英語の「瞬発力」とは? 英会話の瞬発力の高め方を紹介!


英会話において重要な「英語の瞬発力を高める方法」を紹介します!



今回の記事では、最近英会話業界でよく聞く「英語の瞬発力」という流行語について話してみたいと思います。

最近、多くの英語学習者は「英語の瞬発力」に注目しています。その事から「英語の瞬発力を高めたい!」という需要が増えています。

確かに英会話において「とっさに英語を口から出す」=「瞬発力」というスキルはとても重要です。

そこで、今回は「英語の瞬発力」についてや、その重要性、瞬発力の高め方について紹介したいと思います。


英語の「瞬発力」とは? 英会話の瞬発力の高め方を紹介!
英語の「瞬発力」とは? 英会話の瞬発力の高め方を紹介!


こちらの記事もお勧め:




英語の瞬発力とは?



「瞬発力」とは、英会話においてどんな事を指しているかというと「自分が英会話のやり取りでどのくらい素早く反応できるか?」という意味になります。

例えば、外国人が英語であなたに質問する場合には、あなたが「どのくらいの早さで上手に答える事が出来るのか?」という意味になります。自分の反応が早ければ早いほど「瞬発力」が高いといえます。

英語の初心者の瞬発力はゼロに近いですね。何故なら、相手の質問やコメントに素早く反応するには、色々なスキルが必要です。そして、先ずは「相手が言っている事を聞き取れる」という事が前提です。

次の問題は、それが聞き取れても意味を理解する事が出来なければなりません。そして、最後のステップは「自分の頭の中でその答えを考えて相手に通じる英語にする」という事が必要です。

以上の三つ、四つのステップを完璧にしなければ「瞬発力」が上がりません。




英語の瞬発力は本当に必要なのでしょうか?



自分がどういったように英語を使いたいのかにもよりますが、英会話を出来るようになりたいなら、英語の瞬発力はとても必要だと思います。

逆に「英語の読み書きだけでいい」と思っている方なら、英語の瞬発力はあまり必要ないと思います。

何故なら、英語を書く際にはゆっくり文章を考えたり、単語を調べたりする事が出来ますので、当然の事ながら反応のスピードは必要ありません。

しかし、会話中に反応のスピードが遅いと会話の流れが悪くなります。そして、会話相手も「この人はあまり英語が出来なさそう、通じなさそう」と、途中で会話を諦める可能生は高いと思います。

ですから、英会話をしっかりと出来るようになるためには、瞬発力はとても重要だと思います。



英語の瞬発力の高め方



この記事の冒頭でも少し触れましたが、相手の言った事に反応するためには様々なステップがあります。


  1. 相手の話を聞き取れる
  2. 相手の話の内容を理解する
  3. (文法的に)正しい答え方を考える事
  4. その質問の返事が通じるように英語で言う事


先ずは、自分の「英語の聞き取り力が弱い」と思っているなら、そのスキルを先にレベルアップさせた方が良いと思います。

以前のこのサイトの別の記事で「聞き取り力の高め方(リスニング力の高め方)」について話した事がありますが、結局は「リスニングの練習を繰り返し行う」という学習方法が最も効果が高いです。

参考:「あなたが英語を聞き取れない5つの理由と原因を徹底分析!


そして、話の内容を理解する為には、ボキャブラリーと文法の知識が必要になります。私の意見としては、中学校レベルの文法と知識さえあれば、殆どの英語は分かるはずです。

ですから、リスニング力を高めて、理解力をアップさせる為には中学校レベルの英語文法の理解を深める練習した方が良いと思います。

ステップ3と4が出来るようになるためには「アウトプットトレーニング」が必要になります。アウトプットとは、簡単に言うと「英語のスピーキングとライティング」を指しています。

つまり、自分の知識を使って新しい文章を作って言う(または書く)事ですね。言い換えると「英作文する能力」という事になります。これは日本人の英語学習者が最も苦手としているスキルですね。

以前に書いた記事で「アウトプットの練習方法」を紹介しましたので興味があればその記事をご覧ください。

参考記事:「英語のアウトプット力を高める勉強法とお勧めの教材を紹介



アウトプット力は練習あるのみです! 繰り返し練習する事によって上達させる事が出来るスキルです。勉強して覚えるというよりも「スポーツのように繰り返しやりながら身につける」といったスキルです。

しかし、どうやって練習するば良いのかという問題にぶつかる人も多いと思います。そこで、当サイトで以前に紹介記事の中でも練習方法を紹介しましたが、まとめると下記のメソッドはお勧めです:


  1. オンライン英会話
  2. オンライン添削サービス(書くアウトプット)
  3. 教材でアウトプットを練習する事


アウトプットのトレーニングを練習出来る英語教材は日本ではまだまだ少ないですが、私は最近「English Reboot(イングリッシュリブート)」という教材を試してみました。


参考:「イングリッシュ・リブート(English Reboot)を利用した際の感想・体験談をレビューしました!


この教材では、中学校レベルのセンテンスパターンを学習した後に「アウトプットの練習」というセクションがあります。

これは「教材の音声を聞いた後に質問に対して反応する」というようなスタイルの練習なので、これは英語瞬発力を高める事が出来る教材だと思います。

それでは、皆さんも英語の瞬発力を上げる練習をしてみましょう! 私も頑張ります^^ 





English Rebootの公式サイトで詳細を確認






  管理人イチオシの英話教材・eラーニング紹介  


   ネイティブイングリッシュ(Native English)

ネイティブイングリッシュは主に”スピーキングとリスニングを上達させる”という点が学習の肝になっています。その為、学習スタイルとしては主に「音声が主体」の教材になっています。

そして、この教材の為だけに独自に開発された「2段階のスピード音声」のシステムを使って英語学習をしていきます。

また、私が英語学習をする際に最も大切と考えている「英語の例文」もたっぷり収録されています。そして、シチュエーション別の実際の会話を通して英語を学んでいくので、とにかく頭に入りやすいです。

つまり、よくある教科書的なつまらない内容ではなく、実用的な表現やフレーズを学ぶ事が出来る教材です。これはスピーキング力を上達させる為には非常に重要なやり方です。

ネイティブイングリッシュ



   ネイティブイングリッシュ(Native English)を使ってみた感想をレビュー





   Prime English(プライムイングリッシュ)

Prime English(プライムイングリッシュ)を第二位に選んだ理由としては、この教材には全て「スキット」が入っていて、それらを使って「ネイティブの自然な英会話が学べる」という事に着目している点です。

日本で発売されている数多くの英語教材はスキットやダイアログが全く入っていないか、入っていても数が極端に少ない事が多いです。そしてこれは英語教材としては致命的な欠陥です。

何故なら文脈なしの例文だけで英語を学んでも殆ど意味はないからです。その理由としては「これはどんなシーンで使う表現なのか?」という事がわからずに学んでしまって、実際に自分の口で使えない表現を覚えてしまいます。

その点、プライムイングリッシュはそういったことにならないようにするための工夫が教材に施されています。これは、英語教材としてとても評価すべきポイントです。また「文法ポイントやボキャブラリー」も解説されていますので、理解度も深くなるはずです。

私の周りの英語が上手な人は、皆口を揃えて「スキットで英語を勉強する事は大切」といっています。スキットで英語を勉強していけば英語ネイティブが日常的に使う表現やフレーズを自然と吸収する事が出来ます。





   Prime English(プライムイングリッシュを使ってみた感想をレビュー




   スーパーエルマー

よくあるテスト対策でTOEICのハイスコアを狙うのではなく、使える英語の知識をインプットして「英語脳」を作ることで英語力の底上げを図りTOEICスコアを上げていくというタイプの教材です。 英話を実用的な目的としてを学びたい人にはおススメできます。

また、リスニングと一緒にリーディングのスキルもレベルアップ出来る点が良い教材です。若干金額は高いものの、この教材を通して学べる英語脳の作り方、学習方法は一生使える学習スキルです。実践的な英語スキルを目指している方にはおススメです。



>>「スーパーエルマー」公式サイト<<

   スーパーエルマーの効果、感想、口コミや評判を確認してみた結果






Share this post