社会人になってビジネス英語を勉強し始める人が知るべき重要なポイント


新社会人は是非知っておくべき! 最も効率的なビジネス英語の勉強法を紹介



今回の記事では、このサイトでは久しぶりになります「ビジネス英語の勉強法」に関するテーマを書いてみたいと思います。

今はちょうど新入社員のシーズンなので、多くの「親米の社会人達」はビジネス英語の必要性について悩んでいる方も多いと思います。

また、実際に会社に入ってみるとわかりますが、日本人のビジネスパーソンの多くの人が「ビジネス英語の勉強法について悩んでいる」という状況なのではないかと思います。

社会人になって英語を勉強する理由としては、会社で昇進する為にTOEICのスコアが必要な人も多いでしょうし、実際に業務で英語を使う人もいると思います。

そこで、今回の記事では、私が今まで集めたビジネス英語の勉強法の知識を順番にシェアしたいと思います。

その前に、まずは「ビジネス英語とはどんな英語なのか?」という事を先に考えると勉強もスムーズになると思います^^


社会人になってビジネス英語を勉強し始める人への重要なアドバイス
社会人になってビジネス英語を勉強し始める人への重要なアドバイス


こちらの記事もお勧めです:




ビジネス英語とはどういう英語?



一般に「ビジネス英語」と言われている英語のジャンルは何処か堅そうで難しそうなタイトルですが、結局は「仕事で使う英語」として考えた方が良いと思います。

例えば、「顧客や同僚へ書くメール・手紙」、「ビジネスシーンの会話で使う英語」、「名刺を渡す際に使う表現」、「会議で意見を言う際に使うフレーズ」などをまとめてビジネス英語といっていいと思います。

日本語と違って、英語圏の人は「敬語」を使いません。勿論、丁寧な英語の表現はありますが、日本語のように動詞自体を変える必要はありません。

実はビジネス英語は「中学校レベルの英語文法」と「自分のビジネス業界の専門用語」、「ビジネスで使う形式的なフレーズ」さえ知っていれば、殆どのビジネスシーンでコミュニケーションを取る事は可能だと思います。




社会人はどこからビジネス英語を勉強し始めればよい?



まず、「久しぶりに英語を勉強し始めよう」としている人の場合、先ずは「中学校レベルの文法とボキャブラリー」をもう一度ブラッシュアップした方が良いと思います。

結局は中学校で勉強したレベルの英語は「ビジネス英語の基礎」になりますので、そういったベーシックな文法が理解出来ていないとビジネス英語を勉強するというレベルにまではいけません。

私は以前にアップした記事で、基礎英語の勉強をやり直す方法について書きました。

参考:「イングリッシュ・リブート(English Reboot)を利用した際の感想・体験談をレビュー

参考:30歳から始める英語「30代から英語の勉強習慣を身につける5つの方法」を紹介


次に勉強すべき事は「自分のビジネス業界の英語の専門用語」の知識になります。例えば、自分が貿易会社で働いているなら、「貿易に関する英単語」を先に覚えた方が良いと思います。

もし、不動産業界で働いているなら「不動産に関する英語の専門用語」を覚えた方が良いと思います。最もお勧めなのが、自分が働いている業界で使われそうな英単語を調べて自分用の「ビジネス英語辞書」を作る事です。また、業界によってはもう既にビジネス英語専門の教材があります。









最後は、「自分の仕事ではどういったシーンで英語を使いそうなのか?」という事を考える必要があります。

例えば、将来的に「海外出張に行く可能性はありますか?」、または「英語でメールのやり取りがありそうですか?」、「英語で電話をする必要がありますか?」。

以上のようにどういうシーンでビジネス英語を使うのかを明確にする必要があります。その後に、ようやく自分が知りたいビジネス英語を調べるというステップになると思います。

また、ビジネス英語の教材に関しては沢山の良い教材がありますが、堅いビジネスの内容のものから、フレーズ集、単語帳など、色々な種類がありますので、自分の目的に合わせて教材を選ぶという事が大切になってくると思います。








ビジネスカルチャーも学ぶ必要がありますか?



ビジネス英語を勉強する上で「ビジネスカルチャーを学ぶ」という必要はあると思います! 実は国際ビジネスでは「言葉よりもビジネスカルチャーを学ぶ方が重要」になってくると思います。

何故なら「各国のビジネスカルチャーやビジネスマナー」はかなり違いますので、必ず自分の会社が取引先になる国のビジネスマナーは覚えておいた方がビジネスが円滑に進むと思います。

例えば、日本のビジネスでは取引先からもらった名刺をとても大切に扱い、ビジネス上の重要なツールになると思います、しかし、英語圏のビジネスパーソンはそれほど名刺を大切に思っていません。

あくまで形式的なものです。場合によって人の名刺にメモを書いたりする場合があります! そういった文化の違いを知らないと初めて外国人とビジネスをする際にびっくりする可能性がありまね!

ですから、ビジネス英語の表現や知識だけではなく、それぞれの国のビジネスマナーを知っておく必要があると思います。


>>ビジネスマナーを勉強出来るお勧めのビジネス英語教材:「ビジネスイングリッシュマスター」


以上、今回は社会人になってからビジネス英語を勉強し始める人への知っておくべき重要なポイントを紹介してみました。



  管理人イチオシの英話教材・eラーニング紹介  


   ネイティブイングリッシュ(Native English)

ネイティブイングリッシュは主に”スピーキングとリスニングを上達させる”という点が学習の肝になっています。その為、学習スタイルとしては主に「音声が主体」の教材になっています。

そして、この教材の為だけに独自に開発された「2段階のスピード音声」のシステムを使って英語学習をしていきます。

また、私が英語学習をする際に最も大切と考えている「英語の例文」もたっぷり収録されています。そして、シチュエーション別の実際の会話を通して英語を学んでいくので、とにかく頭に入りやすいです。

つまり、よくある教科書的なつまらない内容ではなく、実用的な表現やフレーズを学ぶ事が出来る教材です。これはスピーキング力を上達させる為には非常に重要なやり方です。

ネイティブイングリッシュ



   ネイティブイングリッシュ(Native English)を使ってみた感想をレビュー





   Prime English(プライムイングリッシュ)

Prime English(プライムイングリッシュ)を第二位に選んだ理由としては、この教材には全て「スキット」が入っていて、それらを使って「ネイティブの自然な英会話が学べる」という事に着目している点です。

日本で発売されている数多くの英語教材はスキットやダイアログが全く入っていないか、入っていても数が極端に少ない事が多いです。そしてこれは英語教材としては致命的な欠陥です。

何故なら文脈なしの例文だけで英語を学んでも殆ど意味はないからです。その理由としては「これはどんなシーンで使う表現なのか?」という事がわからずに学んでしまって、実際に自分の口で使えない表現を覚えてしまいます。

その点、プライムイングリッシュはそういったことにならないようにするための工夫が教材に施されています。これは、英語教材としてとても評価すべきポイントです。また「文法ポイントやボキャブラリー」も解説されていますので、理解度も深くなるはずです。

私の周りの英語が上手な人は、皆口を揃えて「スキットで英語を勉強する事は大切」といっています。スキットで英語を勉強していけば英語ネイティブが日常的に使う表現やフレーズを自然と吸収する事が出来ます。





   Prime English(プライムイングリッシュを使ってみた感想をレビュー




   スーパーエルマー

よくあるテスト対策でTOEICのハイスコアを狙うのではなく、使える英語の知識をインプットして「英語脳」を作ることで英語力の底上げを図りTOEICスコアを上げていくというタイプの教材です。 英話を実用的な目的としてを学びたい人にはおススメできます。

また、リスニングと一緒にリーディングのスキルもレベルアップ出来る点が良い教材です。若干金額は高いものの、この教材を通して学べる英語脳の作り方、学習方法は一生使える学習スキルです。実践的な英語スキルを目指している方にはおススメです。



>>「スーパーエルマー」公式サイト<<

   スーパーエルマーの効果、感想、口コミや評判を確認してみた結果






Share this post