボキャブラリーを勉強しなおした方が良いと思います。特に「数字の言い方」や「日付」、「曜日」、「天気の様子」、「家にある物」などの簡単な名詞は日常英会話で非常によく使いますので、必ず覚えるべき単語です。

ベーシックのボキャブラリーを覚えるためには、こういった教材がお勧めです。日常英会話でよく使われている単語とフレーズが沢山紹介されている教材です。英語ネイティブによって書かれた本なので、変な表現や不自然な表現はありません。






3. よく使われている句動詞を勉強する事



日本人だけではなく、他の国の英語学習者も「句動詞を覚える事は難しい」と考えているようです。しかし、残念ながら英会話が出来るようになる為には「句動詞」をマスターする必要があります。

句動詞とは「動詞の種類」ですが「動詞+前置詞・副詞」という組み合わせになります。

例えば、「get up」(起きる)、「go home」(帰る)、「sit down」(座る)などの動詞は「句動詞」と呼ばれます。イディオムに近いので、新しい句動詞を耳にした際には「意味が分からない」という場合が多いと思います。

その為、英会話をしっかりと勉強していきたいという人は「句動詞を専門に学べる教材」を使って勉強する事はお勧めです。






4. リスニング量を増やして徹底的に練習する事



日本の英語教育には「英語のリスニング学習の時間が足りない」とよく指摘されています。しかし、英会話をする際にはスピーキングだけではなく、リスニング力、聞き取り力はとても重要なスキルになってきます。

自分が言いたい事を言えるようになっても、相手の話が理解出来なければ、残念ながら「会話」にはなりません。

その為、英会話のリスニング練習がとても重要になってきます。殆どの教材にはCDやオーディオファイルがついていますので、教材を買ったら必ず付属の音声を聞くようにしてください!

そして、最大の学習ポイントは「しつこく何回も繰り返し聞く」という事がカギになってきます。口で言うことは簡単ですが、同じ音声を何回も聞くというのは時間がかかる作業です。

しかし、同じダイアログや例文を何度も聞くと耳が「英語のリズム、発音、イントネーションなどに聞き慣れてくる」という素晴らしい効果があります。

実は、私の意見では、他の勉強法よりも「教材に付属の音声を聞く」というシンプルな方法が最も効果的だと思っています。しかし、繰り返し聞かないと学習効果は弱いです。

そして、「聞き流す」という事ではなく「集中して聞いて意味を考える」という勉強法をお勧めします。

お勧め記事:「英語が聞き取れるようなる「アクティブリスニング」とは? アクティブリスニングのやり方や効果を紹介




5. 英会話を練習する方法を探し覚えた知識をアウトプットする事



結局、独学でリスニング、ボキャブラリー、文法などを勉強しても「実際にスピーキングを練習しないと”英会話のマスター”にはなれない」という事実があります。

知識だけを知っていても、その知識を自分の言葉としてアウトプットする練習をしなければ英語を話せるようにはなりません。その為「アウトプット」の練習が必要なのです。


勿論、英語ネイティブと会話の練習をする事が一番の学習方法なのですが、外国人の友達を作る事やネイティブと簡単に会話出来る環境を作る事は意外と難しいと思います(笑)。

大都会に住んでいる人であれば、外国人と話す機会があると思いますが、小さい町や田舎に住んでいる人は殆どの場合、外国人と話す機会、出会う機会はゼロに近いと思います。

しかし、インターネットのおかげで、ネット上で他の国の人と話す機会が作れるようになりました。最近、オンライン英会話スクールのブームになっていますし、ランゲージエキスチェンジが出来る専門サイトもあります。

そして、オンライン英会話のレッスンを受ける事は意外と安いです。フィリピン人の講師が中心になった英会話スクールは本当に激安なので、英会話を練習したい人にはとてもコスパの良い方法だと思います。

参考サイト:「オンライン英会話スクールの活用法を紹介しているサイト”英会話の鬼”


以上になりますが、私がその友達にアドバイスした内容をざっとまとめて紹介しました。私の友人は今、このアドバイス通りに一生懸命になって勉強しているそうです^^

私の場合は、殆ど独学で英語を話せるようになりました。こんな元々勉強が嫌いだった私が出来るのであれば、それこそどんな方でも出来ると思います!(笑)



  管理人イチオシの英話教材・eラーニング紹介  


   ネイティブイングリッシュ(Native English)

ネイティブイングリッシュは主に”スピーキングとリスニングを上達させる”という点が学習の肝になっています。その為、学習スタイルとしては主に「音声が主体」の教材になっています。

そして、この教材の為だけに独自に開発された「2段階のスピード音声」のシステムを使って英語学習をしていきます。

また、私が英語学習をする際に最も大切と考えている「英語の例文」もたっぷり収録されています。そして、シチュエーション別の実際の会話を通して英語を学んでいくので、とにかく頭に入りやすいです。

つまり、よくある教科書的なつまらない内容ではなく、実用的な表現やフレーズを学ぶ事が出来る教材です。これはスピーキング力を上達させる為には非常に重要なやり方です。

ネイティブイングリッシュ



   ネイティブイングリッシュ(Native English)を使ってみた感想をレビュー





   Prime English(プライムイングリッシュ)

Prime English(プライムイングリッシュ)を第二位に選んだ理由としては、この教材には全て「スキット」が入っていて、それらを使って「ネイティブの自然な英会話が学べる」という事に着目している点です。

日本で発売されている数多くの英語教材はスキットやダイアログが全く入っていないか、入っていても数が極端に少ない事が多いです。そしてこれは英語教材としては致命的な欠陥です。

何故なら文脈なしの例文だけで英語を学んでも殆ど意味はないからです。その理由としては「これはどんなシーンで使う表現なのか?」という事がわからずに学んでしまって、実際に自分の口で使えない表現を覚えてしまいます。

その点、プライムイングリッシュはそういったことにならないようにするための工夫が教材に施されています。これは、英語教材としてとても評価すべきポイントです。また「文法ポイントやボキャブラリー」も解説されていますので、理解度も深くなるはずです。

私の周りの英語が上手な人は、皆口を揃えて「スキットで英語を勉強する事は大切」といっています。スキットで英語を勉強していけば英語ネイティブが日常的に使う表現やフレーズを自然と吸収する事が出来ます。





   Prime English(プライムイングリッシュを使ってみた感想をレビュー




   スーパーエルマー

よくあるテスト対策でTOEICのハイスコアを狙うのではなく、使える英語の知識をインプットして「英語脳」を作ることで英語力の底上げを図りTOEICスコアを上げていくというタイプの教材です。 英話を実用的な目的としてを学びたい人にはおススメできます。

また、リスニングと一緒にリーディングのスキルもレベルアップ出来る点が良い教材です。若干金額は高いものの、この教材を通して学べる英語脳の作り方、学習方法は一生使える学習スキルです。実践的な英語スキルを目指している方にはおススメです。



>>「スーパーエルマー」公式サイト<<

   スーパーエルマーの効果、感想、口コミや評判を確認してみた結果






Share this post