社会人、40代から英語のやり直しを考えている人がまずはじめに行うべき事


英語のやり直しを考えている社会人がまずはじめに行うべき英語学習について



社会人になってから英語の必要性を感じて、一から英語学習をやり直している方はまず自分の現在の英語レベルをチェックする事からはじめるべきだと思っています。

今でこそ、偉そうなことを書いてしまっている私ですが^^ 私自身も社会人になってから本格的に英語をやり直した経験があるので、多くの英語学習者の気持ちは痛いほど理解出来ているつもりです。


そんな私の経験から言える事なのですが、英語のやり直しを考えている方は高額な英語教材を買う前に、高額な英会話スクールに行く前に必ず、「現在の英語レベルを正確に把握する事」。こういった作業を先に行うべきだと思っています。


自分の客観的な英語のレベルがわかっていない状態で英語学習をやり直そうと思っても、「何処の部分が弱いのか?」、「英語のどんな部分に苦手を感じているのか?」といった事を把握する事が出来ません。


そして客観的に分析できていないまま、学習を進めてしまうと本当に無駄な部分に英語学習の時間を投下することになってしまいます。

確かにこのサイトでも、英語学習には多くの時間を投下する必要があるという事を書いてきましたが、あまり効果のない学習方法ややみくもに英語を吸収しようと思っても時間の無駄になるだけですからね・・・。


そして忙しい社会人の方が英語をやり直すのであれば、限られた時間を効果的に使う必要が出てきます。
そして、それには「今まで日本の義務教育で学んできた暗記型の英語学習」を見直す必要があります。勿論、中学レベルの英文法、英単語の知識は最重要項目になりますので、ある程度の暗記は必要です。


英語を使う為のツールと考えている方はそれら中学レベルの英語を自分の言葉として使えるようにならなければいけません。
その為には、英語を使える場を用意する必要があります。英語を使う場はどんなシーンでも構わないと思いますが、手軽なのはやっぱりオンライン英会話スクールなどが費用的にも安くておススメです。


英語のやり直しを考えている人が行うべき事
英語のやり直しを考えている人が行うべき事


参考記事:




英語のやり直しの為の具体的なステップ



まずは、自分の英語のレベルをチェックしましょう。よくTOEIC教材等を使って実際にどのくらいのスコアが取れるかによって、現在の英語レベルをチェックしようとする人が多いようですが、この方法は初心者にはあまりおススメできません。第一、TOEIC自体、英語力を総合的にテストできる試験ではないですからね・・・。


私がおススメするチェック方法は、第三者の英語講師に英会話しながら英語力をチェックしてもらう事です。

英語をやり直したいのに、「いきなり英会話のレッスンは厳しいよ!」と思う方もいると思いますが、英会話の講師に英語レベルをチェックしてもらう事は全く難しい事ではありません。


単純に初回レッスンを受ける事が可能であれば、現在の英語レベルを正確にチェックしてくれる事が出来ます。
例えば、このページで紹介されているこのスクール「グローバルコミュニケーションズ」等はとても丁寧にネイティブの講師が英語のレベルをチェックしてくれます。

私がレッスンを受けた際は、初回のレッスンとしては「やりすぎじゃない!?」っていうくらい丁寧に英語のレベルチェックしてくれた思い出があります(笑)。

こういったスクールを利用してレベルチェックをしてもいいですし、他のオンライン英会話スクールを使ってレベルチェックをしてもらってもいいと思います。


しっかりしたオンライン英会話スクールであれば、大抵レベルチェックのレッスンの後に結果のレポートを送ってくれます。

それを元に勉強のスケジュールを立てる方が無駄も少ないです。勿論、ベーシックな英語の知識として、中学レベルの英単語や文法は個別で勉強をするべきですが、スクールに相談してカリキュラムを決めてもらうもの良い方法かもしれまえん。


結果をまとめてしまうと、英語のやり直しを考えている方はまず、「現在の英語レベルをチェックする事」ここからがスタートです。

これを知らずして英語を勉強してしまうと思わぬ英語業界の罠にはまってしまいます。つまり、必要のない学習、効果のない教材を買わされてしまう可能性があります。

英語を習得する上で何か必要で何か必要ないのか?という事を客観的に分析してからが、本当の学習のはじまりだと思っています。


 >> スーパーエルマーを使った効果的な勉強法について



  管理人イチオシの英話教材・eラーニング紹介  


   ネイティブイングリッシュ(Native English)

ネイティブイングリッシュは主に”スピーキングとリスニングを上達させる”という点が学習の肝になっています。その為、学習スタイルとしては主に「音声が主体」の教材になっています。

そして、この教材の為だけに独自に開発された「2段階のスピード音声」のシステムを使って英語学習をしていきます。

また、私が英語学習をする際に最も大切と考えている「英語の例文」もたっぷり収録されています。そして、シチュエーション別の実際の会話を通して英語を学んでいくので、とにかく頭に入りやすいです。

つまり、よくある教科書的なつまらない内容ではなく、実用的な表現やフレーズを学ぶ事が出来る教材です。これはスピーキング力を上達させる為には非常に重要なやり方です。

ネイティブイングリッシュ



   ネイティブイングリッシュ(Native English)を使ってみた感想をレビュー





   Prime English(プライムイングリッシュ)

Prime English(プライムイングリッシュ)を第二位に選んだ理由としては、この教材には全て「スキット」が入っていて、それらを使って「ネイティブの自然な英会話が学べる」という事に着目している点です。

日本で発売されている数多くの英語教材はスキットやダイアログが全く入っていないか、入っていても数が極端に少ない事が多いです。そしてこれは英語教材としては致命的な欠陥です。

何故なら文脈なしの例文だけで英語を学んでも殆ど意味はないからです。その理由としては「これはどんなシーンで使う表現なのか?」という事がわからずに学んでしまって、実際に自分の口で使えない表現を覚えてしまいます。

その点、プライムイングリッシュはそういったことにならないようにするための工夫が教材に施されています。これは、英語教材としてとても評価すべきポイントです。また「文法ポイントやボキャブラリー」も解説されていますので、理解度も深くなるはずです。

私の周りの英語が上手な人は、皆口を揃えて「スキットで英語を勉強する事は大切」といっています。スキットで英語を勉強していけば英語ネイティブが日常的に使う表現やフレーズを自然と吸収する事が出来ます。





   Prime English(プライムイングリッシュを使ってみた感想をレビュー




   スーパーエルマー

よくあるテスト対策でTOEICのハイスコアを狙うのではなく、使える英語の知識をインプットして「英語脳」を作ることで英語力の底上げを図りTOEICスコアを上げていくというタイプの教材です。 英話を実用的な目的としてを学びたい人にはおススメできます。

また、リスニングと一緒にリーディングのスキルもレベルアップ出来る点が良い教材です。若干金額は高いものの、この教材を通して学べる英語脳の作り方、学習方法は一生使える学習スキルです。実践的な英語スキルを目指している方にはおススメです。



>>「スーパーエルマー」公式サイト<<

   スーパーエルマーの効果、感想、口コミや評判を確認してみた結果






Share this post