ビジネス英語を勉強する前に知っておくべき事TOP3:ビジネス英語と同時に外国(海外)ビジネスマナーを知る事が重要なワケ


ビジネス英語の知識と同時に外国(海外)のビジネスマナー・ビジネスカルチャーを理解する事の重要性について



社会人になってから本格的に英語の勉強をし始めた方の中には、「ビジネス英語」を中心に英語の勉強をしているという方も多いと思います。


しかし漠然にビジネス英語といっても、その定義は意外と曖昧ですし、ビジネスに関する英語といってもその範囲は非常に広いです。


私は以前一度、ヨーロッパに拠点を構えている某外資系企業で働いた経験があるんですが、社内の日本人スタッフの中にも英語の出来ないスタッフは結構いました。

イメージ的に外資系企業というと、「英語がペラペラなスタッフばかりいる」というイメージがあるかもしれませんが、実際にはそんな事もないです。


一般的な日本企業のスタッフと比べてみれば、やはり英語が出来るスタッフは多いですが、それでも職種によっては殆ど英語を使用しない人もいます。

英語で社内メールが飛んでくる事もあるので、その英文メールの内容を理解するだけの英語力(殆どの場合がそんなに難しい内容ではない)は必要ですが、それでも「英語がペラペラ」という人はあまりいないような気がします。


つまりいくら外資系企業といえど、「英語が出来る人と出来ない人」の差は結構激しいんです。営業に携わるスタッフ、管理職のスタッフは勿論英語も流暢です。

しかし、同僚(外国人のスタッフ)と最低限のコミュニケーションが英語で取れればOKという部署もありますからね。(実際に私は社内のIT管理スタッフでこういったような部署でした^^)


それではこのページでは、私が考える「ビジネス英語を勉強する前に知っておくべき事TOP3」について紹介していきたいと思います。


ビジネス英語を勉強する前に知っておくべき知識
ビジネス英語を勉強する前に知っておくべき知識





1. 外国(海外) ビジネスマナー・ビジネスカルチャーについての理解を深める事が大切



まず、日本人のビジネスパーソンが外国人のビジネスパーソンとビジネスコミュニケーションを行う上で大切だと思うのが、「各国のビジネスマナー」、「ビジネスカルチャー」を理解する事だと思います。

実は多くの場合、このビジネスマナーやカルチャーに関して疎かにされている方が多いと思います。個人的にはビジネス英語を学ぶ際に一緒に身につけておくべき必須の知識、常識だと思っています。


また外国企業とビジネスを行う上でこの部分はとても重要になると思っています。コミュニケーションがスムーズであれば、お互いの印象も良くなりますし、ビジネスも円滑に進みます。

また同僚が外国人の場合で社内でビジネス英語を使う場合、相手を理解しあう事が出来るのでお互いをリスペクトする事が出来るようになると思っています。


外国のビジネスマナーや、ビジネスカルチャーといっても国によって様々ですが、この場合は「自分の会社で取引のある国のビジネスカルチャー・ビジネスマナー」という事になると思います。



英語圏の国であれば、アメリカ、イギリス、オーストラリア等のビジネスカルチャー、そして日本の企業が最も多く付き合うであろうアジア諸国のビジネスマナーは最低限知っておく必要があると思っています。

外国企業とビジネスを前提にしたコミュニケーションを取る場合、その国のビジネスカルチャーや英語の丁寧な言葉遣いについて知っておくべきです。そして同じ英語圏の国であっても、国毎にそのビジネスカルチャーやビジネスマナー異なっています。




2. ビジネスのシーン使えるような丁寧な表現を覚えて繰り返し使って自分の表現にしていく



日本人のビジネスパーソンがビジネスで英語を使う機会は、殆どの場合が「英文メール」を書く場合。つまり「ライティング」がメインになると思います。そして外国人とリアルタイムで英会話しながら仕事をする方って意外と少ないと思います。


またビジネスで英話を使う場合、限られたシーンで使う事が多いと思うので、「自分専用のフレーズ集」、「良く使うビジネス英文メールのテンプレート」等を作りためておくと仕事とても役に立ちます。

よく、「ビジネス英語のライティング教材」、「すぐに使えるビジネス英文メールのテンプレート集」のような本もありますが、多くの場合、自分のシチュエーションに合わない場合が多く、正直かなり編集をしながら使わないと使えないような例文が多いです。


ですから、普段からよく使うようなビジネス英語の表現やボキャブラリー、イディオムなどは「自分専用のビジネス英語集」のようなものを作っておくと繰り返し使う事も多いので、次第に自然と身について使えるようになってくるはずです。




3. ビジネス英語をマスターする為にはビジネスシーンでよく使われるようなフレーズ、ボキャブラリー、イディオムを覚える事が大切



実はTOEIC試験を受けようと思っている方は、ビジネス英語に関する勉強をしておくとTOEICのスコアアップにつながる事も多いです。

元々TOEIC試験はグローバルビジネスでの英語運用力をテストする試験なので、ビジネス英語に関するボキャブラリーやイディオムは多く出題されます。


ですから、ビジネス英語の勉強をする事によって自然にTOEIC試験対策にもつながってきます。そして、今まで学生時代に行ってきた英語学習だけでは、「ビジネス英語に関する知識」はカバー出来ません。

ビジネス英語にはビジネスシーンで使われるような特殊な言い回しや表現も多いので「新たな英語の知識」として勉強する必要があります。


そしてビジネス英語のボキャブラリーを多く知っておくと、TOEIC試験のスコアが上がりやすいという傾向があります。またある程度、基礎的な英語の知識(英文法、単語、フレーズなど)があれば、後はビジネス英語特有のボキャブラリーや表現を勉強するだけでビジネスの現場でも通用する英語を運用出来ると思います。




  管理人イチオシの英話教材・eラーニング紹介  


   ネイティブイングリッシュ(Native English)

ネイティブイングリッシュは主に”スピーキングとリスニングを上達させる”という点が学習の肝になっています。その為、学習スタイルとしては主に「音声が主体」の教材になっています。

そして、この教材の為だけに独自に開発された「2段階のスピード音声」のシステムを使って英語学習をしていきます。

また、私が英語学習をする際に最も大切と考えている「英語の例文」もたっぷり収録されています。そして、シチュエーション別の実際の会話を通して英語を学んでいくので、とにかく頭に入りやすいです。

つまり、よくある教科書的なつまらない内容ではなく、実用的な表現やフレーズを学ぶ事が出来る教材です。これはスピーキング力を上達させる為には非常に重要なやり方です。

ネイティブイングリッシュ



   ネイティブイングリッシュ(Native English)を使ってみた感想をレビュー





   Prime English(プライムイングリッシュ)

Prime English(プライムイングリッシュ)を第二位に選んだ理由としては、この教材には全て「スキット」が入っていて、それらを使って「ネイティブの自然な英会話が学べる」という事に着目している点です。

日本で発売されている数多くの英語教材はスキットやダイアログが全く入っていないか、入っていても数が極端に少ない事が多いです。そしてこれは英語教材としては致命的な欠陥です。

何故なら文脈なしの例文だけで英語を学んでも殆ど意味はないからです。その理由としては「これはどんなシーンで使う表現なのか?」という事がわからずに学んでしまって、実際に自分の口で使えない表現を覚えてしまいます。

その点、プライムイングリッシュはそういったことにならないようにするための工夫が教材に施されています。これは、英語教材としてとても評価すべきポイントです。また「文法ポイントやボキャブラリー」も解説されていますので、理解度も深くなるはずです。

私の周りの英語が上手な人は、皆口を揃えて「スキットで英語を勉強する事は大切」といっています。スキットで英語を勉強していけば英語ネイティブが日常的に使う表現やフレーズを自然と吸収する事が出来ます。





   Prime English(プライムイングリッシュを使ってみた感想をレビュー




   スーパーエルマー

よくあるテスト対策でTOEICのハイスコアを狙うのではなく、使える英語の知識をインプットして「英語脳」を作ることで英語力の底上げを図りTOEICスコアを上げていくというタイプの教材です。 英話を実用的な目的としてを学びたい人にはおススメできます。

また、リスニングと一緒にリーディングのスキルもレベルアップ出来る点が良い教材です。若干金額は高いものの、この教材を通して学べる英語脳の作り方、学習方法は一生使える学習スキルです。実践的な英語スキルを目指している方にはおススメです。



>>「スーパーエルマー」公式サイト<<

   スーパーエルマーの効果、感想、口コミや評判を確認してみた結果






Share this post