留学やワーキングホリデーから帰国後に英会話力をキープする方法


留学後に英会話力をキープする方法を具体的なステップで紹介します!



今回の記事では「英会話力をキープする方法」について書いてみたいと思います。英語がある程度話せるようになったのに、しばらく全く使わなくなったら「英語力が落ちてしまった」という方は多いようです。

このサイトでも以前に紹介したように、私はアメリカに住んでいた事があります。当時私がアメリカから帰国した時、一番心配した事として「せっかく学んだ英語を忘れたくない!」という事でした。

アメリカに住んでいた時、自然と日々の日常生活で英語を使う、聞く機会があったので、毎日のように英会話を練習出来ていました。

例えば、外国人のルームメートと英語で話したり、レストランやカフェの店員と英語でやり取りしたりしていましたので、日本に帰国すると、途端にそういった英語を使う環境がなくなりますね。

せっかく身に着けた英会話力を帰国後にも出来るだけキープしたかったと思ったのですが、それは日本にいると意外に難しい事にです。そこで私はある方法を使って英会話力をキープする方法を実践しました。

それでは、「留学やワーキングホリデーから帰国後に日本で英会話力をキープするにはどうすればよいのか?」という不安を解決する具体的な方法を私が試したやり方で紹介したいと思います。


留学やワーキングホリデーから帰国後に英会話力をキープする方法
留学やワーキングホリデーから帰国後に英会話力をキープする方法とはどんな方法なのか?


こちらの記事もお勧めです:




1. 日本の生活では英語環境を作りましょう!



私は今現在は日本に帰国していますが、自分の部屋に「小さいアメリカの環境」を作る事が出来ています。

私は元々日本の音楽ではなく「必ず英語の音楽を聴いていた」という事もあり、英語耳は衰えませんでした。英語の音楽を聞く事は自分の趣味なので、いつも自然に行えています。

そして、映画を観る際に必ず「日本語ではなく英語」で観るようにしていました。簡単そうな映画であれば「英語字幕」もつけました。

そういったように英語メディアを「出来るだけ英語のまま楽しむ」というやり方にしたので、リスニング力をキープする事が出来ました。

余裕があれば、「英語のポッドキャスト」や「英語のオーディオブック」もお勧めです。例えば、散歩やドライブ、通勤、通学の際にポッドキャストかオーディオブックを聞けばリスニング力をそのままキープする事が出来ると思います。


お勧め記事:「英語の発音が上手くなる方法:英語発音がよくなるとリスニング力もアップする!




2. 定期的に英語をアウトプットする練習をする事



リスニング力をキープする事は実は比較的簡単なことです。ですが、アウトプット力(つまりスピーキング力という事)をキープする事はとても難しいと思います。

何故なら、リスニングの練習は一人で出来る事ですが、英語のアウトプットを練習する為には殆どの場合「会話相手が必要」になるからです。

勿論、一番良い事は外国人の友達と話す事です。私は以前に書いた記事では外国人の友達を作る方法について話しました。

参考記事:「外国人の友達を作る7つのとっておきの方法紹介


東京や大阪などの大都会に住んでいる方は、簡単に外国人の友達を作る事が出来ると思いますが、少し田舎の町に住んでいる方は、そういった機会が殆どないと思います。

ですから、他の方法を探す必要があります。しかし、最近は「オンライン英会話スクール」が増えていますし、授業料がとても安くなっています。

忙しい人や田舎に住んでいる人はオンライン英会話を使ったアウトプットの練習がお勧めです。

英会話を練習する際にはネイティブのオンラインの先生が最もお勧めなのですが、最近は質の良いフィリピン人の先生が主流の英会話スクールが出てきています。

私は以前に書いた記事でそういったオンライン英会話スクールについて詳しく書きました。

参考:「人気オンライン英会話スクールの予約を上手に取る方法:オンライン英会話を利用する際のコツ」 


オンライン英会話の良い点は、気軽な感じで英会話を練習する為にフリートークが出来るという点です。硬い英会話のレッスンという感じではないので、肩肘張らずに気軽に楽しみながら練習することが出来ます。

そして、なによりもオンライン英会話のレッスンは「時間がとてもフレキシブル」ですし、「授業料がとても安い」という事から自分の空いた時間にいつでもレッスンを受けることが出来ます。

忙しい人や、帰国後に外国人との交流がない人でも英会話を練習する事が簡単になります!




3. 英会話力が以前よりも落ちてしまった時にはどうする?



帰国してからずっと英語を使ってないという人もでも心配しないでください! 英会話力が落ちてしまっても手遅れというわけではありません^^

結局、上記に書いたように、先ずは日本では「英語の環境を作る」という事が最も大切だと思います。毎日英語を聞ける環境を作る事が最重要です。

そして、アウトプットを練習する事も必要だと思います。英語の「やり直し」というレベルまで落ちてしまったという人は、私の意見ではもう一度中学校レベルの英語を復習した方が良いと思います。

そういったレベルの英語教材は沢山ありますので、中学校レベルの教材を買って文法と単語をもう一度身につけた方が良いと思います。

その際には私はこちらの教材をお勧めします:「English Reboot(イングリッシュリブート)


その後にようやく、オンライン英会話で練習したり、外国人の友達と英語でアウトプットの練習をする事が出来るようになると思います。

まとめると、英会話力をキープするためには「帰国しても自分の周りに英語環境を作る」という事が最も大切な事です。是非、実践してみて下さい!



  管理人イチオシの英話教材・eラーニング紹介  


   ネイティブイングリッシュ(Native English)

ネイティブイングリッシュは主に”スピーキングとリスニングを上達させる”という点が学習の肝になっています。その為、学習スタイルとしては主に「音声が主体」の教材になっています。

そして、この教材の為だけに独自に開発された「2段階のスピード音声」のシステムを使って英語学習をしていきます。

また、私が英語学習をする際に最も大切と考えている「英語の例文」もたっぷり収録されています。そして、シチュエーション別の実際の会話を通して英語を学んでいくので、とにかく頭に入りやすいです。

つまり、よくある教科書的なつまらない内容ではなく、実用的な表現やフレーズを学ぶ事が出来る教材です。これはスピーキング力を上達させる為には非常に重要なやり方です。

ネイティブイングリッシュ



   ネイティブイングリッシュ(Native English)を使ってみた感想をレビュー





   Prime English(プライムイングリッシュ)

Prime English(プライムイングリッシュ)を第二位に選んだ理由としては、この教材には全て「スキット」が入っていて、それらを使って「ネイティブの自然な英会話が学べる」という事に着目している点です。

日本で発売されている数多くの英語教材はスキットやダイアログが全く入っていないか、入っていても数が極端に少ない事が多いです。そしてこれは英語教材としては致命的な欠陥です。

何故なら文脈なしの例文だけで英語を学んでも殆ど意味はないからです。その理由としては「これはどんなシーンで使う表現なのか?」という事がわからずに学んでしまって、実際に自分の口で使えない表現を覚えてしまいます。

その点、プライムイングリッシュはそういったことにならないようにするための工夫が教材に施されています。これは、英語教材としてとても評価すべきポイントです。また「文法ポイントやボキャブラリー」も解説されていますので、理解度も深くなるはずです。

私の周りの英語が上手な人は、皆口を揃えて「スキットで英語を勉強する事は大切」といっています。スキットで英語を勉強していけば英語ネイティブが日常的に使う表現やフレーズを自然と吸収する事が出来ます。





   Prime English(プライムイングリッシュを使ってみた感想をレビュー




   スーパーエルマー

よくあるテスト対策でTOEICのハイスコアを狙うのではなく、使える英語の知識をインプットして「英語脳」を作ることで英語力の底上げを図りTOEICスコアを上げていくというタイプの教材です。 英話を実用的な目的としてを学びたい人にはおススメできます。

また、リスニングと一緒にリーディングのスキルもレベルアップ出来る点が良い教材です。若干金額は高いものの、この教材を通して学べる英語脳の作り方、学習方法は一生使える学習スキルです。実践的な英語スキルを目指している方にはおススメです。



>>「スーパーエルマー」公式サイト<<

   スーパーエルマーの効果、感想、口コミや評判を確認してみた結果






Share this post