ビジネス英語学習法紹介:ビジネス英語学習に関するヒントと自分の求める英語レベルを明確する大切さ


ビジネス英語を学習する際には自分の求める英語レベルを明確にする必要がある理由



これは英語学習全般に言える事ですが、英語学習をスタートする際に自分が「どんなレベルまで英語が出来るようになりたいのか?」、「どうしったシチュエーションで英語が使えるようになりたいのか?」という部分を明確にしてから勉強を行う必要があると思います。


いつか使う日からくるから勉強しておこうとか、仕事で必要になる時がくるかもしれないし、これからの時代は英語くらい出来ないといい仕事に就けない等。

そういった曖昧な理由で英語を勉強していても、殆ど場合英語をマスターする前に挫折してしまいます。そしてこれはビジネス英語を学習する際にも共通する点です。

ビジネス英語の場合は、「自分がそのビジネスでどんな成果を上げたいのか?」、「ビジネスでどんな目的を達成したいか?」によっても勉強するテーマや内容は変わってきます。


社内のスタッフとやり取りする為の最低限のコミュニケーションの為に使うビジネス英語、取引先企業の担当者と打ち合わせする為のビジネス英語、プレゼンや会議の為に使うようなビジネス英語など。

個人によってその求めるレベルは異なります。以上の事から、ビジネス英語を学習する際には目的を明確にもってどのレベルまで英語力を高める必要があるのかを理解する事からはじめる必要があります。


勿論、海外出張にいって現地企業の担当者と英語で打ち合わせしたり、グローバル企業の外国人と英語で交渉をまとめる事等をする場合はそれ相応のビジネス英語力はです。

それは間違いありません、また専門的な分野のビジネス英語も高い英語スキルを要します。しかし、ビジネス上の簡単なコミュニケーションやあるプロジェクを遂行する為に英語が必要で単なるコミュニケーションの為のツール、という意味でビジネス英語を考えれば、ビジネス英語も通常の英語学習と差ほど大差ありません。基本となるベースの部分は同じです。


ビジネス英語学習に関するヒント
ビジネス英語学習に関するヒント


参考記事:




ビジネス英語はビジネスシーンで使うそうな定型のパターンや会話パターンから叩き込んでいこう



ビジネス英語の学習も通常の英語学習も結局は同じです。しかしビジネス英語には、丁寧な英語表現や、ある限定されたシチュエーションで使う英語表現、決まりきった会話パターン・フレーズがあります。

まずはこういった定型のパターンを音声を使ってインプットしていきましょう。決まりきった定型のパターンとは、例えば「相手がこういったらこうやって返事をする」といったような会話の流れといった方が正しいかもしれません。


また、ビジネスシーンでよく使われるようなボキャブラリーもこのパターンを使って例文と一緒に覚えてしまいましょう。ボキャブラリー単体で覚えるとすぐに記憶から忘れ去ってしまう事が多いです。

出来れば各ビジネスシーン毎に分けられた例文を使って覚えていくことをおススメします。


とにかく会話のパターンはシチュエーション毎に音声を聞きながら覚えていきましょう。出来たら音声を聞きながら実際にシャドーイングする事をおススメします。

シャドーイングで英語を口から出すトレーニングして、パターンで例文をインプットする方法は私が最もおススメする英語学習です。過去にも紹介してきましたが、最も効果を期待できる学習法です^^


おススメ記事:


ここで気をつけて欲しいのが、テキストだけを読んでフレーズやパターンをインプットしない事です。

テキストを読みながら学習していると、記憶にパターンをインプットした気になってしまいますが、実際はあまり記憶に定着していません。


一番良いのは、テキストを見ながら音声を繰り返し聞きこんでいく方法が効果的ですが、通勤時に場所を選ばすに勉強したいという方は音声のみでインプットしてもいいと思います。

その際には英語の例文の意味が日本語で流れる音声教材をおススメします。(そうする事によって英語の意味をテキストで調べる必要がない為)



それぞれのビジネスシチュエーション毎に使う会話パターンを繰り返して聞き込んでいくと紹介しましたが、繰り返しの目安としては、「それを聞いた時に反射的に英語が口から出る」というくらいまで聞き込んで練習しましょう。

間違っても、聞き流しで出来るようになる教材とか、一ヶ月で英語が話せるようになるといった英語教材は選らばないようにしましょう。お勧めは各シチュエーション毎に例文が多く紹介されているビジネス英語教材を選ぶようにしましょう。


>> ビジネスシーン毎にパターンで学べるビジネス英語学習教材:ビジネスイングリッシュマスター



  管理人イチオシの英話教材・eラーニング紹介  


   ネイティブイングリッシュ(Native English)

ネイティブイングリッシュは主に”スピーキングとリスニングを上達させる”という点が学習の肝になっています。その為、学習スタイルとしては主に「音声が主体」の教材になっています。

そして、この教材の為だけに独自に開発された「2段階のスピード音声」のシステムを使って英語学習をしていきます。

また、私が英語学習をする際に最も大切と考えている「英語の例文」もたっぷり収録されています。そして、シチュエーション別の実際の会話を通して英語を学んでいくので、とにかく頭に入りやすいです。

つまり、よくある教科書的なつまらない内容ではなく、実用的な表現やフレーズを学ぶ事が出来る教材です。これはスピーキング力を上達させる為には非常に重要なやり方です。

ネイティブイングリッシュ



   ネイティブイングリッシュ(Native English)を使ってみた感想をレビュー





   Prime English(プライムイングリッシュ)

Prime English(プライムイングリッシュ)を第二位に選んだ理由としては、この教材には全て「スキット」が入っていて、それらを使って「ネイティブの自然な英会話が学べる」という事に着目している点です。

日本で発売されている数多くの英語教材はスキットやダイアログが全く入っていないか、入っていても数が極端に少ない事が多いです。そしてこれは英語教材としては致命的な欠陥です。

何故なら文脈なしの例文だけで英語を学んでも殆ど意味はないからです。その理由としては「これはどんなシーンで使う表現なのか?」という事がわからずに学んでしまって、実際に自分の口で使えない表現を覚えてしまいます。

その点、プライムイングリッシュはそういったことにならないようにするための工夫が教材に施されています。これは、英語教材としてとても評価すべきポイントです。また「文法ポイントやボキャブラリー」も解説されていますので、理解度も深くなるはずです。

私の周りの英語が上手な人は、皆口を揃えて「スキットで英語を勉強する事は大切」といっています。スキットで英語を勉強していけば英語ネイティブが日常的に使う表現やフレーズを自然と吸収する事が出来ます。





   Prime English(プライムイングリッシュを使ってみた感想をレビュー




   スーパーエルマー

よくあるテスト対策でTOEICのハイスコアを狙うのではなく、使える英語の知識をインプットして「英語脳」を作ることで英語力の底上げを図りTOEICスコアを上げていくというタイプの教材です。 英話を実用的な目的としてを学びたい人にはおススメできます。

また、リスニングと一緒にリーディングのスキルもレベルアップ出来る点が良い教材です。若干金額は高いものの、この教材を通して学べる英語脳の作り方、学習方法は一生使える学習スキルです。実践的な英語スキルを目指している方にはおススメです。



>>「スーパーエルマー」公式サイト<<

   スーパーエルマーの効果、感想、口コミや評判を確認してみた結果






Share this post