英文法

英語文法の最も効率的な覚え為は「丸暗記」ではなく「実際に使える例文」で覚える事

英語文法の最も効率的な覚え為は「丸暗記」ではなく「実際に使える例文」で覚える事

英語文法を最も効率的に覚える方法は「丸暗記」ではなく「実際に使える例文」を覚える事が大切な訳



今回の記事では、日本人の英語学習者が英語を勉強する際によくつまづくポイントとしてテーマになる「英文法の勉強の仕方」、「英文法についての考え方」について色々話したいと思います。

多くの日本の英語学習者は「英文法の覚え方」について悩んでいる人も多いと思います。私も当然のことながら皆さんと同じように日本の教育制度で学校を卒業しましたので、その昔は受験の為にやみくもに文法を丸暗記した思い出があります^^;

先日、私の(日本語がぺらぺら)な外国人の友達と一緒に「外国語の勉強方法」について話す機会がありました。彼らは言語学習の際に「文法」についての話をあまりしません。

実は面白い事に「彼ら日本語を流暢に話せる外国人の多くは日本語の文法の知識や覚え方」等について悩む人はあまりいないんです。

よく外国語を勉強する際に「文法は難しいでしょう?」と思っている人は多いと思いますが、彼ら外国人からするとそういった問題はあまりないようです。

その理由としては、彼らは外国語を勉強する際に「文法を丸暗記する」という考え方は初めからないからです。勿論、彼らも文法の大切さを分かっていますし、正しい文法を使わなければしっかりとした会話が出来るようにならないという事もよく分かっています。


しかし、日本語が話せる外国人の多くは「文法を別のカテゴリー」として扱っていません。つまり、スピーキングやライティング、リーディングなど、何をやったとしても文法が重要なので文法を理解する事は当然だと思っています。

そして彼らは文法を「フレーズのパターン」や「文章のパターン」として考えていますので、文法に対して「面倒」や「難しい」と考えていません。

それでは、日本語がぺらぺらな外国人はどのようにして文法を効率的に覚えているのでしょうか? 彼らの勉強方法と考え方を知る事によって、私達の英語学習にもきっと活かせるポイントがあると思います^^

英語文法の最も効率的な覚え為は「丸暗記」ではなく「実際に使える例文」で覚える事英語文法の最も効率的な覚え為は「丸暗記」ではなく「実際に使える例文」で覚える事

こちらの記事もお勧めです:





英語文法の覚え方ステップ1: 基礎



先ずは、過去の知識を一度リセットして「ゼロから英語文法をやり直す」という考え方が良いと思います。そして、現在の英語力を中級レベル・上級レベルの英語にレベルアップさせたいと思っているなら、必ず「基礎英語文法」を理解する必要があります。

例えば、中学校レベルの文法がしっかりと理解出来ていないと、それより先に進む意味はあまりないと思います。中級・上級レベルの英語はその中学校レベルの文法に基づいていますので、完璧に理解する必要があると思います。

そして、「スピーキング・英会話が目標」という人であれば、ネイティブの話を理解するためには最低限の中学校レベルの文法を理解できないとダメです。

ですから、私がお勧めする学習方法として、英語を現在のレベルよりもレベルアップさせる為には、先ずは中学校レベルの文法を完璧に覚えるべきだと思います。

しかし、その際に「文法ドリル」などを使って勉強するよりも「ネイティブが使うような文章を通して英文法を覚える」という学習法が良いと思います。

私は個人的に文法ドリルなどのアクティビティーは大嫌いですが、以前に紹介した事がある「English Reboot(イングリッシュリブート)」という教材を使って、例文を通して中学校レベルの文法をやり直し(ブラッシュアップ)してきました。

私は英文法を練習する際にドリル、問題などをしなくても、リスニングだけで文法を再学習する事が出来ました。この教材はお勧めです!


参考記事:「イングリッシュ・リブート(English Reboot)を利用した際の感想・体験談をレビュー




英語文法の覚え方ステップ2: アウトプット



次のステップは「受動的なリスニング」だけではなく「自分のアウトプット(スピーキング、ライティング)を練習する」といった学習ステップが必要になります。

結局は文法の意味が分かっても「自分がその文法を正しく使えようになる」という事が出来ないと文法を覚える意味はありません。単なる暗記だけで覚えた知識です。

言語はコミュニケーションのツールなので、自分が言いたい・書きたい事を相手に理解させなければ英語を勉強する意味はないと思います。ですから必ず「アウトプットを練習する」という必要があります。

上記のセクションで紹介した「English Reboot」という教材を使って勉強していけば「アウトプット」は必ず練習出来るようになっています。音声とリスニングした後に「声を出して英作文しながら文章を言う」というエクササイズが含まれています。

ですから、これらを通して自分が本当に文法の使い方を理解したかどうかの確認をする事が出来ます。勿論、実際に人と英語で話す(またはメッセージを交換する)事も一番ですが、英語を話す相手がいないという方、場所や時間を選ばす一人でアウトプットの練習をしたい方にはこういった方法がお勧めです。

また、外国人の友達や知り合いがいない方は、英会話のレッスン(オンラインでも!)を受ける事でもアウトプットの練習になりますし、インターネットで「ランゲージエキスチェンジ」のパートナーを探す事で英会話を練習することも出来ます。


参考記事:




英語文法の覚え方ステップ3: インプット・アウトプットサイクル



ステップ3では、自分の文法知識をレベルアップさせるために今までに勉強した教材よりも「少し難しい教材を使ってもっとハイレベルの文法を覚える」という必要が出てきます。

しかし、今まで覚えた文法を忘れないために「インプット・アウトプットサイクル」は続けた方が良いと思います。

つまり、新しい教材を使いながら「前に勉強したテキストや前に聞いた音声を定期的に復習する」ようにする事が大切です。そうすれば、新しい知識を増やしながら「強い基礎をキープする」という事が出来ます。




お勧めの英語教材・eラーニング

ENGLISH REBOOT(イングリッシュリブート)


イングリッシュリブート

English Rebootは英語をコミュニケーションのツールとして使いこなす為に英語を話す事に重点を置いた3段階の学習メソッドを用いたスピーキング教材です。この教材で提唱している勉強法に則り学習を進めれば、教材内で学ぶ文法パターンを実際の英会話で自分の言葉として使えるようになっていきます。

英語を本気で学習している方はご存じの通り、英語は聞き流しただけで話せるようになるほど簡単なものではありません。英語が話せるようになるには、必ず「アウトプット=英語を口から出す行為=スピーキング」を練習する必要があります。

アウトプットをしなければ、知識として覚えた文法・ボキャブラリーを実際に口から出して使えるようになりません。いくら、文法の知識があっても、頭の中では理屈として理解していても、実際の会話ではスピーキングの練習をしなければ一向に自分が表現したい内容、使いたいパターンが口から出るようにはなりません。

以上の理由から、英語を自分の言葉として使えるようになるためにはアウトプットの練習しかないんですね。ですから英語を話せるようになる為には暗記で知識をつめこむよりはとにかくアウトプットの練習が最重要項目になります。その為にこのENGLISH REBOOTでは「アウトプットの練習に重点を置いている事に共感してお勧め第一位に選ぶ事にしました。

そして、シチュエーション別の実際の会話を通して英語を学んでいくので、とにかく頭に入りやすいです。つまり、よくある教科書的なつまらない内容ではなく「実用的な表現やフレーズ」を学ぶ事が出来る教材になっています。

以上の理由から英語スキルの中でもスピーキング力を上達させる為に特化した英語勉強法がつまった教材になっています。個人的には最もスピーキング力向上の効果が高いと感じた教材の一つです。


ENGLISH REBOOT 公式


ENGLISH REBOOTを使った感想