英会話が上達する人は様々なテーマの雑学がある!雑談力(フリートーク力)がある人は英会話の上達も早くなる理由


英会話が上達する人の共通点は日本語の雑談力(フリートーク力)がある人



これは私の個人的な意見・見方だけではなく、多くの英語教育関係者の人達(主にネイティブの英語教師)が言っている事なんですが、日本語で知らない人とでもある程度の雑談が出来る人や、日本語で雑弾力がある人というのは英会話が上手になる人が多いという事です。



一般的に英語がペラペラになりたいと思っている日本人の英語学習者がネイティブと会話する際に自分の口から上手く英語が出てこない理由として、「自分の英語力が足りていないから話せないんだ!」と考えがちです。と・・偉そうな事を書いていますが、英語を本格的にやりだす前の私も当時はそう思っていましたから・・^^


また、大手英会話スクールの広告でよくみかける、「あなたの英語の発音は大丈夫ですか?」や、「英語の発音が悪いからネイティブには通じない!」、「ネイティブには通じないこんな英語など・・」。こういった誇大広告もさらに英語学習者に悪影響を与えるんだと思います。

実際には日本人の英話学習者がネイティブとの会話でつまってしまう理由、口ごもってしまう理由としては、「雑弾力のなさ」が大きな原因になっていると私は考えています。そして私の知人のネイティブ英会話講師もよく言っています。



様々なテーマの雑学がある人は英会話の上達が早い!
様々なテーマの雑学がある人は英会話の上達が早い!


おススメ記事:




日本人の英語学習者が英会話で口ごもってしまう理由・英語が口から出てこない理由



もっというと、「知らない人と会話を続けていく際の会話テーマ」。そのテーマのなさそのものに原因があるんだと思います。これはもはや英語学習以前も問題だと思いますが、やはり所詮、英会話といっても「人がコミュニケーションを取る為のツール」なわけですから、会話の内容が乏しい、会話の中身がつまらない・・・こんな感じでは他人と会話を続けていく事は難しいです。これは日本語でも同じ事ですね^^


また、会話パートナーがいくらプロの英会話の講師であっても自分が受身の状態ではNGです。英語圏のネイティブは会話でのコミュニケーションを重視します。日本人のように「言わなくてもなんとなく通じるでしょう」といったような以心伝心といったコンセプトはありません。英語圏の国は完全なるローコンテクスト文化なので、双方向のコミュニケーションを好みます。つまり会話内容が全てです。


その為、むしろ自分から積極的に会話をリードしていくくらいの気迫がなければ会話ってつづかないと思います。相手がいくら会話のプロでも、何かを質問されて「Yes!」や、「No..」だけでは会話の流れはストップしてしまいますからね。

その昔ある大手英会話スクールの英会話講師をしているアメリカ人から、日本人の生徒の印象を聞いてみたところ、こういったフリートーク(雑談)のレッスンで多くの生徒が受身に回って質問しても一言二言しか答えない事が多いと言っていました。また、自分に質問もしてこない生徒が多かったらしく、結局レッスンでは「先生だけが話し続ける」といった授業のスタイルになってしまうといっていた事を思いだします。


話を戻すと、雑談力さえあれば日常会話を行う上での簡単な単語や言い回しさえわかっていれば、かなり色々な内容の会話をする事が出来ると思います。

しかし多くの英会話学習者の方は、「自分が英語を話せないのは英語力がないからだ!」と思っている方も多いと思いますが、そんな事はないと思います。上記にも書きましたが、日本人が英語でネイティブと会話を続けていく為には、「知らない人と会話を続けていくための雑学・雑弾力」を見に付ければおのずと会話が続けられるようになると私は思っています。

参考:「ネイティブと対等に日常英会話するのであれば中学レベルの英文法力でOK

そして、これも別の問題ですが、会話の中身が全くないような人も要注意だと思います。よくある事例として、一見英語がペラペラで傍から見るとすごい会話が続いているように見える場合でも、全く内容の無い会話をしている人も多いようです。


一見、英語がペラペラに見えても、その会話の中身がなければ、「コミュニケーションをとってお互いの中を深める」という本来の目的からはズレてしまいます。


それを防ぐ為にも、会話相手には積極的に質問したり、相手に興味を持ってもらう為にとお互いの情報を出し合い、その上で本来の目的を達成させる為のコミュニケーションを取っていく必要があるのではないかと思っています。

もし会話の内容に困るのであれば、自分のマニアックな趣味の話をしてみたり、人とは違った事をしている人であればその事を話しのテーマにしてみたり、それもないような人は、様々なメディアやニュースにアンテナを立てて最新のニュースを手に入れてそれを会話のテーマにしてみるのもアリだと思います^^

これは私も心掛けている事ですが、新しい人と会話する際には常に新しい情報を仕入れるようにしています。そうする事によって会話の際にネタが切れることがなくなりますので、会話につまる事も減りますし、自分主体で会話を進める事が出来ます。

これって英会話のテクニックというよりは会話のテクニックに近い事なのかもしれませんね^^







  管理人イチオシの英話教材・eラーニング紹介  


   ネイティブイングリッシュ(Native English)

ネイティブイングリッシュは主に”スピーキングとリスニングを上達させる”という点が学習の肝になっています。その為、学習スタイルとしては主に「音声が主体」の教材になっています。

そして、この教材の為だけに独自に開発された「2段階のスピード音声」のシステムを使って英語学習をしていきます。

また、私が英語学習をする際に最も大切と考えている「英語の例文」もたっぷり収録されています。そして、シチュエーション別の実際の会話を通して英語を学んでいくので、とにかく頭に入りやすいです。

つまり、よくある教科書的なつまらない内容ではなく、実用的な表現やフレーズを学ぶ事が出来る教材です。これはスピーキング力を上達させる為には非常に重要なやり方です。

ネイティブイングリッシュ



   ネイティブイングリッシュ(Native English)を使ってみた感想をレビュー





   Prime English(プライムイングリッシュ)

Prime English(プライムイングリッシュ)を第二位に選んだ理由としては、この教材には全て「スキット」が入っていて、それらを使って「ネイティブの自然な英会話が学べる」という事に着目している点です。

日本で発売されている数多くの英語教材はスキットやダイアログが全く入っていないか、入っていても数が極端に少ない事が多いです。そしてこれは英語教材としては致命的な欠陥です。

何故なら文脈なしの例文だけで英語を学んでも殆ど意味はないからです。その理由としては「これはどんなシーンで使う表現なのか?」という事がわからずに学んでしまって、実際に自分の口で使えない表現を覚えてしまいます。

その点、プライムイングリッシュはそういったことにならないようにするための工夫が教材に施されています。これは、英語教材としてとても評価すべきポイントです。また「文法ポイントやボキャブラリー」も解説されていますので、理解度も深くなるはずです。

私の周りの英語が上手な人は、皆口を揃えて「スキットで英語を勉強する事は大切」といっています。スキットで英語を勉強していけば英語ネイティブが日常的に使う表現やフレーズを自然と吸収する事が出来ます。





   Prime English(プライムイングリッシュを使ってみた感想をレビュー




   スーパーエルマー

よくあるテスト対策でTOEICのハイスコアを狙うのではなく、使える英語の知識をインプットして「英語脳」を作ることで英語力の底上げを図りTOEICスコアを上げていくというタイプの教材です。 英話を実用的な目的としてを学びたい人にはおススメできます。

また、リスニングと一緒にリーディングのスキルもレベルアップ出来る点が良い教材です。若干金額は高いものの、この教材を通して学べる英語脳の作り方、学習方法は一生使える学習スキルです。実践的な英語スキルを目指している方にはおススメです。



>>「スーパーエルマー」公式サイト<<

   スーパーエルマーの効果、感想、口コミや評判を確認してみた結果






Share this post