英語をマスターする為に海外に留学を考えているんですがどの国がおススメですか?


英語をマスターする為に海外に留学を考えているんですがおススメの国はありますか?



今回は英語を勉強している方であれば誰もが気になる!?であろう語学留学に関する話を書いてみたいと思います^^。そして私は過去にアメリカに住んでいた事があるので、留学したいと考えている人から、よくこういった質問をされる事があります。


「語学留学を考えているんだけど、どの国がいいんだろう」、「留学をするならどの国がおススメ?」などと言う質問をよくされます。

しかし一口に留学といっても、人によっては留学(海外に住む事)に求めるもの、留学後の結果、留学に求める価値が異なると思います。

一般的な方であれば、「留学する事によって英語が話せるようになる!」というのが最終的な目標だと思いますので、もっと噛み砕くと「英語を習得する為に適している留学先はどの国を選ぶべきなのか?」という質問になると思います。


英語を習得する為にお勧めの留学先
英語を習得する為にお勧めの留学先




英語初心者は英語を沢山話せる機会を作れる国を留学先として選ぶべき



以上のような視点で留学を考えると、私が住んでいた「アメリカ」や「イギリス」など、世界的な大都市がある国を留学先として選ぶよりは、日本人の少ないアイルランド等の国がおススメ出来ると思います。


アイルランド人は非常にフレンドリーな性格なので、留学生(外国人)に対しても非常に親切ですし、外国人のつたない英語でも一生懸命聞いてくれます。(これは田舎にいけばどの国も同じような傾向はありますが)


またイギリス同様にアイルランドはパブカルチャーが有名なので、こういった場所で友達も多く作れるでしょうし、ネイティブと何気ないきっかけからスモールトークをする事も出来ます。

留学先では、意外と現地のネイティブと英語を話す機会がないので、自分から積極的に英語を話す環境を作らなければなりません。


留学先の国としてアイルランドを選んだ場合
留学先の国としてアイルランドを選んだ場合




そういった事を考えると、国を選ぶ際は勿論、国の中でも都会のエリアよりも田舎のエリアに住みながら英語を勉強する方がよっぽど英語を使う機会が多いです。

よく、「留学に行けば自然と英語が話せるようになるなる」というイメージを持っている方は多いと思いますが、自分で積極的に英語を話す機会を作り、独学で勉強しなければたとえ語学留学した場合であっても英語を話せるようになりません。


私がアメリカに住んでいた当時、他の留学生にはこんな人達もいました。彼らは3~4年もアメリカに住んでいるにも関わらず、あまり英語が話せません。

そしてこういった人は意外と多いんです。彼等の多くは日本人コミュニティーの中で生活している為に英語を使う機会も少なく、アメリカに住みながら英語力を伸ばすという努力を怠っている人達です。


学校でも家でも、他の日本人の留学生とつるんでばかりいるので一向に英語を使う機会はありません。これでは英語を習得する為に留学したのに、日本にいる時の状況と差ほど変わりはありません。またこの状況は他の英語圏の国でも起きています。

こういった状況を考慮すると、日本人留学生が多い国を留学先として選ぶ事はあまり得策ではないような気がしています。日本人留学生にとってマイナーな国がおススメかもしれません。


勿論、留学の目的に英語以外のものを求めている方は、こういった事は考慮する必要はないのかもしれませんが、一般的な方が英語を勉強する為に語学留学するなら、日本人留学生にとって少しマイナーな国を選ぶ方が良いのではないかと思っています。




近年ブームになっているフィリピン語学留学という選択肢



日本人が英語をマスターする為に留学する国として一般的な国は、多くの場合、アメリカ、オーストラリア、イギリス、カナダ、ニュージーランドなどが多いと思いますが、今日のオンライン英会話ブームによって、フィリピン人が行う英会話が一般的になってきた事から、「フィリピンへ語学留学する」という選択肢も注目されてきています。


そして留学は「若いうちに行うもの」というイメージがありますが、実際にフィリピンに語学留学に行く方の場合、「30代」、もしくは「40代」という人もいます。実は私は過去にフィリピン人が講師の英会話スクールに通った事がありますが、彼等の英語力は非常に高いです。


そして正式に英語教師のライセンスを持っているフィリピン人講師もいますので、そういったスクールにレッスンは質も高いです。

スクールや個人によっても、講師の質は変わってきますが、「英語を話すパートナー」として考えるのであれば、フィリピン人が講師の英会話スクールに通う事はありだと思います。


また一般的にフィリピン語学留学にかかる費用は英語圏の国に留学に行く場合に比べて滞在費用、授業料が格安です。そして短期で行く人も多く、そういった日本人留学生向の短期語学留学プログラムも多いです。

こういったプログラムに参加すると毎日、英語漬けの日々を送れるので、英語初心者がはじめて行く留学先としてはおススメ出来るかもしれません。



以上の事をまとめると、コストパフォーマンス重視で単純に英語だけを学びたいと考えるのであれば「フィリピン留学」もありでしょう。


しかし、しっかりした綺麗な英語、英語圏の国のカルチャーを学びながら英語を覚えたいのであれば、オーソドックスな英語圏の国へ留学する方がいいでしょう。

そして英語圏のカルチャーを学びながら、沢山英語を使う機会を作りたいと考えているのであれば、「アイルランド留学先」もおススメです。

また国際的な大都市がある国であっても、田舎のエリアで留学すれば比較的日本人留学生も少ないので必然的に英語を使う機会も増えるでしょう。

このような視点で留学先の国を選んでみると様々なアングルから比較、検討できると思います^^




  管理人イチオシの英話教材・eラーニング紹介  


   ネイティブイングリッシュ(Native English)

ネイティブイングリッシュは主に”スピーキングとリスニングを上達させる”という点が学習の肝になっています。その為、学習スタイルとしては主に「音声が主体」の教材になっています。

そして、この教材の為だけに独自に開発された「2段階のスピード音声」のシステムを使って英語学習をしていきます。

また、私が英語学習をする際に最も大切と考えている「英語の例文」もたっぷり収録されています。そして、シチュエーション別の実際の会話を通して英語を学んでいくので、とにかく頭に入りやすいです。

つまり、よくある教科書的なつまらない内容ではなく、実用的な表現やフレーズを学ぶ事が出来る教材です。これはスピーキング力を上達させる為には非常に重要なやり方です。

ネイティブイングリッシュ



   ネイティブイングリッシュ(Native English)を使ってみた感想をレビュー





   Prime English(プライムイングリッシュ)

Prime English(プライムイングリッシュ)を第二位に選んだ理由としては、この教材には全て「スキット」が入っていて、それらを使って「ネイティブの自然な英会話が学べる」という事に着目している点です。

日本で発売されている数多くの英語教材はスキットやダイアログが全く入っていないか、入っていても数が極端に少ない事が多いです。そしてこれは英語教材としては致命的な欠陥です。

何故なら文脈なしの例文だけで英語を学んでも殆ど意味はないからです。その理由としては「これはどんなシーンで使う表現なのか?」という事がわからずに学んでしまって、実際に自分の口で使えない表現を覚えてしまいます。

その点、プライムイングリッシュはそういったことにならないようにするための工夫が教材に施されています。これは、英語教材としてとても評価すべきポイントです。また「文法ポイントやボキャブラリー」も解説されていますので、理解度も深くなるはずです。

私の周りの英語が上手な人は、皆口を揃えて「スキットで英語を勉強する事は大切」といっています。スキットで英語を勉強していけば英語ネイティブが日常的に使う表現やフレーズを自然と吸収する事が出来ます。





   Prime English(プライムイングリッシュを使ってみた感想をレビュー




   スーパーエルマー

よくあるテスト対策でTOEICのハイスコアを狙うのではなく、使える英語の知識をインプットして「英語脳」を作ることで英語力の底上げを図りTOEICスコアを上げていくというタイプの教材です。 英話を実用的な目的としてを学びたい人にはおススメできます。

また、リスニングと一緒にリーディングのスキルもレベルアップ出来る点が良い教材です。若干金額は高いものの、この教材を通して学べる英語脳の作り方、学習方法は一生使える学習スキルです。実践的な英語スキルを目指している方にはおススメです。



>>「スーパーエルマー」公式サイト<<

   スーパーエルマーの効果、感想、口コミや評判を確認してみた結果






Share this post