英語のリーディング力を上達させたいなら興味があるテーマを使って精読を心掛けながらリーディングする事が大切


リーディング力をアップさせる為の英語学習法:リーディング力を上達させるなら興味のあるテーマで精読を心掛る事がカギ



よく英語のリーディングを上達させる為には「多読」が効果的といわれています。確かに多くの英語表現をインプットする為には、数多くの色々な種類、スタイルの文章を読み「文章のパターン」を覚える必要があると思いますので、確かに多読をする事によって得られる知識は大きいと思います。


しかし、いくら多読が効果的な学習方法といっても、細かいニュアンスは気にせずにどんどん文章を読み進めていくという方法は、正直あまり効果がないのではないかと思っています。(このような方法はリスニング学習で言うところの聞き流しに近いのかもしれません)


私の個人的な考えでは、リーディング学習をする際には多読ではなく「精読」が大切だと思っています。

精読とは、文章中に出てくる知らない単語や表現、文法等を辞書で調べながら、正確に英文を読んで理解していくという作業です。英語教育の専門用語としては、英文解釈とも言われます。


また、英文をリーディングする際に、「文章をパーツ毎に分けて読むようにする」と比較的読みやすいと思います。そして、英語と日本語は語順が違うので、文章の構造を考えながら読む事が大切になってくると思います。

リーディング中に文章をパーツ毎にわける事が出来れば、各パーツが何処の部分を説明しているのか等の文章構造がもっと分かりやすくなります。そうする事によって、確実に読むスピードも上がります。


そして、言語学習の原理原則として、「良いアウトプット(スピーキングやライティング)をするには、質の良い知識のインプットをする必要がある」というルールがあるので、リーディングで英語の知識をインプットする際には、必ずネイティブがチェックした英文や英語ネイティブ向けに作られたメディア(新聞や小説等)っを使ってリーディングする事が大切だと思います。


個人的には日本人の英語学習者向けに作れらたリーディング教材よりも、英語圏のメディアを学習教材として利用した方が質の良いインプットが出来ると思っています。この方法でリーディングする事によって、ネイディブが使う自然な表現を吸収する事が出来ます。


勿論、英語学習者向けのリーディング教材を使ってリーディング学習をしても効果はあると思います。(ですが、必ず英語ネイティブが監修した物、英語ネイティブが文章チェックした物を用意して下さい)

しかし私もそうでしたが^^、英語学習者向けに作られたリーディング教材は退屈なテーマの文章が多いです。あまりにも退屈な文章だと次第に読む気をなくなり結果的に学習モチベーションを下げかねません。


ですから、私はリーディング学習をする際には、出来るだけ自分にとって興味のあるテーマや記事を使ってリーディング学習を行っていきました。


そして、リーディング学習する際に合わせて行いたいのが、「文章を声に出して読む事」=「音読する」という事です。面倒な作業ですが、これをやると記憶に残りやすいです。

音読することによって、英語のリズムも一緒に覚える事が出来るので、リーディング学習をする際は必ず音読も行うようにしましょう^^


リーディング力を上達させる為の勉強法:精読がカギになる
リーディング力を上達させる為の勉強法:精読がカギになる


参考ページ:



私のお勧めするリーディング学習する際のメディア選び:シンプル英語版小説「Graded Readers」を使ったリーディング学習法



私がリーディング学習をはじめたばかりによく利用していたのが、「英語学習者向け英語小説「Graded Readers」(ペンギンリーダーズ)等です。Graded Readersは、文章に使用するしている主な英単語を制限して、英語学習者が辞書無しでも読めるようにした英語小説です。


日本語で小説を読む事が好きな人であれば、初心者向けのシンプルな表現で書かれているGraded Readersの小説はお勧め出来ます。今現在は、数多くのクラシック小説にGraded Readers版があります。


小説のテーマも幅広く、ラブストーリーや探偵小説、ミステリー小説など様々な種類の作品が出版されています。各英語のレベルに合わせた作品が販売されていますので、今の自分の英語のレベルに合わせて学習教材を選んでみてください。


英語を独学で勉強している方は、とにかく学習のモチベーションを維持する事が重要なので、気分の乗らない時やスピーキングの練習やライティングの学習が出来ない時であっても、小説を使ってリーディングの学習が出来れば、様々な語彙、単語、ネイティブが使うイディオムやフレーズを吸収できると思います。





  管理人イチオシの英話教材・eラーニング紹介  


   ネイティブイングリッシュ(Native English)

ネイティブイングリッシュは主に”スピーキングとリスニングを上達させる”という点が学習の肝になっています。その為、学習スタイルとしては主に「音声が主体」の教材になっています。

そして、この教材の為だけに独自に開発された「2段階のスピード音声」のシステムを使って英語学習をしていきます。

また、私が英語学習をする際に最も大切と考えている「英語の例文」もたっぷり収録されています。そして、シチュエーション別の実際の会話を通して英語を学んでいくので、とにかく頭に入りやすいです。

つまり、よくある教科書的なつまらない内容ではなく、実用的な表現やフレーズを学ぶ事が出来る教材です。これはスピーキング力を上達させる為には非常に重要なやり方です。

ネイティブイングリッシュ



   ネイティブイングリッシュ(Native English)を使ってみた感想をレビュー





   Prime English(プライムイングリッシュ)

Prime English(プライムイングリッシュ)を第二位に選んだ理由としては、この教材には全て「スキット」が入っていて、それらを使って「ネイティブの自然な英会話が学べる」という事に着目している点です。

日本で発売されている数多くの英語教材はスキットやダイアログが全く入っていないか、入っていても数が極端に少ない事が多いです。そしてこれは英語教材としては致命的な欠陥です。

何故なら文脈なしの例文だけで英語を学んでも殆ど意味はないからです。その理由としては「これはどんなシーンで使う表現なのか?」という事がわからずに学んでしまって、実際に自分の口で使えない表現を覚えてしまいます。

その点、プライムイングリッシュはそういったことにならないようにするための工夫が教材に施されています。これは、英語教材としてとても評価すべきポイントです。また「文法ポイントやボキャブラリー」も解説されていますので、理解度も深くなるはずです。

私の周りの英語が上手な人は、皆口を揃えて「スキットで英語を勉強する事は大切」といっています。スキットで英語を勉強していけば英語ネイティブが日常的に使う表現やフレーズを自然と吸収する事が出来ます。





   Prime English(プライムイングリッシュを使ってみた感想をレビュー




   スーパーエルマー

よくあるテスト対策でTOEICのハイスコアを狙うのではなく、使える英語の知識をインプットして「英語脳」を作ることで英語力の底上げを図りTOEICスコアを上げていくというタイプの教材です。 英話を実用的な目的としてを学びたい人にはおススメできます。

また、リスニングと一緒にリーディングのスキルもレベルアップ出来る点が良い教材です。若干金額は高いものの、この教材を通して学べる英語脳の作り方、学習方法は一生使える学習スキルです。実践的な英語スキルを目指している方にはおススメです。



>>「スーパーエルマー」公式サイト<<

   スーパーエルマーの効果、感想、口コミや評判を確認してみた結果






Share this post