リスニング

ラジオを使ったイギリス英語のリスニング勉強法

ラジオを使ったイギリス英語のリスニング勉強法

イギリス英語のリスニング力をアップ! ラジオを使った勉強法



最近、私の周りの英語学習者の中には「イギリス英語を勉強したい」という人が増えてきています。そこで、今回の記事では「ラジオを使ったイギリス英語のリスニング勉強法」を紹介したいと思います。


イギリスにも日本と同様に沢山のラジオ局がありますが、そんな数多いラジオ局の中でも最も有名な放送局はイギリスのBBCラジオです。「BBC」は「British Broadcasting Corporation」の頭文字略で、1920年代から現在まで、ずっとラジオ放送を行っています。

現在、BBCのラジオ局には5つの大きな局があります。そして、イギリスの地方にも各ローカルBBCラジオ局があります。また、それ以外にもデジタルラジオ局もあります。

BBCのウェブサイトには、英語のリスニング教材として活用出来るポッドキャストの情報が公開されています。

ですから、こういった沢山のイギリス英語の音声を無料で利用出来るBBCラジオは本当に優れているんですね。下手な英語教材を買うよりもずっとクオリティーが高く、素材の質も高いです。



<イギリス英語の勉強法に関する参考記事>



ラジオを使ってイギリス英語を聞き流すメリットとは?


私の意見では、リスニング学習をする事は英語を勉強する際に色々な効果をもたらすと思います。例えば、私が個人的に感じるリスニング学習の効果として、最も大きな効果は「ネイティブの速い英語でも聞き取れるようになる」という点です。

そして、リスニングを繰り返し行っていけば、ネイティブが使うイントネーション、発音、リズムが次第に聞き慣れてくるという効果もあります。

他にも、リスニング学習をする事によって、新しいボキャブラリーを覚える効果もあります。リスニング学習では、同じダイアログを何度も繰り返して聞く事になるので、自然と新しいボキャブラリーが耳に入ります。

私はリスニングをする際に、もし新しいボキャブラリーが出てきたら、その都度、辞書で調べてその単語の意味を覚えるというような聞き方をしています。


ラジオを使ったイギリス英語のリスニング勉強法

個人的に思うことは、同じ音声を繰り返し聞く事が最も効果的な学習方法ですが、単純に「ラジオをの音声を聞き流す」という勉強法にも効果があると思います。

実際のネイティブとの会話では、同じ話を何度も繰り返して聞く事は出来ません。ですから、ラジオの聞き流しは教材の音声よりも「リアルなリスニング経験」になると思います。

そして、ラジオの音声は、教材の音声や映画、テレビドラマと違い、殆どの場合自然に話しています。つまり、セリフを読んでいるわけではなく「アドリブ」で話しています。

ナレーターは色々なスピードで英語を話していますし、自然な表現や間違えも出てきますので、実際のネイティブの会話を聞いている事とあまり変わらない状況になります。

もちろん、ラジオを聴く事は一番「難しい」リス二ングの練習になりますが、最もネイティブのナチュラルな英語に近いので「中級レベルの学習者から上級レベルの学習者」にもラジオの聞き流しはお勧めです。


特に今回のテーマである「イギリス英語を勉強している人」はイギリスのラジオを聞いてイギリス英語の発音とイギリス人が使うボキャブラリーとフレーズを勉強できます。

また、イギリスのラジオに出る人は殆どの場合、イギリス人なので、イギリス英語の発音やボキャブラリー等をリスニングを通して勉強する事が出来きます。

そして、何といっても、ラジオの音源を英語教材として使う最も大きなメリットは「無料の勉強法・教材」という点です!

BBCのウェブサイトを見れば分かりますが、これだけ数多くの無料で使える資料がありますので、イギリス英語学習者にとっても重要な資料になるはずです。



BBCラジオを使ってイギリス英語を勉強する方法


私は一般的に英語を勉強する際に「同じ音声をしつこく繰り返し聞く」というアドバイスをしていますが、ラジオの場合は単純に聞き流してもいいと思います。そうやって聞き流しする事によって、現在の自分の英語レベルを確認する事も出来ます。

ラジオは主に英語ネイティブ向けのものなので、ネイティブレベルのスピード、ボキャブラリー、表現、文法などが出てきます。ですから、正直にいうと、かなり高いレベルの英語学習者でないとネイティブ向けのラジオはとても聞き取りづらいと思います。

しかし、ラジオを聞き流していれば、次第に英語ネイティブが話すスピード、発音、ボキャブラリーなどに慣れますので、そういった意味では、ラジオを使った勉強法には価値があると思います。



お勧めのイギリス英語のラジオ局と聞き方


勿論、イギリスに滞在している方は、単純にラジオを買って現地の好きなラジオ局を聴けます。しかし、日本に住んでいるイギリス英語の学習者はそんなに簡単にBBCラジオは聴けません。

しかし、私はイギリス人の友人から日本にいながら、BBCラジオを聞く方法を教えてもらいました。BBCラジオの聞き方として、まずは「BBC Sounds」というページに行きます。

そのページでは今現在、生放送している局を聴けます。そして、人気のあるポッドキャストをダウンロードできます。


ラジオを使ったイギリス英語のリスニング勉強法

BBCラジオ局によって違うコンテンツにアクセスできます。例えば:

  • Radio1 : 現代ポップ音楽、軽いニュース、セレブインタビューなど
  • Radio2 : 古いポップ音楽、ニュース、ディスカッション
  • Radio3 : クラシック音楽、オペラ、ジャズ音楽、ニュース、ディスカッション
  • Radio4 : ラジオドラマ、ラジオクイズ番組、ニュース、ディスカッション
  • Radio5 : ニュース、スポーツ、インタビュー


Radio1という局は、最も若者向けのものだと思います。この局を夜に聞くとクラブ系の音楽ばかりが放送されます(笑)。

Radio4とRadio5は、音楽ではなく話、ディスカッション、ニュースがメインなので、この局は最も英語学習者に役に立つと思います。

BBCは無料ポッドキャストも出しています。そして、日本からでもダウンロードして聞く事が出来ます。ちなみにデータは、こちらのページにあります。

このポッドキャストのページは、とても優れていると思います。好きなテーマ(”category”)でポッドキャストを調べられますし、現在最も人気のポッドキャストリストからも選ぶ事が出来ます。

私はスポーツが好きなので、イギリスのサッカープレミアリーグに関するポッドキャストをよくダウンロードして聞いています。ニュース関係のボキャブラリーを勉強したい方は、ニュースのポッドキャストをダウンロードして勉強してもいいですよね^^。



ラジオを使ったイギリス英語のリスニング学習のまとめ


まとめると、イギリス英語のリスニングの練習をする為には無料で使えるBBCラジオを活用する事をお勧めします。そして、出来れば、ポッドキャストをダウンロードして繰り返して聴く学習法がお勧めです。

BBCラジオには、数多くのラジオ局がありますし、色々なテーマのポッドキャストを無料で聴けますので、自分の好きなテーマや、ブラッシュアップしたいボキャブラリーを考えてから、目的に合った局を選んだ方が良いと思います。


<管理人お勧めのイギリス英語教材>



ブリティッシュ・イングリッシュマスターの詳細を見てみる

お勧めの英語教材・eラーニング

ENGLISH REBOOT(イングリッシュリブート)


イングリッシュリブート

English Rebootは英語をコミュニケーションのツールとして使いこなす為に英語を話す事に重点を置いた3段階の学習メソッドを用いたスピーキング教材です。この教材で提唱している勉強法に則り学習を進めれば、教材内で学ぶ文法パターンを実際の英会話で自分の言葉として使えるようになっていきます。

英語を本気で学習している方はご存じの通り、英語は聞き流しただけで話せるようになるほど簡単なものではありません。英語が話せるようになるには、必ず「アウトプット=英語を口から出す行為=スピーキング」を練習する必要があります。

アウトプットをしなければ、知識として覚えた文法・ボキャブラリーを実際に口から出して使えるようになりません。いくら、文法の知識があっても、頭の中では理屈として理解していても、実際の会話ではスピーキングの練習をしなければ一向に自分が表現したい内容、使いたいパターンが口から出るようにはなりません。

以上の理由から、英語を自分の言葉として使えるようになるためにはアウトプットの練習しかないんですね。ですから英語を話せるようになる為には暗記で知識をつめこむよりはとにかくアウトプットの練習が最重要項目になります。その為にこのENGLISH REBOOTでは「アウトプットの練習に重点を置いている事に共感してお勧め第一位に選ぶ事にしました。

そして、シチュエーション別の実際の会話を通して英語を学んでいくので、とにかく頭に入りやすいです。つまり、よくある教科書的なつまらない内容ではなく「実用的な表現やフレーズ」を学ぶ事が出来る教材になっています。

以上の理由から英語スキルの中でもスピーキング力を上達させる為に特化した英語勉強法がつまった教材になっています。個人的には最もスピーキング力向上の効果が高いと感じた教材の一つです。


ENGLISH REBOOT 公式


ENGLISH REBOOTを使った感想