おすすめ英語教材

イギリス英語教材でお勧めの専門教材と学習に役立つメディアを紹介

イギリス英語を勉強できる教材やイギリス英語について紹介

イギリス英語を専門に勉強できるお勧めの教材とイギリス英語について



今回の記事では、日本の英語教育業界では、まだまだ取り扱いの少ない「イギリス英語教材」の情報と「イギリス英語の勉強に役立つウェブサイトの情報」を紹介していきたいと思います。また、イギリス英語とアメリカ英語の違い、イギリス英語の特徴についても合わせて紹介してみたいと思います。


実は日本の英語学習では「アメリカ英語が主流」になっています。私達の日本の学校では、今も昔も基本的に「アメリカ英語」を学びます。

ですから、ビジネス上で使う英語もアメリカ英語が一般的です。そんな事から、殆どの日本人にとって「英語はアメリカ英語」が普通と考えている人が多いと思います。そもそも、英語の種類を意識している人自体が少ないですよね。

しかし、実際に英語には様々な種類があります。世界をみても、イギリス英語やオーストラリア英語、ニュージーランド英語、カナダ英語など。同じ英語圏の国でも使っている英語に違いがあります。

また、ヨーロッパの多くの国ではイギリス英語が主流になっています。また、最近ではTOEIC試験のリスニングで、イギリス英語やオーストラリア英語が出てきています。

以上の事から、日本人の英語学習者はアメリカ英語の次にメジャーな「イギリス英語の理解を深めておく必要があると思います。

それでは、イギリス英語を勉強する際にはどんな教材を使って勉強していくべきなのでしょうか?  そして、イギリス英語とは具体的にどんな英語の特徴があるのでしょうか?





イギリス英語はどこで使われているの?


イギリス英語のスペルとボキャブラリーは勿論、イギリスで使われていますが、他にもヨーロッパ諸国の国々は主に教育制度の関係でイギリス英語を教えています。

そして、アイルランドの英語はイギリス英語に近いですし、オーストラリア、ニュージーランド、南アフリカなどの英語圏の国の英語はイギリス英語に基づいています。

元イギリスの植民地である(インド、パキスタン、シンガポールなど)が使う英語はイギリス英語がベースになっています。ですから、世界的にみてもイギリス英語はマイナーではなく、むしろとても役に立つ英語なんですね。



イギリス英語とアメリカ英語の違いはどんな所?


イギリス英語とアメリカ英語を比較した際に最も違う点としては、主に「発音、アクセント、イントネーション」等が異なります。そして、ボキャブラリーの違いも多いです。

例えば、「秋」はイギリス英語では「autumn」になりますが、アメリカ英語では「fall」になります。「茄子」はイギリス英語では「aubergine」になりますが、アメリカ英語では「zucchini」になります。

こういったボキャブラリーの違いは双方で数多くあります。そして、中でもリーディングやライティングをしていると、イギリス英語とアメリカ英語では「スペルの違い」が多い事に気が付くと思います。


例えば、「センター」という単語はイギリス英語のスペルでは「centre」になりますが、アメリカ英語では「center」になります。

「色」はイギリス英語では「colour」になりますが、アメリカ英語では「color」になります。これ以外にもスペルの違いは多いです。

イギリスでビジネスをする場合や、留学、進学しようと思っている方は「必ずイギリス英語のボキャブラリーやスペルを使う」必要があります。イギリスでアメリカ英語を使うと単純にスペルミスになります。

ですから、もしイギリスに行こうと思っている場合には、イギリス英語をしっかりと覚えた方が良いと思います。





日本ではイギリス英語は必要なの?


実は日本ではまだあまり知られていないイギリス英語ですが、実はビジネスパーソンや留学生以外の日本人にも役に立つと思います。

何故なら、最近人気のあるテレビドラマや映画はイギリスで作られてる映画やドラマ(イギリス映画、イギリスのドラマ)が多いので、そういうエンターテインメントに興味があれば、イギリス英語を覚えた方がもっと映画を楽しむ事が出来ると思います。


例えば、大人気ドラマの「シャーロック」や「ダウントン・アビー」はイギリス英語ですし、「ラブ・アクチュアリー」、「ジェイムズボンド007」、「ブリジェット・ジョーンズの日記」などの映画もイギリスの作品です。イギリス英語を覚えると自分の好きなイギリス映画やドラマを最終的には字幕なしで楽しむ事が出来るでしょう。




そして多くの音楽もイギリスのグループやアーティストに作られた作品が多いです。ビートルズやローリング・ストーンズ、デイヴィッド・ボーイは勿論イギリス人です。

そして、現在人気のワン・ダイレクション、アデル、エド・シーランなどのアーティストもイギリス人です。ですから、彼らの音楽を本当に楽しみたいなら、イギリス英語を理解しておくとさらに深く楽しめるはずです。

それでは、次はイギリス英語を勉強する為にお勧めのイギリス英語の教材と勉強法を紹介していきます。





イギリス英語の基本会話とイギリスのカルチャーを紹介している教材


今までにイギリス英語に触れた事がない方、これからイギリス英語を勉強したいと思っている方には、この「日本人が知らないイギリス英語」という電子書籍はお勧めです。この教材はとてもわかりやすい英語を使って「イギリス英語とアメリカ英語の違い(スペル、発音、ボキャブラリー)」を紹介しています。

この教材にはダイアログも多いですし、この値段で音声も付属しているので、その音声を使ってリスニングと発音の練習をする事も可能です。

また、英語以外にも「イギリスのカルチャーエッセイ」も入っていますので、読み物としても面白い教材だと思います。特にイギリス英語の初心者の方にはお勧めの教材です!




この教材の続編として、2018年の8月に「日本人が知らないイギリス英語2」も発売されました! こちらの教材も上記の教材と合わせて使うと効果的です。






イギリス英語特有のボキャブラリーを学べる教材


この教材も1で紹介した「日本人が知らないイギリス英語」と同様にデジタル教材(ebook)なので、購入後すぐにパソコンやタブレットにダウンロードして場所を選ばず利用出来ます。

この教材は日本に住んでいるネイティブのイギリス人によって作られた教材です。イギリス英語とアメリカ英語のボキャブラリーの違いをくまなく紹介しており、英語学習者にとって重要になる「数多くの例文」が収録されています。

また、それらは様々なシーン(パブ、レストラン、洋服屋、カフェなど)で実際に使えるネイティブっぽいフレーズです。この教材にもイギリスのカルチャーの説明が沢山入っています。

ですから、イギリスへ留学しようと思っている学習者や、イギリスへ旅行へ行こうと思っている方、イギリス人とコミュニケーションを取る方にはとても役に立つ教材だと思います。そして音声もたっぷり収録されています。




ブリティッシュ・イングリッシュマスターの詳細を見てみる




イギリス英語の文法を学べる教材


基礎レベルではイギリス英語とアメリカ英語の文法はあまり変わりませんが「中級レベル」になってくると「微妙な文法の違い」に気が付いてくると思います。

上記で紹介した「British English Master」という教材では、文法についても触れていますが、ゼロから文法を勉強したいという方なら、この「English Reboot」という教材はお勧めです。

この教材は中学レベルの英文法をパターンで学習する教材ですが、イギリス人の著者によって書かれていますので「アメリカ英語とイギリス英語の違い」についても同時に紹介されています。

そして、収録されている音声は全て「イギリス英語の発音」になっていますので、イギリス英語のリスニングの練習にも役立ちます!






English Reboot(イングリッシュ・リブート)の詳細を見てみる




イギリス英語のスラング・口語・悪口を学べる教材


イギリス人は日常会話で「スラング」や「口語」、「罵り言葉」を非常によく使います。

以上のことから、イギリス英語を深く理解したいという方、イギリス滞在する予定がある方、イギリス人の友達がいる方はイギリス英語特有のスラング、口語、罵り言葉を覚えた方が役に立つと思います。

この「British English “KOUGO” Master」はイギリス人の日常会話でよく使われている口語を中心に紹介しています。この教材もデジタル教材(ebook)なので、ダウンロードして場所を選ばす直ぐに使う事ができます。

音声も勿論付いていて、尚且つミニダイアログが200個収録されています。ですから、イギリス英語の単語の勉強に使うだけでなく「リスニング教材」としても使う事が出来ます。

また、教材で紹介している各単語の由来、使い方、意味が似ている他のボキャブラリーも合わせて紹介されています。そして、カルチャーの記事も含まれていますので、読み物としても面白かったです。




British English “KOUGO” Masterの詳細を見てみる




イギリス英語特有のイディオムを紹介する教材


この教材は日本ではとても珍しい「イギリス英語特有のイディオム」だけにテーマをしぼって紹介している教材です。イギリスの小説を読みたい方や、イギリスのテレビドラマや映画を観たい方にお勧めの中・上級レベルの教材です。

上記の「British English Master」と同じイギリス人のライターによって書かれた教材です。

こちらもebookなのでダウンロードした後に直ぐパソコンやタブレット・スマホで読む事が出来ます。イギリス英語特有のイディオムとアメリカ英語のイディオムを比べながら、数多くの例文を紹介しています。使い方やニュアンスを理解できるように例文の多くのパターンで紹介されています。




British English Idiom Masterの詳細を見てみる




イギリス英語のリスニングを練習できるテキスト


イギリス人の自然な日常会話に聞き慣れるためにこちらの教材をお勧めしたいと思います。こちらの教材はリアルなイギリス人のインタビューが入っています。ですから、これからイギリスに行くという予定がある方にはお勧めしたいです。

生のイギリス英語に触れる事が出来るという点では珍しいと思います。色々なテーマについて話すので、とても面白い内容になっています。

created by Rinker
¥1,980
(2020/01/19 15:32:58時点 Amazon調べ-詳細)


created by Rinker
¥1,980
(2020/01/19 15:32:58時点 Amazon調べ-詳細)





イギリス英語特有の発音を紹介する教材


殆どの教材はフレーズやダイアログを通してイギリス英語のボキャブラリーを紹介していますが、この教材は「イギリス英語の発音」を中心に紹介している珍しい教材です。

その教材は「イギリス英語でしゃべりたい! UK発音パーフェクトガイド」というテキストです。この教材は各母音と子音をクローズアップして正しい発音を紹介しています。

アメリカ英語の発音と比べながらイギリス英語の発音を紹介していますので、とてもわかりやすいいです。このテキストを使えば、自分のスピーキングだけではなく、自分のリスニング力も上がります。






イギリスのテレビドラマでイギリス英語を勉強する方法


最近多くの「ビデオサービス」が出てきています。例えば、ネットフリックスやHULUなどのサービスに登録した場合、かなり多くの映画やドラマをパソコンやスマホなどで楽しむ事が出来ます。

しかし、そういった動画サービスにある海外ドラマは殆どの場合「アメリカドラマ」が一般的です。

そこでもしイギリスのテレビドラマや映画が観たいのであれば、U-NEXTというサービスはお勧めです。特にBBC(イギリスのNHKのような局)が制作を手がけているドラマが多いので、イギリス英語の勉強にとても良いです。


U-Nextではこちらのイギリスのドラマを観る事が出来ます:

  • シャーロック
  • ダウントン・アビー
  • ドクター・フー
  • ハッピー・バレー
  • リッパー・ストリート
  • パレーズ・エンド
  • ザ・ゲーム
  • 刑事ジョン・ルーサー
  • フレミング
  • ホテル・バビロン
  • 名探偵プワロ
  • コール・ザ・ミッドワイフ


以上の作品をみる事が出来ます。私もu-nextを利用していますが、一ヶ月だけではとても見きれないくらいのボリュームがあるので、とてもお得です。

U-NEXT公式

U-NEXT


イギリス映画を観て勉強する方法


イギリス映画を観てイギリス英語を勉強したい場合、個人的にはかなりお勧めの映画があります。こちらのリンクではイギリス映画のレビューを沢山読む事が出来ます:

おすすめ記事:「イギリス映画のレビューや映画の台詞や内容も分析されています


上記に紹介したU-Nextというサービスは多くのイギリス映画を扱っていますが、他にもAmazon Prime VideoやdTV、Netflix, Huluなどのサービスもイギリスの映画を出しています。




イギリス英語を勉強する際に使えるウェブサイト


イギリス英語を勉強する際に非常に役に立つサイトがこの「britisheigo.com」というサイトです。このサイトには約400ページくらいのイギリス英語に関する専門記事がアップされています。

ブログの管理人は日本語が出来るネイティブのイギリス人というとても珍しいタイプのサイトです。日本人の英語学習者の悩みや実際に英語教師をしていた経験から、多くの読者の質問に答えているコーナーも人気のようです。

このサイトには日本語で英語の例文のニュアンスと使い方がしっかりと紹介されています。このウェブサイトにはイギリスのテレビドラマ、映画、本、勉強法も紹介されていますので、イギリス英語の学習者にとってはとても役に立つサイトです。

イギリス英語ファンの間では、とても有名なサイトのようです。質問すると丁寧に日本語で答えてくれる質問コーナーも人気コンテンツになっているようです。

ブリティッシュ英語.COM



管理人イチオシの英話教材・eラーニングTOP3

お勧めNO.1 ネイティブイングリッシュ


ネイティブイングリッシュ
ネイティブイングリッシュは主に”スピーキングとリスニングを上達させる”という点が学習の肝になっています。その為、学習スタイルとしては主に「音声が主体」の教材になっています。

そして、この教材の為だけに独自に開発された「2段階のスピード音声」のシステムを使って英語学習をしていきます。また、私が英語学習をする際に最も大切と考えている「英語の例文」もたっぷり収録されています。

そして、シチュエーション別の実際の会話を通して英語を学んでいくので、とにかく頭に入りやすいです。つまり、よくある教科書的なつまらない内容ではなく、実用的な表現やフレーズを学ぶ事が出来る教材になっています。

以上の理由からスピーキング力を上達させる為には非常に重要な勉強法がつまった教材になっています。個人的には学習効果が高いと感じた教材の一つです。

Native English 公式サイト

ネイティブイングリッシュを使ってみた感想をレビュー




お勧めNO.2 プライムイングリッシュ



Prime English(プライムイングリッシュ)を第二位に選んだ理由としては、この教材には全て「スキット」が入っていて、それらを使って「ネイティブの自然な英会話が学べる」という事に着目している所が良いと感じたからです。

日本で発売されている数多くの英語教材はスキットやダイアログが全く入っていないか、入っていても数が極端に少ない事が多いです。そしてこれは英語教材としては致命的な欠陥です。

何故なら文脈なしの例文だけで英語を学んでも殆ど意味はないからです。その理由としては「これはどんなシーンで使う表現なのか?」という事がわからずに学んでしまって、実際に自分の口で使えない表現を覚えてしまいます。

その点、プライムイングリッシュはそういったことにならないようにするための工夫が教材に施されています。これは、英語教材としてとても評価すべきポイントです。

また「文法ポイントやボキャブラリー」も解説されていますので、理解度も深くなるはずです。私の周りの英語が上手な人は、皆口を揃えて「スキットで英語を勉強する事は大切」といっています。

スキットで英語を勉強していけば英語ネイティブが日常的に使う表現やフレーズを自然と吸収する事が出来ます。

Prime English 公式サイト

プライムイングリッシュを使ってみた感想をレビュー




お勧めNO.3 スーパーエルマー



よくあるテスト対策でTOEICのハイスコアを狙うのではなく、使える英語の知識をインプットして「英語脳」を作ることで英語力の底上げを図りTOEICスコアを上げていくというタイプの教材です。

英話を実用的な目的としてを学びたい人にはおススメできます。また、リスニングと一緒にリーディングのスキルもレベルアップ出来る点が良い教材です。

教材の価格としては若干値が張るものの、この教材を通して学べる英語脳の作り方、学習方法は一生使える学習スキルだと思います。実践的な英語スキルを目指している方にはおススメです。


スーパーエルマー 公式サイト

スーパーエルマーを使ってみた感想をレビュー