パターンプラクティスを使った英語学習法:パターンプラクティスの効果はあるのか?


圧倒的にスピーキング力が上達するパターンプラクティスを使った英語学習法について



実は今回紹介する「パターンプラクティス」という英語学習法は、私が英語を勉強していて一番初めに効果を感じた学習方法だったと記憶しています。

特に英会話をする上で最も重要な「英作文力」を養うトレーニングとしは、最も効果的だと感じています。そしてこれは、私の周りの多くの英語学習者達もよく言う意見です。

そして、パターンプラクティスは日本人の英語学習者が最も苦手としている、英作文力、英語の表現力を鍛える事が出来る優れた学習法です。

パターンプラクティスという学習法の歴史は古く、1959年頃から行われている英語学習法です。実際にやってみると分かりますが、頭をフル回転させて英語を使う学習方法なので、やっぱり多くの学習者にとって良い学習効果をもたらしているようです。

パターンプラクティスの学習方法はとてもシンプルです。基本的にはパターンプラクティスというその名の通りに文章の文法ルールを「パターンを組み替えて新しく文章を作り変える」という方法が学習していきます。


パターンプラクティスを使った英語学習法:パターンプラクティスの効果はあるのか?
パターンプラクティスを使った英語学習法:パターンプラクティスの効果はあるのか?


参考記事:



パターンプラクティスのやり方



例えば、一つの文を例に紹介すると、「I play baseball.」(私は野球をします)という文がありますよね。それを以下のように変化させていきます。

  • He plays baseball.
  • He is playing baseball everyday.
  • He played baseball 2years ago.


といった具合に、基本の文のパターンをどんどん変えて勉強する方法です。

そして文章の主語を変えてみたり、動詞を過去形にして文章を作り変えたり、それ以外には時制を変化させた言い方、受動態に変えて文章を作ってみたりする事も行います。以上のように様々なパターンの文章を作っていきます。


基本となる文章を様々な形(パターン)に変化させる事によって色々な言い方を学ぶ事が出来ます。これは実際に英会話をする上でとても役に立つスキルです。

そして英語の文章を声に出す事によって、変に文法を意識せずに英語を話すことになるので文法嫌いの方にも効果的なトレーニングになります。


こうやって1つの文を様々な形に変えることによって色々な言い方が出来るという事を頭に叩き込む事が出来るので、実に理にかなった勉強法です。

実際に自分の頭で考えた結果を口にするので、スピーキングの練習にはとても効果が高い学習法です。


最近の流行でいうと、オンライン英会話スクールで流行しているカリキュラム「カランメソッド」とほぼ同様の効果があると思います。

勿論、はじめは上手に言えない事もあると思いますが、繰り返し練習していくうちに要領もつかめてくると思いますので、簡単な文章であればスムーズに答える事が出来るようになると思います。


カランメソッドはじめ、このパターンプラクティスが上手に出来るようになると、スピーキング力がかなり上達します。

おそらく自分で実感出来るようなレベルにまで上達する可能性は高いと思います。(勿論、学習度合いにもよりますので個人差もあります)


そして、パターンプラクティスを続けていく事によって、英語の発音や文法力、ボキャブラリーを自然と身につける事も出来ます。私もはじめてパターンプラクティスに挑戦した時は全く出来ませんでした。


出来なったというよりは、口から思ったような表現を出す事が出来ませんでした。英語での言い方は何と書くわかるものの、「英作文力が不足していた事や他の違った言い方を表現する力」がなかった為にパターンプラクティスの練習中に何度もつっかえてしまう事が多かったです。


しかし、数週間も続けていくうちに、何となくコツのようなものが自分の中にできはじめました。私の場合は英会話スクールの講師に手伝ってもらってパターンプラクティスの練習を行ったのですが、これは会話をする上でとても役に立ちました。



パターンプラクティスはパートナーがいるとより効果的



パターンプラクティスは一人でも行う事が出来ますが、はじめのうちは一人でも問題ないと思いますが、学習自体単調になりがちです。

ですから、ある程度一人で学習した後はパートナーを迎えて二人以上でおこなった方がより効果的だと思います。

私の場合は、当時通っていた英会話スクールの講師にパートナー役をお願いしてパターンプラクティスを行いましたが、やっぱり一人でやった時よりも様々なパターンを作ってくれるので非常に効果的なレッスンになりました^^。


もし英会話スクールに行かずに一人でパターンプラクティスを行いたいのであれば、市販の英語教材を使って行う方法もおススメです。

有名教材としてはちょっと高価なのであれですが、有名どころでは、「ロゼッタストーン」等でもパターンプラクティスの学習をする事が出来ます。


しかし、ロゼッタストーンは非常に高価な教材なので、正直中々手が出るような教材ではありませんね・・。そこで私がおススメしたいのはこのような教材です。

「ポンポン話すための瞬間英作文 パターン・プラクティス」。この教材は安価な値段でパターンプラクティスを勉強する事が出来る教材です。


パターンプラクティスの学習は数をこなせばこなしただけ、スピーキング力が上達していきます。これは間違いないと思います。

英会話中の質問にも反射的に答えられるようになってくるので、練習中には出来るだけ答えるスピードを上げていくとさらに効果を高める事が出来るようになります。


私の体感的な感じですが、パターンプラクティスは定期的に続けていけば必ずスピーキング力の上達につながっていく学習法だと思います。


参考:「パターンプラクティス学習法ならYouCanSpeak (ユーキャンスピーク)を使った学習法も効果あります





  管理人イチオシの英話教材・eラーニング紹介  


   ネイティブイングリッシュ(Native English)

ネイティブイングリッシュは主に”スピーキングとリスニングを上達させる”という点が学習の肝になっています。その為、学習スタイルとしては主に「音声が主体」の教材になっています。

そして、この教材の為だけに独自に開発された「2段階のスピード音声」のシステムを使って英語学習をしていきます。

また、私が英語学習をする際に最も大切と考えている「英語の例文」もたっぷり収録されています。そして、シチュエーション別の実際の会話を通して英語を学んでいくので、とにかく頭に入りやすいです。

つまり、よくある教科書的なつまらない内容ではなく、実用的な表現やフレーズを学ぶ事が出来る教材です。これはスピーキング力を上達させる為には非常に重要なやり方です。

ネイティブイングリッシュ



   ネイティブイングリッシュ(Native English)を使ってみた感想をレビュー





   Prime English(プライムイングリッシュ)

Prime English(プライムイングリッシュ)を第二位に選んだ理由としては、この教材には全て「スキット」が入っていて、それらを使って「ネイティブの自然な英会話が学べる」という事に着目している点です。

日本で発売されている数多くの英語教材はスキットやダイアログが全く入っていないか、入っていても数が極端に少ない事が多いです。そしてこれは英語教材としては致命的な欠陥です。

何故なら文脈なしの例文だけで英語を学んでも殆ど意味はないからです。その理由としては「これはどんなシーンで使う表現なのか?」という事がわからずに学んでしまって、実際に自分の口で使えない表現を覚えてしまいます。

その点、プライムイングリッシュはそういったことにならないようにするための工夫が教材に施されています。これは、英語教材としてとても評価すべきポイントです。また「文法ポイントやボキャブラリー」も解説されていますので、理解度も深くなるはずです。

私の周りの英語が上手な人は、皆口を揃えて「スキットで英語を勉強する事は大切」といっています。スキットで英語を勉強していけば英語ネイティブが日常的に使う表現やフレーズを自然と吸収する事が出来ます。





   Prime English(プライムイングリッシュを使ってみた感想をレビュー




   スーパーエルマー

よくあるテスト対策でTOEICのハイスコアを狙うのではなく、使える英語の知識をインプットして「英語脳」を作ることで英語力の底上げを図りTOEICスコアを上げていくというタイプの教材です。 英話を実用的な目的としてを学びたい人にはおススメできます。

また、リスニングと一緒にリーディングのスキルもレベルアップ出来る点が良い教材です。若干金額は高いものの、この教材を通して学べる英語脳の作り方、学習方法は一生使える学習スキルです。実践的な英語スキルを目指している方にはおススメです。



>>「スーパーエルマー」公式サイト<<

   スーパーエルマーの効果、感想、口コミや評判を確認してみた結果






Share this post