リピーティングは効果がある?リピーティングのやり方とコツやお勧め教材を紹介


英語勉強法としてリピーティングは効果的?リピーティングとシャドーイングの違いどんな点ですか?



今回の記事では、「リピーティング」という英語学習テクニックのやり方とコツ、効果的な勉強法を紹介してみたいと思います。

皆さんは「リピーティング」という学習法をご存知でしょうか? 「リピーティング」という言葉は、英語の「repeating」という単語から来ています。日本語にすると「繰り返す事」という意味になります。

「リピーティング」を使った学習法テクニックは、以前に紹介した「シャドーイング」と少し似ている為に、「シャドーイングとはどのように違うの?」と疑問を持っている方も多いようです。

リピーティングとシャドーイングには大きな違いがあります。まず「シャドーイング」の場合は、音声を止めずに出来るだけナレーターの台詞に合せて同時に英語を話す(追いかける)事が前提の学習法です。

しかし、リピーティングの場合は音声を聞いて一度止め、その後に聞いた英語を自分でそのまま繰り返すという方法になります。ですから、実際にやってみるとわかると思いますが、シャドーイングと比べるとリピーティングの方が少し簡単だと私は感じています。

シャドーイングをやる場合には、「英語を早口で話す」という必要があり、音声に合せて一緒のスピードで言わなければならず、最初のうちは音声に追いつかない事が多いと思いますので、難しく感じる学習者も多いです。

シャドーイングの後にリピーティングをしてみると、自分の好きな速度で話せますので、その点では少し楽に感じるのではないかと思います。

それでは、リピーティングのやり方とコツを紹介したいと思います。


リピーティングは効果がある?リピーティングのやり方とコツやお勧め教材を紹介
リピーティングは効果がある?リピーティングのやり方とコツやお勧め教材を紹介


こちらの記事もお勧めです:




ステップ1: 自分の英語レベルに合わせた教材を選ぶ



これは当たり前だと思いますが、実は英語教材を選ぶ際に意外と理解されていないとても重要なポイントです。

まず、自分の英語レベルに合った教材・音声にしなければ、リピーティングには学習効果がなくなり意味がないと思います。そして、音声の英語が簡単すぎると自分の英語レベルは上達しません。

逆に難しすぎてしまうと繰り返している文章の意味が分からないかもしれません。そして、音声の英語レベルが難しければ中々文章を覚えられないので、そのうちに学習モチベーションが下がります。

つまり、自分の英語レベルに合ったリピーティング用の音声を選ぶ事は、この学習法で効果を出す為にはとても重要な事です。




ステップ2: 音声の全体を聞いてみよう



リピーティングを始める前に、まずは音声の全体を一度聞いた方が良いと思います。音声を聞いて、ナレーターの話し方、アクセント、話すスピードなどに慣れる事が大切です。

音声を聞きながら、スクリプトや原稿を同時に読んで、音声の内容・意味を確認してみましょう。




ステップ3: 実際にリピーティングをしてみよう



音声の内容をある程度理解出来たら、実際にリピーティングをスタートしましょう。まず、一つ目の文章を聞いてから一度止めます。そして原稿を読まずに、その聞いた音声の英語の文章を繰り返し言ってみましょう。

1回目にやってみて難しいと思った場合は、2回繰り返して音声を聞いてみましょう。自分が言った文章と元の原稿と比べて、自分がどのくらい覚えられたのかどうかを確認してみましょう。



リピーティングが良い点


  1. 英語ネイティブのナレーターの声を真似する練習を繰り返せば、英語発音、リズム、イントネーションなどが自然と上達します。
  2. 同時にリスニング力も上達します。リピーティングがしっかりと出来るようになる為には、音声に出てき文章の全体を聞き取る事が必要です。リピーティングを繰り返し練習すれば、自分の「聞き取り力」は上がります。
  3. 英語ネイティブが使う「省略」、「単語の繋げ方」に自然と慣れてきます。英語ネイティブは自然なスピードで話すと、効率的に話す為に単語と単語を繋げたり、単語を省略する癖があります。
    これは日本人の英語学習者にとってリスニングが難しく感じる1つの原因です。しかし、リピーティングを練習するればネイティブの話し方に慣れてきます。
  4. 先生が必要ない!リピーティングはとても簡単で、誰でも出来る英語学習法です。原稿と音声さえあれば、自分の自由時間に実践出来ます。




お勧めのリピーティング教材



実はリピーティングは音声と原稿さえあれば、どの教材を使っても練習出来ます。例えば、当サイトのお勧めの教材(ネイティブイングリッシュやプライムイングリッシュ)を使ってもリピーティングの練習は出来ます。

他にも、リピーティング専用の教材があります。ので、使えそうなお勧めの教材を紹介してみたいと思います。


1. はじめての英語リピーティング 入門準備編—1日20分・4週間の練習で「聞ける・話せる」英語力が見につく





2. 英語リピーティング 表現練習編―場面に応じた実践的スピーキング力をつける!自然な英語を話すための効果的メソッド





リピーティング学習法に関するまとめ



リピーティングはとても簡単な英語学習法ですが、定期的に練習を行えば、リスニング力と英語の発音はかなり上達します。

私が以前、定期的にリピーティングをしていた頃、英語ネイティブの友達に「発音が上手になったね!」と言われました(笑)。是非、皆さんもリピーティングをやってみてくださいね!





  管理人イチオシの英話教材・eラーニング紹介  


   ネイティブイングリッシュ(Native English)

ネイティブイングリッシュは主に”スピーキングとリスニングを上達させる”という点が学習の肝になっています。その為、学習スタイルとしては主に「音声が主体」の教材になっています。

そして、この教材の為だけに独自に開発された「2段階のスピード音声」のシステムを使って英語学習をしていきます。

また、私が英語学習をする際に最も大切と考えている「英語の例文」もたっぷり収録されています。そして、シチュエーション別の実際の会話を通して英語を学んでいくので、とにかく頭に入りやすいです。

つまり、よくある教科書的なつまらない内容ではなく、実用的な表現やフレーズを学ぶ事が出来る教材です。これはスピーキング力を上達させる為には非常に重要なやり方です。

ネイティブイングリッシュ



   ネイティブイングリッシュ(Native English)を使ってみた感想をレビュー





   Prime English(プライムイングリッシュ)

Prime English(プライムイングリッシュ)を第二位に選んだ理由としては、この教材には全て「スキット」が入っていて、それらを使って「ネイティブの自然な英会話が学べる」という事に着目している点です。

日本で発売されている数多くの英語教材はスキットやダイアログが全く入っていないか、入っていても数が極端に少ない事が多いです。そしてこれは英語教材としては致命的な欠陥です。

何故なら文脈なしの例文だけで英語を学んでも殆ど意味はないからです。その理由としては「これはどんなシーンで使う表現なのか?」という事がわからずに学んでしまって、実際に自分の口で使えない表現を覚えてしまいます。

その点、プライムイングリッシュはそういったことにならないようにするための工夫が教材に施されています。これは、英語教材としてとても評価すべきポイントです。また「文法ポイントやボキャブラリー」も解説されていますので、理解度も深くなるはずです。

私の周りの英語が上手な人は、皆口を揃えて「スキットで英語を勉強する事は大切」といっています。スキットで英語を勉強していけば英語ネイティブが日常的に使う表現やフレーズを自然と吸収する事が出来ます。





   Prime English(プライムイングリッシュを使ってみた感想をレビュー




   スーパーエルマー

よくあるテスト対策でTOEICのハイスコアを狙うのではなく、使える英語の知識をインプットして「英語脳」を作ることで英語力の底上げを図りTOEICスコアを上げていくというタイプの教材です。 英話を実用的な目的としてを学びたい人にはおススメできます。

また、リスニングと一緒にリーディングのスキルもレベルアップ出来る点が良い教材です。若干金額は高いものの、この教材を通して学べる英語脳の作り方、学習方法は一生使える学習スキルです。実践的な英語スキルを目指している方にはおススメです。



>>「スーパーエルマー」公式サイト<<

   スーパーエルマーの効果、感想、口コミや評判を確認してみた結果






Share this post