英会話学習方法

何故オーストラリア英語を聞き取れないのか?その理由と勉強法を紹介

オーストラリア英語のリスニング力を上達させる勉強法を紹介します!


今回の記事では久しぶりにオーストラリア英語について話してみたいと思います。

オーストラリア英語はアメリカ英語やイギリス英語ほど有名な存在ではありませんが、私の意見ではオーストラリア人が使う英語をちょっとでも勉強した方が良いと思います。

それはなぜなら、日本に来るオーストラリア人が多くいますし、オーストラリアに行く日本人も多いです。つまり、我々日本人の英語学習者はオーストラリア人と交流する機会が多いわけです。

そして、他のアジア人(中国人、韓国人、インドネシア人など)もオーストラリアを留学目的地として使っていますのでオーストラリア英語の訛り、表現を使うアジア人も多いです。

ですから、オーストラリア英語が分かったら、色々な人とスムーズにコミュニケーションを取る事が出来ると思います。

しかし、アメリカ英語を中心にして英語を勉強する日本人はいきなりオーストラリア英語が耳に入ると困る人が多いと思います。オーストラリア英語とアメリカ英語は発音が違いますし、使う表現、スラング、イディオムなども違います。多くの人は「オーストラリア英語が聞き取れない!」という文句を言います。確かに、私もオーストラリア人と話した際に困った事があります。私はオーストラリア人の知り合い(夫婦)がいます。今年の春にその夫婦が日本に来て一緒に遊びに行きました。私は久しぶりにオーストラリア人と話したから初めに会った時に「え?何と言っただろう?」と思った時が多かったです。(笑)しかし、一緒に時間を過ごして少しずつオーストラリア英語の発音に慣れてきました。

今回の記事では、オーストラリア英語の「聞き取れ力」のレベルアップさせる方法を紹介してみたいと思います。オーストラリア英語の音声は最近TOEICのリスニングテストにも出てきますのでオーストラリア人の友達がいなくても今日紹介する情報は役に立つと思います。では、始めましょう。

オーストラリア英語の「聞き取れ力」をレベルアップさせる方法の第一:オーストラリア英語の発音の特徴を理解する事


まずは、オーストラリア英語の発音の特徴を理解した方が良いと思います。みんながアメリカ英語の発音が分かりますし、イギリス英語の発音をある程度分かる人も多いと思います。オーストラリア英語の発音はまた違います。私は色々調べてから重要なポイントをまとめる事が出来ました。

オーストラリア英語の発音はイギリス英語から生まれた来たそうです。初めてオーストラリアへ移動したヨーロッパ人はイギリス人とアイルランド人でした。オーストラリア英語の発音はそれらの地方の発音から進化してきたと思います。実は、オーストラリア英語の発音とロンドンの「コックニー」の発音は似ている点が多いみたいです。例えば。。。

1. オーストラリア英語の発音は「非rの発音」です。つまり、イギリス英語と同じように単語の中、最後に出る「r」を発音しません。例えば、「car」という単語の「r」を発音しません。カタカナの「カー」みたいに発音します。逆に、アメリカ英語ではその「r」をはっきり発音します。その点でイギリス英語とオーストラリア英語の発音は我々日本人に言いやすいと思います^^

「非rの発音」は英語で「non-rhotic」といいます。ほとんどのイギリス英語の地方の訛りは「non-rhotic」ですが、スコットランド英語とアイルランド英語の発音は「rhotic」です。つまり、「r」をはっきり発音する英語の種類です。オーストラリア英語はどの地方でも「非rの発音」になります。

2. 「day」や「pay」などの単語に出る「a」の発音は「エイ」ではなく「アイ」に近いです。オーストラリア英語の有名な挨拶は「g’day mate」ですよね。アメリカ英語の発音では「グデイ・メイト」になりますが、オーストラリア英語の発音では「グダイ・マイト」に近いです。

3.「ca」は「キャ」ではなく「カ」に近いです。これはイギリス英語に似ていると思います。例えば、「can」という単語は「キャン」ではなく「カン」に近いです。「can’t」は「キャント」ではなく「カーント」に近いです。

他の微妙な母音の違いもありますが、その3つのポイントが最も大きな違いだと思います。違いが分かったら、オーストラリア英語を聞く際にもう少し聞き取れやすくなると思います。

オーストラリア英語の「聞き取れ力」をレベルアップさせる方法の第二:オーストラリア人の「単語を省略する癖」を理解するべきだ!


オーストラリア英語の最も有名な特徴は、「単語を省略する癖」だと思います。オーストラリア人はとてもカジュアルにコミュニケーションを取ります。そのため、「めんどくさくて」長い単語を短くする習慣があります。例えば、「afternoon」(午後)という単語は「arvo」になります。「mosquito」(蚊)は「mozzie」になります。「Australian」(オーストリアの)は「Aussie」になります。多くの場合、省略された単語は「~o」か「~ie」という語尾が付いています。

afternoon → arvo (午後)
mosquito → mozzie (蚊)
Australian → Aussie (オーストラリアの)
barbecue → barbie (バーベキュー)
cup of tea → cuppa (紅茶)
sunglasses → sunnies (サングラス)
biscuit → biccies (クッキー)
breakfast → brekkie (朝ごはん)

他の例はたくさんあります!そして、単語だけではなく、人の名前を省略してニックネームを作る習慣もあります。また「~o」か「~ie」という発音で終わるニックネームが多いです。

Steven → Stevo
Thomas → Thommo
Dean → Deano
など。

オーストラリア英語の「聞き取れ力」をレベルアップさせる方法の第三:オーストラリア人がする「リンキング」を理解するべきだ!


私は以前に書いた記事で「リンキング」という現象について書きました。「リンキング」とは、会話中に単語と単語をつなげて発音する事です。例えば、「this is a pen」というフレーズは「ゼィス・イズ・あ・ペン」と言う発音ではなく、「ゼィセィザペン」という発音になります。その現象は「linking」といいます。どの種類の英語でもやる事ですが、「オーストラリア英語が聞き取れない」という問題があれば、「リンキング」について読んで詳しくなった方が良いと思います。

参考:英語の「リンキング」とは何?リンキングの法則とお勧めの教材を紹介します! https://eigotextbook.com/howto_english_study/linking/

オーストラリア英語の「聞き取れ力」をレベルアップさせる方法の第四:オーストラリア英語のリスニングマラソンを行おう!


当たり前ですが、オーストラリア英語を聞き取れないなら、この問題を治す方法の第一は「リスニング練習をする」ことです。私は別の記事でオーストラリア英語の教材を紹介しましたので、オーストラリア英語の教材を手に入れて音声を何度も繰り返して聞いた方が良いと思います。

そして、教材だけではなく、オーストラリアの映画も見た方が良いと思います。オーストラリアの映画を探すのは難しいと思いますが、こちらのリンクで一覧リストを読む事が出来ます。
参考:オーストラリア英語の勉強におすすめの映画のベスト5 https://masterlanguage.net/listening/855.html

オーストラリア英語の「聞き取れ力」をレベルアップさせる方法の第五:オーストラリア人と実際に話そう!


私はオーストラリア人の知り合いがいますのでオーストラリア人といつでも話せますが、オーストラリア人の友達のいない日本人はそんなに簡単にオーストラリア人とコミュニケーションが取れません。しかし、最近、オンライン英会話スクールが流行っていますのでちょっと調べたらオーストラリア人の先生とスカイプで話す事が出来るはずです。

例えば、DMMのオンライン英会話スクールでは先生の国籍を選ぶことが出来ます。私は今ちょっとだけ見て、22人のオーストラリア人の先生を見つけました。

まとめ


オーストラリア英語が聞き取れない人が多いと思いますが、この5つのステップを使うとリスニング力をかなりレベルアップする事が出来ます。
1.オーストラリア英語の発音の特徴を理解しよう。
2.オーストラリア人がよく使う省略を覚えておきましょう。
3.「リンキング」に慣れましょう。
4.教材、映画を使ってリスニングの量を増やしましょう。
5.オーストラリア人と話してみましょう。

では、皆さん、オーストラリア英語の勉強を頑張りましょう!私もこれからも頑張りたいと思います!






管理人イチオシの英話教材・eラーニングTOP3

お勧めNO.1 ネイティブイングリッシュ


ネイティブイングリッシュ
ネイティブイングリッシュは主に”スピーキングとリスニングを上達させる”という点が学習の肝になっています。その為、学習スタイルとしては主に「音声が主体」の教材になっています。

そして、この教材の為だけに独自に開発された「2段階のスピード音声」のシステムを使って英語学習をしていきます。また、私が英語学習をする際に最も大切と考えている「英語の例文」もたっぷり収録されています。

そして、シチュエーション別の実際の会話を通して英語を学んでいくので、とにかく頭に入りやすいです。つまり、よくある教科書的なつまらない内容ではなく、実用的な表現やフレーズを学ぶ事が出来る教材になっています。

以上の理由からスピーキング力を上達させる為には非常に重要な勉強法がつまった教材になっています。個人的には学習効果が高いと感じた教材の一つです。

Native English 公式サイト

ネイティブイングリッシュを使ってみた感想をレビュー