コラム

TOEICのスコアアップを狙っている人は知っておくべき事実:TOEICは日本と韓国だけで認められている英語試験

TOEICでハイスコアを持っているからと言って英語が話せるわけではない

TOEICでハイスコアを持っているからと言って英語が話せるわけではない:TOEIC試験よりも英検やTOEFLやIELTSがおススメな理由



就活やビジネスパーソンのキャリアップ等、日本のビジネス社会ではとにかくTOEICが評価されています。実際に英語が話せなくてもTOEICのスコアが高ければ優遇されるというもの事実です。


誰もが社会人であれば一度はTOEIC試験。実は意外と知られていない事なのかもしれませんが、TOEICの価値が認められている国というのは主に日本と韓国だけです。残念な事を言ってしまうと世界的にみればローカルな英語試験です。


例えば、アメリカやカナダではTOEFLがメジャーな試験ですので、これらの国に留学を考えているのであれば、TOEICではなくTOEFLのスコアが必要です。同様にイギリスやオーストラリアではIELTSがメジャーな英語試験です。また他のヨーロッパの国(ドイツやフランス、イタリア等)ではCEFRがメジャーな英語試験です。


このように国が違えば求められる英語試験も異なってきます。また日本で評価されているTOEICは、スピーキングテストがないために「本当の英語力は測れない」といっている英語学習関係者も多いです。確かに私の経験から言ってみても過去に会ったTOEIC試験のハイスコア保持者でも、実際にネイティブを目の前に会話が出来るかというと・・・出来ない方が多いと思います。



TOEICでハイスコアを持っているからと言って英語が話せるわけではないTOEICでハイスコアを持っているからと言って英語が話せるわけではない

参考記事:




いくらTOEICでハイスコアを持っていても実際の英会話となると・・・



実は私が以前勤めていた外資系企業にTOEICで900点のハイスコアを持っている人がいたんです。しかし、実際にはこの人はそのスコアどうりの英語力はなかったように思います。もっといってしまうと、この人の英語は「使う為の英語」ではありませんでした。


ある時、会社に一本の電話がかかってきました。その電話は海外の支店からの国際電話だったのですが、彼はこの電話先の相手に慌てふためいて・・・結局は他の人にすぐ電話を代わってしまうといった感じです(笑)。本人も英語について得意げに語っていただけにかなり恥ずかしい思いをされたと思いますが^^


参考記事;「ネイティブと対等に日常英会話するのであれば中学レベルの英文法力でOK


彼の英語はTOEIC900点といっても名ばかりで、実際に使えるような英語の知識ではありません。つまり、「コミュニケーションのツール」として使えるような英語ではないんですね。この会社にはこういったタイプの人が意外と多かったです。確かに英語を読んだりする事はある程度得意なのかもしれませんが、スピーキングやライティング等の英語をアウトプットする能力としては非常に劣っていました。


これがTOEIC試験の弱点なんだと思いますが、明らかにTOEIC対策の為に英語の勉強を続けてしまうと、スピーキングやライティングのスキルが欠落してしまいます。

勿論、ビジネス英語的な知識はTOEICの強みでもあるのかもしれませんが、英語習得の本来の意味である、「コミュニケーションをとる為の手段」という部分が補えていません。

そう考える個人的にはTOEIC試験よりも、日本人に古くから馴染みのある英検や英語圏の国でも評価の高いTOEFLやIELTSを目指して勉強するべきなのではないかと思っています。




お勧めの英語教材・eラーニング

ENGLISH REBOOT(イングリッシュリブート)


イングリッシュリブート

English Rebootは英語をコミュニケーションのツールとして使いこなす為に英語を話す事に重点を置いた3段階の学習メソッドを用いたスピーキング教材です。この教材で提唱している勉強法に則り学習を進めれば、教材内で学ぶ文法パターンを実際の英会話で自分の言葉として使えるようになっていきます。

英語を本気で学習している方はご存じの通り、英語は聞き流しただけで話せるようになるほど簡単なものではありません。英語が話せるようになるには、必ず「アウトプット=英語を口から出す行為=スピーキング」を練習する必要があります。

アウトプットをしなければ、知識として覚えた文法・ボキャブラリーを実際に口から出して使えるようになりません。いくら、文法の知識があっても、頭の中では理屈として理解していても、実際の会話ではスピーキングの練習をしなければ一向に自分が表現したい内容、使いたいパターンが口から出るようにはなりません。

以上の理由から、英語を自分の言葉として使えるようになるためにはアウトプットの練習しかないんですね。ですから英語を話せるようになる為には暗記で知識をつめこむよりはとにかくアウトプットの練習が最重要項目になります。その為にこのENGLISH REBOOTでは「アウトプットの練習に重点を置いている事に共感してお勧め第一位に選ぶ事にしました。

そして、シチュエーション別の実際の会話を通して英語を学んでいくので、とにかく頭に入りやすいです。つまり、よくある教科書的なつまらない内容ではなく「実用的な表現やフレーズ」を学ぶ事が出来る教材になっています。

以上の理由から英語スキルの中でもスピーキング力を上達させる為に特化した英語勉強法がつまった教材になっています。個人的には最もスピーキング力向上の効果が高いと感じた教材の一つです。


ENGLISH REBOOT 公式


ENGLISH REBOOTを使った感想