外国人(ネイティブスピーカー)と英語の会話が続かない・話題が出てこない時の対処法


ネイティブスピーカーや外国人と英語の会話が続かない理由とその時の対処法について



これは私も十分に自分で実感している事ですが、英会話(スピーキング力)は実践の会話を通してのみ成長出来るスキルです。


そしてスポーツの練習のように定期的に練習していかなければ錆付いてしまうスキルでもあります。ですから、英語のスピーキングが上手になりたいのであれば、とにかく出来るだけネイティブ(外国人)と英語で会話をする練習が必要があります。


そして多くのネイティブの会話から使える表現やフレーズを吸収して、自分の中に使える英語のチャンク(表現・言い回し等)を溜め込みます。


市販の英語教材やフレーズ集を使って学習する事も有効的な手段かもしれませんが、やはりネイティブとの会話から受けられる恩恵は大きいです。吸収出来る知識は生の活きたフレーズなので、自分のものに出来ればより実践的な英語の知識が学べます。



しかし、こういった恩恵を受ける為にはある程度の時間ネイティブと会話を続ける必要があります。ほんの数分話しただけでは中身のある会話は出来ません。

時間が短いと当然のように当たり障りのないスモールトークでのみ使える定型フレーズしか学べるようになりません。私の個人的な意見では最低でも30分以上は会話を行う必要があります。


ですから、このサイトでもしつこいくらい言っているように(笑)・・・。英語のスピーキング力をアップさせるにはある程度の時間を英会話(スピーキング)の練習に投下する必要があります。


それが英会話上達の唯一の近道であり、英語を上達させる唯一の方法だと思っています^^


外国人と英語の会話が続かない理由と対処法
外国人と英語の会話が続かない理由と対処法


おススメ記事:




ネイティブと英語の会話が続かない理由・話題につまってしまう理由



お互いに共通の話題がない状態で30分英語で話す事って確かに難しい事です。かりに言葉が通じる日本人同士でも長く感じる時間かもしれません。

また、ある程度の英語の知識があるのに英話の会話につまってしまう人の特徴として、いくつかの理由があります。以下にその理由とよくあるパターンをまとめてみたいと思います。



1.元々会話が苦手なタイプの人、人見知りの人


英会話を学んでいる人にこういったタイプの人は意外と多いと思います。そして実は私も意外に人見知りの気があります(笑)。

しかしそんな私でもある程度の英語が出来るのようになったので、これから紹介するあるポイントを押させて練習していけば克服できると思っています。



2.何を話そうか悩んでしまって口ごもってしまうタイプの人


これも上のパターンと同じ事だと思いますが、会話の途中で話しにつまってしまうケースです。一つのテーマが終わってしまうとその後に続く会話が全く出来なくなってしまうというパターンです。


これは決定的な会話のネタ不足から起きてしまうパターンだと思います。基本的に会話が苦手な方はこのケースが多いですよね。


3.外国人を目の前にすると極度に緊張してしまう。英語を口からだそうと思うと緊張してしまうというタイプの人

このタイプの方も意外といるのではないかと思います。実は私もアメリカに住む前は外国人と会話したことなんで数えるくらいで、日本で英語で会話したことなんてありませんでした(笑)。

ですから、私もその昔、外国人を目の前にすると緊張しましたし、英語に対して、外国人に対して妙なコンプレックスがあったのかもしれません(笑)。現在はこんな事は全くありません。そしてこういった問題はある程度の場数を踏んでいけば自然と解消されていきます^^




英語での会話を続かせる為の対処法と話題作り



これは英語での会話に限らず、日本人を相手にした会話でも同じ事が言えると思いますが、まずは自分と気が合いそうな話安い相手を会話相手に選ぶ事が大切です。

特に英会話初心者のうちは、相手から積極的に会話を振ってきてくれるようなタイプの人が良いでしょう。そういった事を考える、英会話する相手はとにかく相性が大切です。


これはオンライン英会話スクールでのレッスンで講師選びをする際にも大切なポイントです。初心者のときは時に英語の知識も乏しいので、話したい事があっても自分の言いたい事が口から出てこない事も多いですからね。そういった空気を相手が感じとってくれるような相手が理想です。(意外と難しい事ですが・・)


次に大切な事が「お互いに共通の話題、共通の趣味」がある人を会話相手に選ぶ事が大切です。これは以前の記事でも書きましたが、多趣味の方は英語が上手になる可能性は高いです。

参考記事:



自分の好きな事を他人とシェアー出来るという事はそのテーマを使って英語で会話出来るわけですから、会話に詰まってしまうという可能性は少ないです。


特に海外でもメジャーな趣味、特にスポーツ(サッカーや野球)が好きだったり、ちょっとオタクの漫画やフィギュアなども外国人との会話を面白いものにさせる事が出来ると思います。また、海外の音楽や映画に詳しい方も会話内容に困らないと思います^^


つまり他人に語れるような自分の趣味や好きな事ががあれば、英会話の際に会話につまる事もないと思います。それらの内容を英語で話せばいいだけですからね。


相手はその会話に興味があれば乗っかってきますし、興味がなくてもマナー的にある程度の会話はしてくれると思います。(特に英語圏のネイティブは^^)


まとめると、英語の会話で話につまってしまうという人は・・・


1. 自分に合いそうなタイプの人(相性が良い人)を会話相手に選ぶ事。
2. 自分から積極的に会話をスタートする事。会話のテーマを自分でコントロールする事。出来れば自分の好きなテーマで会話する事。
3. それが出来たら会話の主導権をリードしていく事


以上が外国人(ネイティブ)と英語で会話する際に大切なポイントだと思っています。





  管理人イチオシの英話教材・eラーニング紹介  


   ネイティブイングリッシュ(Native English)

ネイティブイングリッシュは主に”スピーキングとリスニングを上達させる”という点が学習の肝になっています。その為、学習スタイルとしては主に「音声が主体」の教材になっています。

そして、この教材の為だけに独自に開発された「2段階のスピード音声」のシステムを使って英語学習をしていきます。

また、私が英語学習をする際に最も大切と考えている「英語の例文」もたっぷり収録されています。そして、シチュエーション別の実際の会話を通して英語を学んでいくので、とにかく頭に入りやすいです。

つまり、よくある教科書的なつまらない内容ではなく、実用的な表現やフレーズを学ぶ事が出来る教材です。これはスピーキング力を上達させる為には非常に重要なやり方です。

ネイティブイングリッシュ



   ネイティブイングリッシュ(Native English)を使ってみた感想をレビュー





   Prime English(プライムイングリッシュ)

Prime English(プライムイングリッシュ)を第二位に選んだ理由としては、この教材には全て「スキット」が入っていて、それらを使って「ネイティブの自然な英会話が学べる」という事に着目している点です。

日本で発売されている数多くの英語教材はスキットやダイアログが全く入っていないか、入っていても数が極端に少ない事が多いです。そしてこれは英語教材としては致命的な欠陥です。

何故なら文脈なしの例文だけで英語を学んでも殆ど意味はないからです。その理由としては「これはどんなシーンで使う表現なのか?」という事がわからずに学んでしまって、実際に自分の口で使えない表現を覚えてしまいます。

その点、プライムイングリッシュはそういったことにならないようにするための工夫が教材に施されています。これは、英語教材としてとても評価すべきポイントです。また「文法ポイントやボキャブラリー」も解説されていますので、理解度も深くなるはずです。

私の周りの英語が上手な人は、皆口を揃えて「スキットで英語を勉強する事は大切」といっています。スキットで英語を勉強していけば英語ネイティブが日常的に使う表現やフレーズを自然と吸収する事が出来ます。





   Prime English(プライムイングリッシュを使ってみた感想をレビュー




   スーパーエルマー

よくあるテスト対策でTOEICのハイスコアを狙うのではなく、使える英語の知識をインプットして「英語脳」を作ることで英語力の底上げを図りTOEICスコアを上げていくというタイプの教材です。 英話を実用的な目的としてを学びたい人にはおススメできます。

また、リスニングと一緒にリーディングのスキルもレベルアップ出来る点が良い教材です。若干金額は高いものの、この教材を通して学べる英語脳の作り方、学習方法は一生使える学習スキルです。実践的な英語スキルを目指している方にはおススメです。



>>「スーパーエルマー」公式サイト<<

   スーパーエルマーの効果、感想、口コミや評判を確認してみた結果






Share this post