ネイティブっぽい言い方や表現なのかを気にするよりも英語はネイティブに通じればOKと思うようにする


自然な英語なのか?ネイティブっぽい言い方なのか等を気にするよりもネイティブに通じる事が大切



今回の記事は、英会話を勉強している人からよく聞く質問、疑問について私なりの意見を書いてみたいと思います。
どうしてこの事を今回の記事のテーマにしたかというと、実は私も英語の勉強、英会話の勉強をし始めたばかりの頃(正確に言うとアメリカに住みはじめる前かもしれまえん)に同じような事を思っていたからです。


その疑問とは、「この表現はネイティブっぽいのか?」、「この表現はネイティブ相手に使っても変な表現ではないのか?」等、こういったニュアンスに関する心配です。


確かに日本人がネイティブ相手に英語で話した場合、細かいニュアンス等は理解しきれていないので、時にはその英語表現がネイティブにとって「かなりダイレクトに聞こえる」といった事があるようです(これは友達のネイティブからよく聞きます)。

その事から、「こういった言い方をした場合ネイティブに誤解を受けないか?」等の心配をする人が多いようです。


つまり、自分の使っている英語表現は”間違った英語表現なのではないか?”という事も非常に敏感になっている人が多いという事なんだと思います。


もっというと、自分の使っている英語が、ネイティブも使っているナチュラルな表現なのか?という事になるんだと思いますが、私の意見としては「ネイティブに通じればニュアンスは差ほど気にする必要はない」と思っています。


英語はネイティブに通じればOKと思うようにする
英語はネイティブに通じればOKと思うようにする


おススメ記事:



日本国内に出回っている多くの英語教材のせいで日本人英語学習者は英語表現について神経質になっている



日本の大手書店にいけば、本当に数え切れないような多くの英語教材・英会話教材が溢れています。その中には、英語初心者の心理状態を逆手に取ったようなタイトルの本や教材も多いです。例えば、「こんな英語表現を使うとネイティブに嫌われる!」や、「日本人が間違って使っている変な英語」等。


英語学習初心者を不安にさせるような、所謂・・・”煽ったタイトルの教材”が目に付きます。そして英語学習初心者程、こういったキャッチーなタイトルにひっかかりやすいもの現状です。そういった事もあって、さらに英語初心者に積極的に英語を話させる機会を減らしてしまう結果になります。


英語は「本当に正しい英語ではないと話してはいけない!」といったようなマインドセットにつながってしまうんですね。(過去に私もそう思っていました・・・)


しかし、こういった考えは非常に悪循環です。英語勉強、特にコミュニケーションの為に使える英語を勉強しているのであれば、実際に英語を使って自分の言葉としてアウトプットしていく必要があるわけですから、こういったネガティブなマインドセットは非常に邪魔になってしまいます。


私もアメリカに住んでから、ネイティブ相手にある程度、英語を話せるようになってからは、英語表現のニュアンスやネイティブが使うナチュラルな英語表現をという事を気にする事は少なくなりました。現地に住んでいればネイティブと会話しなくてはならないシーンは多いので、”通じれば取りあえずは良い”という考えが優先されます。

そして、それよりももっと大切な事に気がつきました。それは、会話相手により多くの文脈を使って話す方が、自分の言いたい事・伝えた方が伝わり、より質の高いコミュニケーションがとれるようになる。そういった事に気がついてからは、表現のナチュラルさ、ネイティブさを気にする事もなくなりました。


参考記事:「英語が話せるようになるには定期的に英語をアウトプットする場が必要な理由



最初のうちはネイティブに通じさえすればナチュラルな英語表現も目指す必要はない・通じればOKと考える



それには実際にネイティブ相手に自分が考えた英語フレーズを試してみることです。会話でネイティブとコミュニケーションすると自分の英語が正しいものなのか、間違った表現なのか、すぐに分かります。

チャットやメール等でコミュニケーションした場合では、相手がどのような感じているのかわかりずらいですが、マンツーマンの会話だとレスポンスもリアルタイムなので、会話が通じているのか?通じていないのか?などはすぐにわかります。


そして相手がサービス精神豊富はネイティブであれば、あなたの英語表現を訂正して言い直してくれることだってあります。そうしてくれた場合は、その直してくれた表現を使って会話に使っていけば、自然とその正しい表現が身についてくると思います。


こういった繰り返しのコミュニケーションが最も英会話力=英語の表現力を上げる訓練になると個人的には思っています。
ネイティブ相手に会話をすると、英語教材では得られないような生の英語表現やネイティブがよく使うような表現に簡単に吸収出来ます。ですから、ネイティブ相手の英会話って非常に得るものが多いんですね^^


そういった事に気がつくようになったのは、やはり日本を離れてアメリカに住んで現地で英語を使う事になった事がきっかけになったんだと思います。完璧な英語を目指していたのでは、いつまで経っても私の英語力は成長しなかったんだと思います。

ある意味、アメリカにいってから吹っ切れたといった方が正しいのかもしれません(笑)^^


ですから、英語学習をはじめたばかりの皆さんもまずは、ネイティブ相手に自分が使いたい英語表現を使ってみる、そしてそのフィードバックから正しい言い方やよく使いそうな表現を勉強していくという流れを作ると、実用的で且つ、ナチュラルな英語表現が身に付くのではないかと思っています。




  管理人イチオシの英話教材・eラーニング紹介  


   ネイティブイングリッシュ(Native English)

ネイティブイングリッシュは主に”スピーキングとリスニングを上達させる”という点が学習の肝になっています。その為、学習スタイルとしては主に「音声が主体」の教材になっています。

そして、この教材の為だけに独自に開発された「2段階のスピード音声」のシステムを使って英語学習をしていきます。

また、私が英語学習をする際に最も大切と考えている「英語の例文」もたっぷり収録されています。そして、シチュエーション別の実際の会話を通して英語を学んでいくので、とにかく頭に入りやすいです。

つまり、よくある教科書的なつまらない内容ではなく、実用的な表現やフレーズを学ぶ事が出来る教材です。これはスピーキング力を上達させる為には非常に重要なやり方です。

ネイティブイングリッシュ



   ネイティブイングリッシュ(Native English)を使ってみた感想をレビュー





   Prime English(プライムイングリッシュ)

Prime English(プライムイングリッシュ)を第二位に選んだ理由としては、この教材には全て「スキット」が入っていて、それらを使って「ネイティブの自然な英会話が学べる」という事に着目している点です。

日本で発売されている数多くの英語教材はスキットやダイアログが全く入っていないか、入っていても数が極端に少ない事が多いです。そしてこれは英語教材としては致命的な欠陥です。

何故なら文脈なしの例文だけで英語を学んでも殆ど意味はないからです。その理由としては「これはどんなシーンで使う表現なのか?」という事がわからずに学んでしまって、実際に自分の口で使えない表現を覚えてしまいます。

その点、プライムイングリッシュはそういったことにならないようにするための工夫が教材に施されています。これは、英語教材としてとても評価すべきポイントです。また「文法ポイントやボキャブラリー」も解説されていますので、理解度も深くなるはずです。

私の周りの英語が上手な人は、皆口を揃えて「スキットで英語を勉強する事は大切」といっています。スキットで英語を勉強していけば英語ネイティブが日常的に使う表現やフレーズを自然と吸収する事が出来ます。





   Prime English(プライムイングリッシュを使ってみた感想をレビュー




   スーパーエルマー

よくあるテスト対策でTOEICのハイスコアを狙うのではなく、使える英語の知識をインプットして「英語脳」を作ることで英語力の底上げを図りTOEICスコアを上げていくというタイプの教材です。 英話を実用的な目的としてを学びたい人にはおススメできます。

また、リスニングと一緒にリーディングのスキルもレベルアップ出来る点が良い教材です。若干金額は高いものの、この教材を通して学べる英語脳の作り方、学習方法は一生使える学習スキルです。実践的な英語スキルを目指している方にはおススメです。



>>「スーパーエルマー」公式サイト<<

   スーパーエルマーの効果、感想、口コミや評判を確認してみた結果






Share this post