英語初心者が知るべき事:英語をマスターする為には時間が掛かる事を理解する事が本当のスタート!


英語(英会話)をマスターする為には多くの時間が掛かる事を理解する事が大切



過去の私も含めて多くの日本人が誤解している英語習得に関する神話の中に・・・「英語って簡単にマスター出来るんでしょう?」、「あまり時間をかけなくても英語をマスター出来る方法ってあるんでしょ?」、「聞き流すだけでも英語って話せるようになるんでしょう?」というものがありますよね。


そして上記にあげた内容は、私が今までに出会った色々な人から聞いた英語習得に関する意見なんです。しかし、彼らがこのような誤解をするのも無理はありません(偉そうにいっていますが、アメリカに行く前の私も彼らと同じような考えを持っていました・・・)

それもそのはず、日本の英語教育業界では、「聞くだけで英語がぺらぺらになる」、「わずか数ヶ月で英語がペラペラになる方法」、「ネイティブのいる英会話スクールに通えば英語が話せるようになる」等、ちょっとの努力で簡単に英語をマスター出来るというような安易なイメージを植えつけています。



しかし実際には、この事を理解しないと一向に英語を習得する事は出来ないと思います。それは、「英語をマスターする為には膨大な時間がかかる」、「定期的に英語に触れる時間を作る」これらの事を行わなければ、絶対に英語が出来るようにはなりません。

ですから、私のように30歳を過ぎた社会人が英語を習得する為には、このようなマインドセットを持ち英語学習に取り組む必要があると思います。


英語(英会話)をマスターする為には膨大な時間が掛かる事を理解する
英語(英会話)をマスターする為には膨大な時間が掛かる事を理解する




英語の習得には膨大な時間がかかるので殆どの人は挫折する



これは非常に残念な事ですが、英語の勉強をし始めたものの、いつの間にか学習をやめてしまう人、途中で挫折してしまう人は多いです。というか、殆どの人が英語を習得する前に挫折しているんだと思います。


日本人であれば誰もが一度は、「英語が話せたらな~」等と考えた事があるかもしれません。しかし、そうは思っても大抵の方は英語の勉強を習慣化させる前に挫折してしまいます。特に社会人であればまともな勉強時間を取る事も難しいですからね。そうとうの根気が必要です。


ここにこんなデーターがあります。世界的に有名なケンブリッジ英検(Cambridge English: Advanced (CAE))では、仕事や社会で自信を持って英語を駆使することができる英語力(C1)を習得するまでにおよそ「700~800時間を要する」と発表しています。(※英語圏では大学・大学院入学の際の英語力証明としても有効です)


これは私も経験済みなんですが、自分の英語力がどのくらいアップしたのか?という感覚は非常に気付きにくいです。特に最初の壁が非常に厚いです。


自分が「どのくらい英語を話せるようになっているのか?」など全くわかりませんし、「どの程度英語の知識がインプット出来ているのか?」さえも殆ど感覚的にはわかりませんでした。




英語力がアップしてきているという感覚を感じた時



しかしそんなフラストレーションを抱えながら、そのまま勉強し続けていると時々、「いつもよりフレーズが聞き取れるようになっているな~」、「会話内容が前よりも聞き取れるようになってきたな~」みたいな感覚がやってきました。


そしてその後は、ネイティブ相手に簡単な内容であれば英語で返答が出来るようになったし、そして何よりも相手の話しているか内容がどんどん分かるようになっていったんです。

そうですね~。私の感覚的には「会話中のおよそ60%くらい」は何となく意味がわかり聞き取れるようになったという感じです。ですから、ネイティブ相手でも何とかコミュニケーション出来るレベルという感じです。



英語をちゃんと勉強しはじめた当時の私(留学中)は、大体相手の会話が30%くらい(単語が少し聞こえるようなレベル)しか理解が出来ず、当初はまともなコミュニケーションも出来ずにいつも受身の状態でした。積極的なコミュニケーションが出来なかったので、当時はとても悔しい思いをしました。


私の場合は、このように相手の会話が60%くらいわかるようになるまで、3ヶ月程かかりました。つまり「英語耳が出来はじめた」といっていいかもしれません。

元々学生の頃からそんなに英語の勉強をしていなかったので、普通の方よりも単語や文法に関する知識がなかった事も原因になっていると思いますが、とにかくネイティブの話す会話がとても早く、いつも言葉が繋がって聞こえていたので、彼等の話す内容を聞き取る事は本当に苦労でした。


しかし、一度聞き取りに自信が出てくると、今度はネイティブ相手のコミュニケーションにも自信が出てきます。その後は、もう英話で会話する事がとても楽しかったですね^^


これは多くの英語学習者も言っている事ですが、英語は何の目的もなくただ闇雲に勉強しつづけていると、とにかく時間もモチベーションも無駄に消費していってしまいます。


ですから、英語を習得したいと思っている方は出来るだけ「何かをする為に英語をマスターする」、「◎◎で必要だから英語を勉強する」というようなマインドセット、目標が必要だと思います。



とにかく英語を習得する為には、「毎日必ず何らかの形で英語に触れるようにする」そういった努力が必須です。そして英語に触れる事が習慣化すれば、それを続けてさえいけば必ず英語力は伸びてくると思います。


伸びは遅いかもしれませんが、少しづつ確実に自分の知らない間に英語力が伸びていっています。多くの英語習得者に聞いてみても皆同じような意見を言うと思います^^




  管理人イチオシの英話教材・eラーニング紹介  


   ネイティブイングリッシュ(Native English)

ネイティブイングリッシュは主に”スピーキングとリスニングを上達させる”という点が学習の肝になっています。その為、学習スタイルとしては主に「音声が主体」の教材になっています。

そして、この教材の為だけに独自に開発された「2段階のスピード音声」のシステムを使って英語学習をしていきます。

また、私が英語学習をする際に最も大切と考えている「英語の例文」もたっぷり収録されています。そして、シチュエーション別の実際の会話を通して英語を学んでいくので、とにかく頭に入りやすいです。

つまり、よくある教科書的なつまらない内容ではなく、実用的な表現やフレーズを学ぶ事が出来る教材です。これはスピーキング力を上達させる為には非常に重要なやり方です。

ネイティブイングリッシュ



   ネイティブイングリッシュ(Native English)を使ってみた感想をレビュー





   Prime English(プライムイングリッシュ)

Prime English(プライムイングリッシュ)を第二位に選んだ理由としては、この教材には全て「スキット」が入っていて、それらを使って「ネイティブの自然な英会話が学べる」という事に着目している点です。

日本で発売されている数多くの英語教材はスキットやダイアログが全く入っていないか、入っていても数が極端に少ない事が多いです。そしてこれは英語教材としては致命的な欠陥です。

何故なら文脈なしの例文だけで英語を学んでも殆ど意味はないからです。その理由としては「これはどんなシーンで使う表現なのか?」という事がわからずに学んでしまって、実際に自分の口で使えない表現を覚えてしまいます。

その点、プライムイングリッシュはそういったことにならないようにするための工夫が教材に施されています。これは、英語教材としてとても評価すべきポイントです。また「文法ポイントやボキャブラリー」も解説されていますので、理解度も深くなるはずです。

私の周りの英語が上手な人は、皆口を揃えて「スキットで英語を勉強する事は大切」といっています。スキットで英語を勉強していけば英語ネイティブが日常的に使う表現やフレーズを自然と吸収する事が出来ます。





   Prime English(プライムイングリッシュを使ってみた感想をレビュー




   スーパーエルマー

よくあるテスト対策でTOEICのハイスコアを狙うのではなく、使える英語の知識をインプットして「英語脳」を作ることで英語力の底上げを図りTOEICスコアを上げていくというタイプの教材です。 英話を実用的な目的としてを学びたい人にはおススメできます。

また、リスニングと一緒にリーディングのスキルもレベルアップ出来る点が良い教材です。若干金額は高いものの、この教材を通して学べる英語脳の作り方、学習方法は一生使える学習スキルです。実践的な英語スキルを目指している方にはおススメです。



>>「スーパーエルマー」公式サイト<<

   スーパーエルマーの効果、感想、口コミや評判を確認してみた結果






Share this post