英語の上達は初心者ほど時間がかかる事を理解しよう!


英語学習初心者は英語の上達レベルがわかるまでの期間、最初の壁がとにかく厚い事を理解する事が大切


英語学習を始めたばかりの初心者であれば、「一体どのくらい勉強すればを英語を習得出来るのか?」、「どのくらい時間を費やせば英語を話せるようになるのか?」等。こういった疑問を抱く方は非常に多いと思います。



私自身も英語学習を始めたばかりの頃は、そもそも・・「自分の英語レベルがどのくらいなのか?」「何が苦手でどこまで理解しているのか?」という事すら全くわかっていませんでした。つまり何にもわかっていなかったんですね・・。^^


しかし、そうとは知らず当時は闇雲に英語教材を買い集めて自分のレベルに合っていないような教材を使い勉強しては・・・挫折して、また読み返して・・・また新しい教材を買って・・・。と終わりの見えない状態で英語の勉強をしているような感じでした。


勿論、個人の英語の基礎知識の違いによって、英語習得までにかかる時間は当然のように個人差がありますので、一概に比較する事はできません。


ボキャブラリーが豊富な人や英文法の基礎知識がある方は、英語を使うコミュニケーションにさえ慣れる事が出来れば、多少の英会話くらいであれば練習次第でわりと早く出来ると思います。


英語学習初心者は上達するまでにかなりの時間がかかるワケ
英語学習初心者は上達するまでにかなりの時間がかかるワケ




英語を習得するまでの時間数は個人差がある事は事実ですが、ここにある一つのデーターがあります。

「アメリカ国務省の機関(The foreign service institute language)によると英語を母国語とするアメリカ人が日本語を習得するには、約2200時間を要する」という調査結果があります。


つまり、日本人が同じく英語を習得するにはアメリカ人が日本語を習得する場合と同じく、膨大な時間数(2200時間)を要するという事です。

ですから、英語をしっかりと使えるレベルまで習得しようと思った場合、このくらいの時間を要するという事実を理解しておく事が大切です。


日本のマスメディアや英語教育業界では、「英語は簡単な言語」といったり、「わずか30日で英語がペラペラになる方法」みたいな本を数多くリリースしているので、一部の日本人は「英語は簡単な言語」と認識している方も実際に多いように感じます。


実際に私の親も、「あんたはアメリカに住んでいたんだから英語くらいペラペラでしょう?」なんて簡単に言ってきますからね^^

これは私以外にも多くの方が言っている意見だと思いますが、「英語はそんなに簡単に習得出来る言語ではありません」。これは私が身をもって体験しました。ただ単にアメリカに住んだだけでは英語は話せるようになりません。

積極的に自分で英語を使う機会を作らない限り、アメリカに住んでいても、他の英語圏の国に留学に行っても、日本に住んでいても英語は話せるようになりません。どれだけ英語をインプットして、アウトプットしてきたのか。その時間数が英語力に反映してきます。


勿論、英語をどの程度まで使えるようになりたいのかによって、その習得までにかかる時間も変わってくると思いますが、英語の基礎を作るためにはある程度の勉強時間を要する事は間違えありません。もう一度いいますが(笑)、英語は簡単な言語ではありません^^


個人によって習得したい英語レベル、求める英語レベルは異なるでしょうから、例えば、海外旅行先で英語でコミュニケーション出来るレベルの英語を習得したいという人もいれば、ビジネスでしっかりとした英語を使えるようになりたい人、ネイティブとちょっとしたスモールトークが出来るようなレベルを求めている方等。個人によってまちまちです。

ですから、かかる時間数も当然変わってきます。




英語学習初心者は自分の成長度合いが分かりづらいので余計に英語の勉強が続かなくなる



英語、つまり言語の学習は「どれだけ学習したのかという総量」と「学習頻度」によって段階的に伸びていくものなので、とくに英語学習初心者は挫折しやすい状況に陥ります。学習した内容を記憶に定着させるには定期的に繰り返し復習する必要がありますからね。


英語学習をはじめたばかりの当初は、当然ながら記憶の定着率が非常に悪いので、1日毎に前回学習した内容を復習する必要があります。そして、前回学習した知識をどのくらい覚えているのかという確認も同時に行う必要があります。


この際、せっかくインプットした知識をすぐに思い出せなかったり、全く覚えていなかったりする事が多いので、余計勉強が進んでいないという錯覚を起こしやすい事もネガティブな気持ちになりやすい原因だと思います。


自分の成長度合いがその都度確認出来れば、そんなネガティブな気持ちになる事はないんですが・・・。
とにかく英語学習初心者にはこのようなネガティブな思考になりやすい大きな壁が立ちはだかっています。

つまり、この時期を通過した学習者だけが、次のステップに進んでいるという結果になるんだと思います。




最終的には忍耐強い学習者が英語を上達させる事が出来る



何と言っても、英語が上手な人達は共通して本当に忍耐強い人が多いと思います。そして彼らはしつこい性格です^^
人がすぐに飽きてしまうような作業を何度も繰り返して聴いたり、何度も繰り返して話したりしながら、自分の言葉として使えるようになるまでに、同じフレーズ、言い回し、文法パターンを練習していきます。


こうする事によって、常に自分の知識を復習しながら学習を行っています。人の記憶力はかなり曖昧で時間が経てばすぐに忘れてしまいます。私も今でもそうですが、新しい単語や表現を覚えても定期的に繰り返し使っていないとすぐに忘れてしまいます。

英語をマスターしている人達は、新しく覚えた単語やフレーズ、表現を忘れないようにする為に、必ず定期的に復習、練習を繰り返して知識を記憶に定着させています。


特に英語初心者の場合、最初の成長を感じるタイミングがかなり先にある為に、定期的な繰り返しの復習がとても重要になります。そして、その定期的な復習こそが次のステップに進む為の唯一の近道になります。




  管理人イチオシの英話教材・eラーニング紹介  


   ネイティブイングリッシュ(Native English)

ネイティブイングリッシュは主に”スピーキングとリスニングを上達させる”という点が学習の肝になっています。その為、学習スタイルとしては主に「音声が主体」の教材になっています。

そして、この教材の為だけに独自に開発された「2段階のスピード音声」のシステムを使って英語学習をしていきます。

また、私が英語学習をする際に最も大切と考えている「英語の例文」もたっぷり収録されています。そして、シチュエーション別の実際の会話を通して英語を学んでいくので、とにかく頭に入りやすいです。

つまり、よくある教科書的なつまらない内容ではなく、実用的な表現やフレーズを学ぶ事が出来る教材です。これはスピーキング力を上達させる為には非常に重要なやり方です。

ネイティブイングリッシュ



   ネイティブイングリッシュ(Native English)を使ってみた感想をレビュー





   Prime English(プライムイングリッシュ)

Prime English(プライムイングリッシュ)を第二位に選んだ理由としては、この教材には全て「スキット」が入っていて、それらを使って「ネイティブの自然な英会話が学べる」という事に着目している点です。

日本で発売されている数多くの英語教材はスキットやダイアログが全く入っていないか、入っていても数が極端に少ない事が多いです。そしてこれは英語教材としては致命的な欠陥です。

何故なら文脈なしの例文だけで英語を学んでも殆ど意味はないからです。その理由としては「これはどんなシーンで使う表現なのか?」という事がわからずに学んでしまって、実際に自分の口で使えない表現を覚えてしまいます。

その点、プライムイングリッシュはそういったことにならないようにするための工夫が教材に施されています。これは、英語教材としてとても評価すべきポイントです。また「文法ポイントやボキャブラリー」も解説されていますので、理解度も深くなるはずです。

私の周りの英語が上手な人は、皆口を揃えて「スキットで英語を勉強する事は大切」といっています。スキットで英語を勉強していけば英語ネイティブが日常的に使う表現やフレーズを自然と吸収する事が出来ます。





   Prime English(プライムイングリッシュを使ってみた感想をレビュー




   スーパーエルマー

よくあるテスト対策でTOEICのハイスコアを狙うのではなく、使える英語の知識をインプットして「英語脳」を作ることで英語力の底上げを図りTOEICスコアを上げていくというタイプの教材です。 英話を実用的な目的としてを学びたい人にはおススメできます。

また、リスニングと一緒にリーディングのスキルもレベルアップ出来る点が良い教材です。若干金額は高いものの、この教材を通して学べる英語脳の作り方、学習方法は一生使える学習スキルです。実践的な英語スキルを目指している方にはおススメです。



>>「スーパーエルマー」公式サイト<<

   スーパーエルマーの効果、感想、口コミや評判を確認してみた結果






Share this post