英会話を上達させる方法として自分がよく使いそうな表現を例文からチャンク毎インプットすると効果的


英会話を上達させたいなら日常的によく使いそうな表現・フレーズをチャンク毎インプットする事が大切なワケ



英会話の上達具合って、自分では中々実感出来ないものです。いくら勉強を続けていても、「自分が今どのくらいのレベルなのか?」という事は第三者の目からみない限り非常に分かりにくい事が多いです。


そういった事が関係して多くの英語学習者達のモチベーションを低下させている原因になっているんだと思いますが・・。こればかりは自分で気が付く事は難しいですからね。そして、一般的に自分の英語力アップに気がつくようになるまでには少し時間がかかります。

参考:「英語力の上達は初心者ほど最初の壁が厚く時間がかかるを理解してこそ新の英語学習がはじまる!


今、思い返してみると英語を本格的に勉強する前の私の英語力はとにかく酷いものでした(笑)。学生時代にはテスト向けの英語学習はある程度していたので、単語力、文法、リーディングに関してはある程度理解しているつもりでしたが・・・。

実際に英語を話す時にはそれらの知識もさっぱり出てきませんでした。所詮、今までやってきた英語の勉強はテスト向けの知識で、実際には自分の言葉として使えない英語の知識だったんですね。


特にアメリカに住み始めた当時、自分の言いたい事が中々相手に伝える事が出来ないといった、何ともいえないもどかしい気持ち・・・この時ばかりは、本当に悔しい思いをしました。

これがきっかけで、「絶対にネイティブと対等に英語でコミュニケーション出来るようになってやる!」と心に誓ったんですが、英語の習得には時間がかかります^^ 

そうして現在まで英語の勉強を続けています。一時期、ブランクはあったものの英語には常に触れるようにしています。


特に日本に帰ってきてからは、スピーキング力をブラッシュアップさせたかったので、オンライン英会話スクールのレッスンを受けたり、実際にネイティブと会話したり、とにかく日常的に英語に触れるようにしています。

そのお陰もあってか、今は日常会話程のコミュニケーションであればネイティブと会話しても殆ど問題はありません。難しい話(ビジネス英語的な)をするとなると少し厳しいですが、通常のコミュニケーション、意思疎通等で困るような事はなくなりました^^ 


しかし、よくよく考えてみると「英語を話せるようになる」、「英語を使えるようになる」って色々なレベルがあると思います。例えば、海外旅行先で現地の人達と英語で会話を楽しみたいというレベル。


ネイティブスピーカーとスモールトーク・趣味の話を出来るようなレベル(所謂日常会話的なレベル)、英文メールの読み書きが出来るようになりたいとったレベル。バリバリ英語を使って仕事をしたいといったビジネス英語が使えるレベル等。

単純に英語を使えるようになるといってもこのようなに色々なレベルがあると思います。


そして多くの英語学習者の方は最終的に「どんなレベルの英語力を求めているのか?」。この辺りを明確にしておくと自分の目指す英語力の習得までのステップが意外とクリアーになるのではないかと思っています。


実際の会話で使わないような知識を闇雲になんでも詰め込んで勉強していくよりも、「実際に会話で使えるような英語の知識」、「コミュニケーションでよく使うようなフレーズや言い回し」等。これらの英語の知識を中心に勉強して習得していく方が英語力を上達する上で非常に重要だと思います。


自分がよく使いそうな表現を例文からチャンク毎インプットする
自分がよく使いそうな表現を例文からチャンク毎インプットする


参考ページ:


勿論、ベーシックな英文法の知識は必要ですが、これも中学校レベルの文法を理解していれば、英語で日常会話をするレベルであれば十分だと言われています。私も本格的に英語の勉強をしなおした際に、中学生向けの文法ドリルを使って英文法を勉強しました^^




ネイティブと日常会話レベルの英会話がしたいのであれば例文毎パターンで覚える事



これは私の個人的な意見も含め、多くの英語習得者たちが言っている事なんですが、英会話を上達させるには様々な例文のパターンを頭にインプットする必要があります。

そして例文の中には、文のかたまり「チャンク」が入っているのでこれを意識してチャンク単位でフレーズを覚えるようにすると、会話の際に言いたい文章を作りやすくなります。

チャンクは単語のかたまりとも言えるので、チャンクを覚える事によって単語や表現も同時に覚える事が出来ます。


ですから、単調な暗記で英単語を覚えるよりも例文やチャンクを使って単語を覚えるようにすると忘れにくくなると思いますし、実際の英会話でも自分の言葉として使えるようになってくると思います。


その為には、音からのインプットであるリスニング、そして文字からのインプットであるリーティングをしながら様々な角度から英語をインプットしていくと記憶に定着しやすいと思います。

それと英話を上手に話す際のコツとして、最近覚えたばかりの単語や表現を無理やり使おうとするのではなく、自分の知っている単語だけで話せるようになると比較的ラクに話せるようになるように思います。


これは私もアメリカに行ってネイティブと会話するようになってから気がついた事なんですが、自分の知っている言葉だけで英語を話せるようになると「英作文力」が自然とつきますし、まず頭がクリエイティブになります。

そしてなによりも会話中に言葉につまる可能性がないので、会話も積極的になります。英語に自信が出るようになるといった方がいいのかもしれません。是非、今度英語を話す際に試してみて下さい^^


この記事のポイント
  • 英会話では最低限の知識として中学校レベルの文法が大切
  • 英単語を覚える際は例文を通してチャンク毎覚える事が大切
  • 自分の知っている単語、表現だけで英語を話す練習をしてみる事



  管理人イチオシの英話教材・eラーニング紹介  


   ネイティブイングリッシュ(Native English)

ネイティブイングリッシュは主に”スピーキングとリスニングを上達させる”という点が学習の肝になっています。その為、学習スタイルとしては主に「音声が主体」の教材になっています。

そして、この教材の為だけに独自に開発された「2段階のスピード音声」のシステムを使って英語学習をしていきます。

また、私が英語学習をする際に最も大切と考えている「英語の例文」もたっぷり収録されています。そして、シチュエーション別の実際の会話を通して英語を学んでいくので、とにかく頭に入りやすいです。

つまり、よくある教科書的なつまらない内容ではなく、実用的な表現やフレーズを学ぶ事が出来る教材です。これはスピーキング力を上達させる為には非常に重要なやり方です。

ネイティブイングリッシュ



   ネイティブイングリッシュ(Native English)を使ってみた感想をレビュー





   Prime English(プライムイングリッシュ)

Prime English(プライムイングリッシュ)を第二位に選んだ理由としては、この教材には全て「スキット」が入っていて、それらを使って「ネイティブの自然な英会話が学べる」という事に着目している点です。

日本で発売されている数多くの英語教材はスキットやダイアログが全く入っていないか、入っていても数が極端に少ない事が多いです。そしてこれは英語教材としては致命的な欠陥です。

何故なら文脈なしの例文だけで英語を学んでも殆ど意味はないからです。その理由としては「これはどんなシーンで使う表現なのか?」という事がわからずに学んでしまって、実際に自分の口で使えない表現を覚えてしまいます。

その点、プライムイングリッシュはそういったことにならないようにするための工夫が教材に施されています。これは、英語教材としてとても評価すべきポイントです。また「文法ポイントやボキャブラリー」も解説されていますので、理解度も深くなるはずです。

私の周りの英語が上手な人は、皆口を揃えて「スキットで英語を勉強する事は大切」といっています。スキットで英語を勉強していけば英語ネイティブが日常的に使う表現やフレーズを自然と吸収する事が出来ます。





   Prime English(プライムイングリッシュを使ってみた感想をレビュー




   スーパーエルマー

よくあるテスト対策でTOEICのハイスコアを狙うのではなく、使える英語の知識をインプットして「英語脳」を作ることで英語力の底上げを図りTOEICスコアを上げていくというタイプの教材です。 英話を実用的な目的としてを学びたい人にはおススメできます。

また、リスニングと一緒にリーディングのスキルもレベルアップ出来る点が良い教材です。若干金額は高いものの、この教材を通して学べる英語脳の作り方、学習方法は一生使える学習スキルです。実践的な英語スキルを目指している方にはおススメです。



>>「スーパーエルマー」公式サイト<<

   スーパーエルマーの効果、感想、口コミや評判を確認してみた結果






Share this post