英語メディア

お金をかけずに無料で英語を勉強する方法と本当に使えるメディア・サービスTOP5紹介!

bbc learning english(BBCラーニングイングリッシュ)

無料で英語を勉強する方法と無料で使える英語教材(メディア・サービス)TOP5



今回は「無料で英語を勉強する方法」として、お金を掛けずに「無料で使える英語教材」というテーマを紹介していきたいと思います。学生の方、留学生の方などは英語教材にお金をかける事は難しいでしょう。

私も英語学習をしていていつも思う事があるんですが、「英語教材って中々完璧な物がない!」なので、必要に応じて買い足していく必要があります。一冊の値段は安くても最終的に沢山買えば高くついてしまいますからね。


しかし本当の事を言えば、英語学習はあまりお金をかけずに勉強する事は可能だと思います。

そして、インターネット(特にネイティブ向けのメディア)を使えば無料で英語を勉強出来る素材が沢山そろっています。中にはあまり役に立たないサイトやメディアもありますが、今回は私個人的に利用してみてよかった英語学習者向のサイト、サービスを紹介していきたいと思います。


英語初心者の方の場合は、以下の紹介するサイトと市販の教材を併用しながら学習を進めていく事をおススメします。逆に中級の方は、以下に紹介するメディアをガンガンに使いこなして勉強していきましょう!





bbc learning english(BBCラーニングイングリッシュ)


bbc learning english(BBCラーニングイングリッシュ)bbc learning english(BBCラーニングイングリッシュ)

サイトURL:bbc learning english

イギリスの公共放送局であるBBCが管理運営しているサイト・サービスです。このサービスの歴史は古く70年間もの間、行われているようです。

こんなに素晴らしい全てのコンテンツが無料で利用出来るなんてイギリスの教育は素晴らしいですね^^。各コラム記事には音声ファイル、音声読み上げ機能がついています。

コンテンツの内容としては、ビジネスシーンで使える表現や日常会話で使える表現、イディオムの解説、リーディング、ボキャブラリーの紹介、イギリスに観光に行く人向けに作られた旅先で使える英語表現、シーンごとの表現など。非常に読み応えのあるコンテンツが膨大に用意されています。


トップページにあるコンテンツを紹介していくと

  • Words in the News・・・(最近のワールドニュースや話題になっているニュース記事が紹介されています。)
  • English at Work・・・(ミニストーリーがエピソードで紹介されています。例えば仕事場のシーンで使える丁寧な表現など)
  • Confusing words・・・(ボキャブラリーの紹介がされているカテゴリー。意味は似ているボキャブラリーだが違う使い方やニュアンス等を紹介)
  • Spoken English・・・(どちらかと言うと会話向けのミニストーリーが紹介されています。日常会話で使われている表現を紹介)
  • Minute English・・・(リスニング練習用のコンテンツ。スクリプトはありません。リスニングした内容を確認する為のミニテストもあります)


しかし、こちらは英語学習者向に作られたものではなくネイティブ向けに作られているコンテンツなので、本当の英語初心者には少し難しいかもしれません。




アメリカの無料英語ラジオ番組のAFN(エイエフエヌ:American Forces Network)


AFN(エイエフエヌ:American Forces Network)AFN(エイエフエヌ:American Forces Network)

サイトURL:http://www.afnpacific.net/

AFN(エイエフエヌ:American Forces Network)を利用して英語学習する方法はわりと有名だと思います。また、AFN(エイエフエヌ)を使ってリスニング学習する為の教材も数多く出版されているので、英語初心者であっても問題なく利用出来るサービスです。


一応AFN(エイエフエヌ)について説明します。AFNは世界各国ある米軍基地に駐留する基地関係者とその家族向けに放送されているラジオ局です。放送は基地内はケーブル放送になっていて、基地外にはAMの電波を使ってラジオを放送しています。


ネイティブ向け(日本に駐在中の米軍基地に暮らすアメリカ人向け)に作られたラジオ放送なので、初心者にとっては少しスピードが速いかもしれませんが、リスニング力を鍛えたい、アメリカンイングリッシュに慣れたいと思っている方にはおススメです。ニュース記事なので内容的にみると少し難しいと感じる記事もあります。


私はアメリカの音楽が好きなのでAFNをよく利用していました。私のように音楽が好きな英語学習者や、単純にアメリカの音楽が好きな方も楽しめるラジオでしょう。

また米軍基地に訪れているアメリカの芸能人、プロスポーツ選手等がゲストとして出演する番組もあります。音楽も含めてとてもエンターテイメント性があるラジオ局なので、飽きずに英語学習に取り組めるサイトですね^^。


AFN(エイエフエヌ:American Forces Network)の放送局


  • 東京都:横田基地・・・・・810kHz 50kW
  • 山口県:岩国基地・・・・・1575kHz 1kW
  • 青森県:三沢基地・・・・・1575kHz 600W
  • 長崎県:佐世保基地・・・1575kHz 250W
  • 沖縄県:嘉手納基地・・・648kHz 10kW







英語学習者向けにニュースを配信するサイト「VOICE OF AMERICA(VOA)」


VOICE OF AMERICA(VOA)VOICE OF AMERICA(VOA)

サイトURL: VOICE OF AMERICA(VOA)

VOICE OF AMERICAはラジオ局のサイトですが、英語を勉強している学習者向に無料でニュース音声を配信しています。コンテンツは毎日配信されています。

無料でニュース音声とPDFのスクリプトファイルをダウンロードできるので、リスニング力をアップさせたい学習者にはおススメできます。ここまで出来て無料とはいいサイトです^^

記事を読み上げてくれる機能の備わっていますので、英語初心者には非常に重宝します。そしてアップされている音声は英語学習者向に作られているので、ナチュラルスピードよりも遅く作られています。とても聞きやすいです。

個人的には様々なジャンルの音楽が聞ける「Entertainment」のカテゴリーが大好きです^^




各国のネイティブと相互添削で外国語学習が出来る Lang-8


Lang-8Lang-8

サイトURL: Lang-8

英語のライティングを勉強している方には御馴染みの英文添削サイトです。外国語を勉強している人同士がお互いの文章を添削しあうSNSサイトです。

私もランゲージエクスチェンジのパートナーを探す為に過去によく利用していました。お互いに無料で添削し合う事で成り立っているサイトなので、利用する際にはマナーをしっかりと守る必要があります。

例えばあなたが英語で文章を書くと、英語が母国語のネイティブがあなたの書いた文章を添削してくれます。添削を行ってくれる相手はプロではありません。

しかし、英語ネイティブの視点で、あなたが書いた英文を添削してもらえるので、無料で使えるサービスとしてはとてもコスパがよく優れたサービスだと思います。

Lang-8の良い点はレスポンスの良さでしょう。何か文章を書いたら誰かがすぐに添削してくれます。これは素晴らしいサービスです。

サイト内にはコミュニティもあるので、世界中の人々と国際交流する事が出来ます。ライティングを勉強している方、会話パートナーを探している方は、是非一度利用してみて下さい。






TED (カンファレンス)のレクチャーで英語学習


TED (カンファレンス)TED (カンファレンス)

サイトURL: TED (カンファレンス)

最近はNHKでも深夜に放送されている何かと話題になっている「TED」。このTEDのサイトを利用すれば無料で英語の勉強をする事が出来ます。

TED(Technology, Education, Design)とは、世界中の国々で行われているカンフェレンスイベントです。TEDでは様々な分野の専門家達が様々なとてもユニークな講演を行います。

TEDは世界中でとても人気があって実際に生でイベントを見にいく為のチケットは入手困難のようです。しかしTEDの動画はユーチューブにもアップされているので、いつでも観覧する事が出来ます。時々日本人のパフォーマーも出ています。

TEDの動画は内容はとても面白いものですが、難しいテーマを扱っているものも多いので、英語初心者というよりは中級者くらいがみて楽しめるような動画だと思います。



管理人イチオシの英話教材・eラーニングTOP3

お勧めNO.1 ネイティブイングリッシュ


ネイティブイングリッシュ
ネイティブイングリッシュは主に”スピーキングとリスニングを上達させる”という点が学習の肝になっています。その為、学習スタイルとしては主に「音声が主体」の教材になっています。

そして、この教材の為だけに独自に開発された「2段階のスピード音声」のシステムを使って英語学習をしていきます。また、私が英語学習をする際に最も大切と考えている「英語の例文」もたっぷり収録されています。

そして、シチュエーション別の実際の会話を通して英語を学んでいくので、とにかく頭に入りやすいです。つまり、よくある教科書的なつまらない内容ではなく、実用的な表現やフレーズを学ぶ事が出来る教材になっています。

以上の理由からスピーキング力を上達させる為には非常に重要な勉強法がつまった教材になっています。個人的には学習効果が高いと感じた教材の一つです。

Native English 公式サイト

ネイティブイングリッシュを使ってみた感想をレビュー




お勧めNO.2 プライムイングリッシュ



Prime English(プライムイングリッシュ)を第二位に選んだ理由としては、この教材には全て「スキット」が入っていて、それらを使って「ネイティブの自然な英会話が学べる」という事に着目している所が良いと感じたからです。

日本で発売されている数多くの英語教材はスキットやダイアログが全く入っていないか、入っていても数が極端に少ない事が多いです。そしてこれは英語教材としては致命的な欠陥です。

何故なら文脈なしの例文だけで英語を学んでも殆ど意味はないからです。その理由としては「これはどんなシーンで使う表現なのか?」という事がわからずに学んでしまって、実際に自分の口で使えない表現を覚えてしまいます。

その点、プライムイングリッシュはそういったことにならないようにするための工夫が教材に施されています。これは、英語教材としてとても評価すべきポイントです。

また「文法ポイントやボキャブラリー」も解説されていますので、理解度も深くなるはずです。私の周りの英語が上手な人は、皆口を揃えて「スキットで英語を勉強する事は大切」といっています。

スキットで英語を勉強していけば英語ネイティブが日常的に使う表現やフレーズを自然と吸収する事が出来ます。

Prime English 公式サイト

プライムイングリッシュを使ってみた感想をレビュー