MENU

英語のアウトプットを一人で練習する方法を徹底解説

英語のアウトプットを一人で練習する方法を徹底解説します!

英語のアウトプットを一人で練習する方法とは?自分で出来るアウトプットのやり方を紹介します!



今回の記事では、久しぶりに「英語のアウトプット」というテーマについて書いてみたいと思います。私は約一年前程になりますが「英語のアウトプット力を高める勉強法とお勧めの教材を紹介」という内容を紹介した事があります。


この記事では主に「英語のアウトプット力の高め方」をメインに色々と紹介しました。今回の記事では、同じアウトプットでも「アウトプットを一人で練習する方法」そして、「そもそも英語のアウトプットは一人で出来るのか?」というテーマに深く切り込んでみたいと思います^^

その前にまずは「英語のアウトプット」という内容の意味をしっかりと理解していく事が大切なので、ここで一度おさらいしてみましょう。



こちらの記事もお勧めです:




目次

英語アウトプットとはどんな事なのか?


英語学習における「アウトプット」とは、主に「スピーキング」と「ライティング」の事をさしています。つまり、自分が学習の中で覚えた「英語の文法、単語、フレーズ」などを実際に使っていくという事です。

結局、アウトプットが出来なければ、英語を学ぶ意味はないと思います。いくら英文章が読めても、実際に自分の言いたい事が英語で言えないのであれば、「英語をマスターした」とは言えないと思います。

ですから、「アウトプット」とは「自分が言いたい事をしっかりと言える」、そして「自分が伝えたい事をしっかりと書ける」という事になります。一見すると簡単にみえると思いますが、定期的に練習をしなければ出来るようにはなりません。

それでは、英語のアウトプットを上達させる為には「どのようにアウトプットの練習をすればよいのでしょうか?」、「英語のアウトプットは一人でも練習できるのでしょうか?

私の経験から言うと、英語のアウトプットはパートナーがいなくても行う事は出来ます。それでは、以下に一人でもできるアウトプットの勉強法を紹介してみたいと思います。




アウトプットに重点を置いている英語教材を手に入れる事!


多くの日本の英語教材は主に「インプット」がメインになっているものが多いです。つまり、「英単語、フレーズ、文法」は沢山学習出来る内容のものですが、音声がついていても、いわゆる「聞き流し」がメインの内容です。

インプット(リスニング、リーディング、単語を覚える事など)という意味では問題ありませんが、アウトプットを行うような学習は殆ど出来ません。

先程も紹介したように英語を話せるようになったり、英語を書けるようになるには、そのインプットした情報を練習する必要が出てきます。インプットだけの教材は、かなり「受け身の学習スタイル」なので、自分は本当にその内容を覚えたのかどうかを確認する方法がありません。


しかし、最近になって日本でも「アウトプットが練習出来る教材」が少しづつ出てきています。例えば、私が最近紹介した「English Reboot(イングリッシュリブート)」という教材は”アウトプットをメインに練習させる”といった内容の数少ない教材です。

この教材は中学校レベルくらいの文法とフレーズでアウトプットの練習を行います。文法を紹介した後に音声を通してアウトプットを練習するステップがあります。

音声を聞いて、日本語を英語に翻訳したり、肯定文を否定文に変えたりするような「アウトプットのエクササイズ」が沢山収録されています。勿論、英語が喋れる相手とアウトプットを練習する事が理想的ですが、ネイティブの会話相手を探すことは中々難しいと思いますので、もし会話の相手がいなければ、自分の知識を確認するためにこういった教材はお勧めだと思います。


参考:「イングリッシュ・リブート(English Reboot)を利用した際の感想・体験談をレビューしてみました




英語日記を書きましょう!


アウトプットはスピーキングだけではなく「ライティング」もその一つです。ライティングこそ、一人でアウトプットの練習をする事が出来ますので、毎日短い時間でもいいので「英語日記を書く」という学習法もとてもお勧め出来ます。

紙のノートに書いても良いし、オンラインブログといった形態でも良いと思います。とにかく自分の言葉で書いてみるという事が大切なので、どのような媒体に書いても問題ありません。

日記を書く時には、勿論英語のミスや変な文章を書いてしまう可能性もあると思いますが、英語の文章の書き方を調べながらを書くと「自然に正しい表現や文法が頭に入ってくる」という良い効果もあります。

しかし、英語の先生や英語ネイティブに自分のライティングにチェックしてもらう事は重要だと思います。もし英文の添削サービスが必要であれば、以下のページには良い添削サービスの情報が紹介されていますので、参考にしてみて下さい。

参考記事:「英作文を添削してくれるお勧め英文添削サービスを紹介



SNSを英語でやってみよう!


実は皆さんが毎日のように利用していると思います「SNS」ですが、これはとても役に立つ英語の勉強ツールになると思います。ツイッター、フェイスブック、インスタグラムなどのSNSは、国際的なユーザー環境なので、英語でつぶやきを書いたりすると、英語でコメントしてくれる人が沢山いるはずです。

特に「音楽やスポーツ」などの国際的な趣味があれば、同じ趣味の人とメッセージを交換したりする事が出来ます。これは良いアウトプットの練習になります。

そして、相手の文章を読めば良い英語のインプットになります。ネイティブが使う自然な表現やスラングなんかも学べます。そういったインプット・アウトプットのサイクルはとても重要だと思います。



和英翻訳をやってみましょう!


多くの日本人は中学校や高校の頃に英語の文法ドリルのような問題をやってきた人は多いと思います。しかし、学校でやる文法ドリルのようなものは少し「受け身」な学習法です。

受験勉強の為には良い学習になるのかもしれませんが、英語の「アウトプットの練習」には殆どならないと思います。例えば、「正しい単語を選んで空欄に入れる」といったような問題は自分のアウトプット力を高める練習とは程遠いです。

アウトプット力を高める為には「自分で英語の文章を考える」という「英作文力」が必要になってきます。ですから、私が個人的にお勧めするのは「和英翻訳」を練習するようなドリルが良いと思います。


日本ではそういった内容の専門教材はあまり見かけないと思いますが、英語と日本語の例文さえ入っている英語教材であれば、それを和英翻訳に使えます。

例えば、上記で紹介した「English Reboot」には「和英翻訳に最適な例文」が沢山入っています。日本語だけ見て、英語に翻訳してみて、その後も英語の例文と自分が書いた文章を比べます。

こういった練習はアウトプットの非常に良い練習になりますので、個人的にはとてもお勧めの英語のアウトプット学習方法です。


今回は、「一人で英語のアウトプットを練習できる方法」として4つの方法を紹介してみました! 英語学習ではインプットだけではなく、アウトプットも必ず定期的に練習するようにしましょう!

アウトプットを定期的に行っていけば英会話力は自動的に伸びてくるはずだと思います!


私が効果を感じたお勧めの英語アウトプット教材 ↓ ↓

English Reboot 公式サイト


英語のアウトプットを一人で練習する方法を徹底解説します!

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアお願いします。
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次